FC2ブログ

2018年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年08月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

7月31日の「ひと言」



長期投資を勧めるアドバイザーとして、
もっとも重要なこと。

それは、自分自身が
長く事業を存続させることです・・。


baby-surprised-340x231_201610081225060cc.jpg




関連記事

| 今日のひと言 | 12:22 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

お金のあり様って、真ん中(第三の道)が欠けている?


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

まずは「おうちスキー」さんの
こちらのツイートをご覧ください。


おうちスキーさん

んー、
おうちスキーさんのお気持ち、
よーく分かります。

いっぽうで、
『知人の人』の気持ちも
分からないではありません。


〇 つみたてNISA、
〇 投資信託、
〇 非課税制度と言われても、


これまで蓄積された情報量が
あまりに少ないため、

「知らないこと」
⇒ とにかく避けておう!
条件反射されているだけかもしれません。


ふつうの生活者の
お金に対する【基本姿勢】って、

まるで「やじろうべえ」のように
両極端で、


やじろべえ


一方で、・・貯金!

もう一方では、
・・ギャンブルの如く短期投資!
になってしまっています。

そうです、
・・真ん中がないのです。

(正確には「真ん中」の存在が、
きちんと伝わっていない・・(-_-;))


★ おそらく、
わたしの生涯の仕事は、

「お金のあり様って、
第三の道』があるんですよ!」
とお伝えし続けることなのでしょう。


『第三の道』とは、
過剰なリスクを負う
短期的な投資ではなく、

貯金の要素も取り入れた、
『ゆるやかな投資』のこと。
(コツコツ積み上げ型ですね・・)

これはまさしく
つみたて】というお金の入れ方で、

実に多くの人が
「貯金」ではやっているわけです。


ところが、
この【つみたて】という行為が、
なかなか「リスク資産」と
結び付いていかない・・。

(わたしは金・貴金属への投資は
お勧めしませんが、
このCMは参考になると思います)





いっぽう、
過剰なリスクを負う短期投資
という「思い込み」が強くて、

過剰ではない、
かつ、
短期の投資でもない「存在」、

すなわち、
投資信託】というツールも
なかなかピンと来ていない・・。


あっ、
今、すでに「答え」を
言ってしまいましたね。

貯金と、
過剰なリスクを負う短期投資の
ちょうど「中間」、

つまり、
お金の『第三の道』って、
「投資信託」×「つみたて」なのです。


(弊所では特に、
「インデックスファンド」×「つみたて」
をお勧めしています)


実はこの、
【真ん中のフィールド】こそ、

ふつうの生活者にもっともフィットする、
もっとも妥当な投資のやり方なのです。

そして、
これからもっとも伸びるのも、
この「真ん中」のお金の置き方であるはず。

無理しない。
ほどほどに。
コツコツ続ける。

このような【ゆるやかな投資】を、
今後もお伝えしてまいります(^^)

あ




関連記事

| 投資の発想法 | 19:19 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

MMさんの記事から、インデックス投資の真の効用について考える


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

多くの人は、
投資のことを
大仕事』と勘違いしています。

この「先入観」が強いため、

「あのー、
投資信託で積み立てするだけなんですよ。」


とお話しすると、

(イメージと実態のギャップに)
あっと驚いてしまうわけです。


特に「インデックス投資」など、
人のリスクを排除し、
【市場のリスク】だけを背中に負うので、

「あとは市場(マーケット)次第・・。
結局、やることないよね = ヒマ
という状態になります(^^;)


先日、MMさんの記事、

インデックス投資をしていると
「人的資本の向上」を考えるようになる

を拝見して、

インデックス投資家の
こころの変遷」を
率直に語っておられるなあと感じました。


一般に、
インデックス投資は
「シンプル」(がゆえに)
「ヒマ」になるので、

〇 投資に対する過大な期待が修正され、
また、
〇 投資に費やす時間、エネルギーが削減されます。



006.png


ただし、MMさんの場合、

投資・経済の勉強がしたい
という動機付けがあって
インデックス投資を始められたので、

「シンプル」「ヒマ」な状態に、
物足りなさを感じるようになりました。

そこからMMさんは、
インデックス投資
⇒「プラスアルファの投資」を
模索し始めます。


以下、引用)

投資について知識をつけていく内に、
コア・サテライト戦略、バリュー投資、グロース投資、
配当金投資戦略等について学び実践してきました。


引用、終わり)

インデックス投資 =「退屈」であるがゆえに、
高いリターンを上げる方法を考える
時間的余裕」が生まれた、
ということなのです。


個別相談の中では、

上記のような
こころの流れ】を辿ってきた
インデックス投資家(お客様)が、
けっこうおられます。

どんどん「新たな投資法」を模索していくと、
それこそ、
投資信託、ETF、個別株の保有本数が
計20本になったりするのですが、

MMさんのスゴイところは、
(実は)ここからなのです。


computer_couple.png


上の記事をお読みいただくと
分かりますが、

MMさんは
投資の充実(プラスアルファ)を
探し求めた結果、

自力投資キャリアの充実)を図ることが、
インデックス投資で生まれた「時間」を
もっとも有効に使い、

かつ(結局は)
もっとも高いリターンが期待できるという
結論に至ったのです。



たとえば、
『配当金投資戦略』のところで、
MMさんは次のように言われます。

以下、引用)

配当金で税引き前
月3万円(年36万円)を得ようとすると、

配当利回り3%前提の場合でも
元本は1,200万円が必要となります。

1,200万円を貯めるには
年間100万円貯金しても12年、
200万円の貯金でも6年掛かります。


一方で、転職で
年間36万円の年収アップをする場合も
同じインカム増となりますが、

1,200万円を貯めるのと、
転職で36万円年収を上げるのでは、

おそらく後者の方が
短期間かつ現実的であると
考えるようになってきました。


引用、終わり)

とても合理的な【考え方】だと思いませんか?


illust4210.png


長く『個別相談サービス』をやっておりますと、

ひとりの投資家(お客様)が、
5年、10年という歳月の中で、
どのように変遷されてきたかを
見聞きする機会があります。



「インデックス投資の行き着くところは?」


と聞かれれば、

わたしは迷うことなく、
投資そのものから離れること。
と答えるでしょう。

(実際に、
投資そのものから離れていって、
心地よい表情をされているお客様を
たくさん知っているためです(^^)

結局、
インデックス投資を続けるとは、

投資以外のものごとを、
【充実させる】ことにつながるのです。

(ホントです!)


それは、
〇 人によっては仕事かもしれません。

〇 人によっては家族
(子ども、配偶者、親)かもしれません。

〇 人によってはプライベートの生活
(趣味、社会活動)ということもあるでしょう。

ふつうの生活の充実。


これこそ、
インデックス投資、最大の効用ではないでしょうか。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏┛ ̄ ̄┗┓    1回の相談で10年の安心を。
┣┳┳┏┻┃     2018【夏の大阪、
┃┃┃┗┳┛     出張コンサルティングの旅】♪

┗┻┻┫┃     8月11日()、12日()、13日(月)
 …… ┗┛   【阪急インターナショナル2F カフェラウンジ】



関連記事

| インデックス投資全般 | 15:12 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

もし、投資に回せる1000万円があったら、iDeCo、つみたてNISA、それとも・・?


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

7月22日()の
iDeCo、つみたてNISAはこう使おう!
投資の三重奏セミナー】で、

とてもよい質問をいただいたので、
この場で皆さんとシェアしたいと思います。

 「カンさん。
もし今、投資に回せる1000万円があったら、
iDeCo、つみたてNISAに
どう当てはめればよいのですか?」

(45歳のお客様)


ストレートに申し上げます。

そもそも、
iDeCo・つみたてNISAと、

まとまったお金は、
相性が良いわけではありません。


ちょっと想像してみましょう。

iDeCo、つみたてNISAへの掛金って?


「基本、毎月ベースですね」

これは、
毎月の生活の中で残ったお金から、
掛金』を出してくださいね、
という基本設計そのもの。


video08_m.jpg


仮に、

〇 iDeCo 2.3万円/月
(年金制度がない会社員の例)
〇 つみたてNISA 3.3万円/月 とし、

双方を拠出し続けても、
年間の掛金枠は 67.2万円です。


これだと、
まとまったお金1000万円の
「投資執行」を終えるまでに、
15年近くかかってしまいます・・。

これって、どう思われますか?)


あまりにも長い年月にわたり、
資金を分割してしまうと、

1000万円というお金の
ポテンシャル【潜在可能性】が、
損なわれてしまうと思いませんか?



よーく考えてみますと、

あなたもわたしも、
投資の元手の【ポケット】は
2つ持っているはず。


ひとつは、
毎月の収支の中から。

もうひとつは、
まとまったお金の中から。

ですよね?


man-and-woman-talking-300x199.jpg


上記質問の場合、
カギとなるのは、

支出の見直し等で、
毎月の収支の中から、
投資に回せるお金を
捻出できるかどうか、ではないでしょうか。


そして、
なるだけそこから、
iDeCo、つみたてNISAへの
投資枠』を確保する。


じゃあ、まとまったお金の1,000万円は?


特定口座】で、
分けて資金を入れていくのです。
(もちろん、自動積み立てで!)

たとえば、

・50万円 × 20ヶ月
・40万円 × 25ヶ月
・25万円 × 40ヶ月
・20万円 × 50ヶ月 のように・・。



まとまったお金の、
『自動つみたて投資』については、

長くても5年くらいまでで
資金を入れてしまう、
(ある種の)【思い切り】が必要だと
わたしは思います。


m030041-840x525.jpg


じゃあ、
毎月の収支から
投資に回す余裕がない場合は?


その場合は、
わたしは
iDeCo」と「特定口座」の
併用でよいと思います。

たとえば、ですが、

前述の
45歳の質問者のケースで
考えてみますと・・。


所得控除の【メリット】を重視して、

つみたてNISAではなく
iDeCo』をチョイスして、
以下のように拠出を続けます。

2.3万円×12ヶ月×15年 = 414万円


残りの資金については、
おおむね『5年くらい』までで
投資の執行が終わるよう、

毎月のつみたて金額を設定して、
特定口座』で自動積み立てを実施する。


ここも、
【ゼロの地点】に戻って深考してみましょう。

お金の増え方の【公式】は、
投資元本 × 利回り × 投資期間です。


・まったく同じ投資スタイルで、
・同じ投資信託を利用し、
・同じ30年の投資期間があったとしても、

12ヶ月
1000万円を投入し終えたケースと、

15年かかって
1000万円を投入し終えたケースでは、
前者のほうが【期待リターン】は高くなります。


2_448_1_large.jpg


つまり、
先ほどの45歳の質問者の例では、

(せっかくまとまった
1000万円のお金があるのだから)

『税制優遇口座』は利用しつつ、
より早くお金が入れられる
特定口座』を優先させましょう、
と言っているわけです。


まとまったお金については、
【投資の執行】は分けつつも、
なるべく早めに執行してしまう・・、

この【バランスの頃合い】が
とても(とても)難しいのです・・。


465-125.jpg

  9月15日()in 東京 13:30~16:30




関連記事

| 確定拠出年金(iDeCo、企業型) | 16:28 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『共通点』だけを探して、トーシ!と叫んでみる


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

このブログでお話をする際、
わたしは自分の立ち位置を
できるだけ明確にするため、

内容を絞り込んで、
具体的なお話(=インデックス投資)を
するよう心掛けています。

でも、今日はちょっと気分転換・・。

【違い】よりも、
【共通項】を探してみたいと思います。


「えっ、何の?」

投資の、です。


わたしはこれまで、
外貨預金、個別株、それにFX、
外国債券(一銘柄)への投資も経験しました。

アクティブ型の投資信託も持っていましたし、
ムダだなあと思える売買をしたこともあります。

(資金がなかったため、
不動産投資だけはしていませんが・・(^^;)


今、さまざまな投資のやり方を
分けて」列挙しましたが、

いろいろな投資対象、
投資のスタイルを、
ひとつの風呂敷で「統合して」しまうと、
一体どうなるのでしょうか?



7334.png



対象がなんであれ、
あなたのお金を用いて
「投資する」とは・・?

そこには、
円建ての預金では得られない
「プラスのリターンが得られるかも」
という願望があります。


この願望こそが、
(不動産を含む)
「金融商品を買ってみよう!」
という気持ちの引き金になっているのでは。


物事を「分ける」度合いを
減らしていって、
共通項】を探っていくと、

投資という行いは
対象が何であれ、

あなたのお金を、
(そのまま置かずに)

『別のカタチ』(資産)に
置き換える(変身させる)
ということです。


この、

「わたしのお金って
何か別のカタチに置き換えられないかな?」
という気持ちは、

ヒトが昔から持っている
好奇心】そのものではないでしょうか?


bijutsu_sketch_20180121183624d27.png


『別のカタチ』にすることで、
そこに【変化】が起こり、
やがてそれらが、
損失や、利益の源泉になる。


今、手元にあるお金を、
『別のカタチ』にしたほうが、
もっと潜在可能性を
引き出せるんじゃないか・・


もっと世の中の、
さまざまなニーズに
答えられるのではないか・・。



ヒトのこのような発想、期待感が、

実際に、
さまざまな資産のカタチを生み出し、
お金のあり様を、
どんどん【多様化】させてきたわけです。

これってまるで、
「進化の系統樹」のような感じがしませんか?


i_tree.gif


さまざまな通貨、
上場個別株、非上場株、
個別のさまざまな債券、
投資信託、不動産、REIT、
金・貴金属、穀物、エネルギー、仮想通貨など、

投資の対象」は実にさまざまです。

これから先、
もっと互いに切磋琢磨して、
新陳代謝を繰り返しながら、
変化】は続いていくのでしょう。

これらはすべて、
人間の豊かな発想の賜物なのです。


また、「分ける」のではなく、
【共通点】を見つけていけば、

どんな投資のやり方も、
これすべて

【不確定要素(リスク)】を
取り込むという核が存在します。



Borsa-down.jpg


「毒があるかも!」と、
不確定要素(リスク)を、
忌避するのではなく、

不確定要素(リスク)を
実り(リターン)の源泉として、
吟味し、選別し、懐に入れていく。

悪い結果になっても、
良い結果になっても、
そこから学習して、

どんなリスクを、
どのように取り込めばよいのか、
私たちの【先人】は
常にトライ&エラーしてきたわけです。

⇒ その努力の結果、
こんにちの「投資の理論体系」が存在します。



やっぱりわたしは思います。

トーシ(投資)とは、
ヒトが生活の中で行う
チャレンジの【具体例】なのです・・。

◆ 関連記事
峯吉、1860年、咸臨丸、サンフランシスコ

あ




関連記事

| ヒトは1万年前からお金と付き合ってきた | 19:29 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

たとえバランスファンドでも、『リ・バランス』は必要?


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

2018年現在、
『長生き』に関しては、
私たちは(まったく)異次元の空間 に居ます。

これから先、
会社の『定年』って、
65歳、70歳と
どんどん先送りになると思われますが、

そのスピード以上に、
「平均余命」が延びていけば、

(仕事を辞めたあとの)
人生時間は、
やっぱり伸びるわけです。


これって嬉しいこと!


たとえば、70歳の時点で、
「どんな資産運用の中身が適切なのか?」は、

(残念ながら)
今までの『教科書』には載っていません。


先日、個別相談の中で、
バランスファンドに関して
こんなご質問をいただきました。

カンさん、
「バランスファンド」なら、
『リ・バランス』って要らないんですよね。



表面的には、要りません。

でも、
深層的には、
『リ・バランス』は必要になってきます!

※ 特にリタイアする時期を挟んだ場合。


よく、

〇 全世界株式か、
〇 債券30、株式70の配分か、
はたまた
〇 8資産均等型のバランスファンドか?


「一体どれが良いのだろう・・?」と、
悩まれる姿を拝見しますが、

これって、
リスク資産」の中だけの話ですよね?


the-power-of-no.jpg


実は、
より重要なことは、

【無リスク資産(安全資産)】と
【リスク資産】の
割合決定」ではないでしょうか。


(これで初めて、↑
あなたが背中に背負う「リスク量」が
決まるわけです)

この話をする場合、

【リスク資産】= バランスファンドとすると、
とてもシンプルに話が進みます。


⇒ 大切なことは、
人生ステージの変化」に伴って、

【無リスク資産(安全資産)】と
【リスク資産(バランスファンド)】の、

「割合」を変えていくという、
方針決定』だと思います。


たとえば、
あくまで「仮の例」ですが。

A ~40歳になるまで。
B 40歳~60歳になるまで。
C 60歳~70歳になるまで。
D ~70歳以降・・・。


というふうに、
資産運用を4つの『ステージ』に分け、

【無リスク資産】と
【リスク資産】の『割合』をそれぞれ、

A 30:70
B 40:60
C 50:50
D 60:40 というふうに、

変遷』させていくわけです。



その過程で、

〇 マーケットが高騰していようが、
〇 下落が続いていようが、
そこは気にせずに、

あくまであなたの
『ライフステージ』を優先させて、


【安全資産】と
【バランスファンド】の中で、

上記「割合」に沿うように、
リ・バランス』を実践していく・・。

それにより、
背中に背負う『リスク量』を調整していく。


numbers_gif-446492.jpg


仮に70歳で
仕事を「ジ・エンド」とし、

そこからは、
【無リスク資産(安全資産)】60%、
【リスク資産(バランスファンド)】40%を
旨とするなら、

この『割合』をキープするように、

安全資産、
バランスファンド双方から
定期的な取り崩しを続ける。


⇒ 言い方を変えれば、
定期的な『取り崩し』(半年に1回とか、
1年に1回)をするときに、

ついでに
リ・バランス』もしてしまいましょう、ということ。

大局的に見れば、
バランスファンドでも、
『リ・バランス』は必要になってくるのです。

◆ 関連記事
ヒトの本能をうまく騙して「リ・バランス」

あ




関連記事

| バランスファンド | 10:52 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT