FC2ブログ

2018年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

やっぱりスゴイ!アメリカの確定拠出年金(401kプラン)


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

日本の
『確定拠出年金制度』はもともと、
アメリカのそれをモデルとしています。

米国では【401(k)プラン】と
呼ばれます。

ヨン・ゼロ・イチ?

そう。

英語で言うと、
「フォー・オー・ワン・ケー・プラン」です。


実は先日、アメリカ在住のお客様に
コンサルティングをさせていただく
機会があり、

改めて
「米国の確定拠出年金ってすごいな」
と思った次第です。


【401(k)プラン】は、

(日本語のニュアンスでは)
『確定拠出年金・個人型』に
近いのではないでしょうか。


なるほど、

〇 アメリカの一般企業に
勤めている人が加入できる。

〇 あくまで自分の勤め先が、
401(k)プランを用意してくれる。

という点では、
『企業型』っぽいですが、

わたしがあえて、
『確定拠出年金・個人型』に近いと
申し上げるのは、

【401(k)プラン】への加入は、

〇 任意であり、
〇 あなたの給与から自身が拠出する。

という「大原則」があるためです。


ただ、

勤め先がプランを用意するので、

勤め先(会社)が契約している
『金融機関』がラインナップする
投資信託等から、選ばないといけません。

(んー、この点は『企業型』っぽいですね)


why-is-yawning-contagious01-300x266.jpg


次に、
面談を通じて
わたしが驚愕したのが、
【401(k)プラン】への年間・拠出限度額です。

2018年は・・
(ナント)年 18,500ドル!

(1ドル110円とすると、
203万5,000円です!
月に直すと、ナント約16.9万円


もちろん、
全額『所得控除』できます。
(日本のDC制度とはケタが違いますね・・(-_-;)


しかも、
年間・拠出限度額は、

毎年のインフレ率を勘案して、
都度改訂されているのだそう・・。

(5、6年前に米国のDC制度について
調べていたときには、
たしか上限額は 12,000ドル程度だったのに・・)

そして、
わたくしの驚きは、

松田優作氏の
「なんじゃこりゃあ~」的にまだまだ続きます。


baby-surprised-340x231_201610081225060cc.jpg


(再度)驚いたのは、
「マッチング拠出」の威力!

日本の確定拠出年金(企業型)でいう
「マッチング拠出」とは、

〇 勤め先が
DCに「拠出金」を出してくれる。

それに合わせて、

〇 あなたの給与からも
「拠出」ができますよ、
というものです。


米国では【逆】なのです。

〇 あなたが、
あなたの給与から「拠出」をする。

それに合わせて、
〇 勤め先の会社も
「拠出金」を出してくれるよ。


これが、
アメリカの「マッチング拠出」です。


もちろん、
勤め先(会社)によっては、
「マッチング拠出」に
対応していないところもあります。

また、どの程度
マッチングしてくれるかも、
企業(雇用主)次第・・。


たとえば、
あなたが月100ドル拠出していて、

勤め先の【マッチング率】が25%の場合、
会社が「25ドル」出してくれることになります。

これでもスゴイことですね!

★ なぜなら、
あなたの拠出額が(自動的に)
100ドル + 25ドル = 125ドルに
増えるわけですから!


20-旅行カバン


たとえば、
こんな【具体例】を考えてみましょう。

ある企業がこう言います。

「貴方の拠出額に対して、
あなたの給与の5%までは、
100%マッチングしてあげましょう。

そして、5%にプラスして
もう2%拠出するなら、

その分については、
50%マッチングしてあげましょう」


そんな【マッチング例】もあるそうです。

※ つまり、そもそも「マッチング」には
一定限度があるということ。


この場合、
仮に、あなたの給与が
年5万ドル(課税前)だとすると、

給与の5%って?
2500ドルになりますね。

つまり、
あなたが年に2500ドル拠出すると、

同額のプラス2500ドルが
会社からの「拠出分」として
プラスアルファされます。


shinkokyu_woman_2018021917361986d.png


次に、追加の2%分、
つまり、1000ドル分については、
50%のマッチングですので、

年500ドルが会社の拠出分です。


(ちょっとだけ『計算』してみましょう・・)

この『ケース』だと、
あなたが自分で出す
2500ドル+1000ドル = 3500ドルに
加え、

会社のマッチング分が
2500ドル+500ドル = 3000ドルあるので、

年間の【拠出額】合計は?
(ナント)6500ドルに!



あっ、上記はあくまで
マッチングの「限度額」をもとに
描いた数字ですので、

あなた自身の拠出は、
年18,500ドルまで可能なのですよ!



弊所にお越しいただいた
相談者の方も、
とにかく上司の人から、

「えっ、401kやってないの?
今すぐやりなさい!」
「マッチングというお宝もあるんだから!」


と言われたそうです。

また、
米国のファイナンシャルプランナーが
テレビ、ラジオなどの相談コーナーで

「まずは401(k)から!」
「マッチングありますか?」

と連呼している意味が、
今回、よーく分かりました(^^;)


illust14.gif


米国の401kプランは、
今お話ししたような
大きなインセンティブ』を有しているため、

アメリカ人は
「優遇された制度」として
ふつうに401(k)を利用し、

その結果、
投資信託を用いたつみたて投資に
体の内部から自然に
「なじんできている」わけです。
← ココ、重要!


日本でも、
〇 拠出限度額を引き上げる、
〇 マッチング拠出をもっと普及させることは、
喫緊の課題であると考えます。


465-125.jpg

  9月15日()in 東京 13:30~16:30




関連記事

| 確定拠出年金(iDeCo、企業型) | 11:20 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |