FC2ブログ

2018年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年10月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

第2回ブロガーミーティング(at 三菱UFJ国際投信)にゲスト参加しました。運用工場見学ツアーを実現させたいなあ・・


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

28日(金)、三菱UFJ国際投信の
「第2回ブロガーミーティング」に
ゲストとして参加させていただきました。

わたしはもう15年以上、
投信ブロガーの皆さんを見続けていますが、
明らかに・・、

世代が、
若くなっています!


(わたしが年取っただけ?)

当日の内容を以下のブロガーの方々が
さっそくアップされています。

〇 青井ノボルさん
三菱UFJ国際投信の第2回ブロガーミーティングに参加

〇 Sayasayanさん
【イベントレポート】第2回三菱UFJ国際投信ブロガーミーティング

〇 柴崎シュンスケさん
第2回三菱UFJ国際投信 ブロガー・ミーティングに参加 株主優待、全世界株式、直販、気になる話題が満載


主なプログラムは下記の4つでした。

1.NISA(一般・つみたて)および
弊社インデックス・ファンドの状況について
2.eMAXIS Neoシリーズの設定について
3.カン・チュンド氏との対談 
~”貯金感覚”でのつみたて投資について~
4.投信ブロガーとの意見交換(質疑応答等)



1.では、(悪い意味での)
「一般NISA」の特徴が確認できたと思います。

残高ベースでは
「一般NISA」は大きいのですが、
継続して入ってくる資金は目減りし、

たとえば、
2017年1年間の集計で見ると、

買付額(投資信託)17262億円に対して、
売付額(投資信託)10009億円!


それはそうですね。

2014年から制度は始まっており、
なにせ非課税期間は「5年間」ですから、
順次、金融商品は
解約されていくことになります。


私見ですが、
NISA制度は「つみたてNISA」に
集約して、

NISAそのものを
文字通り「長期」「つみたて」
というコンセプトに
固めるべきだと思います。

(そして、iDeCoと協業して、
ひとつの「国民税制優遇制度」に
統一すべきでしょう。

⇒ そこまでしてやっと、
世間的に「インパクト」が出てくるのでは?)


無題


続いて、
2.の「eMAXIS Neoシリーズ」です。

指数を提供しているKensho社は
指数算出会社というより、
「テクノロジー企業」なのでしょう。

従来の業種区分にはない
新しい「産業の括り方」を
目指しているように思えます。

そして、
AIに『銘柄選定』をさせている。

あなたは、この点どう思われますか?



伝統的な
(=インデックス原理的な)
「時価総額加重平均」の
立場から見ると、

インデックス投資というより、
ルール化されたアクティブ運用
という気がわたしはします。

今後、アクティブな運用が
AIによって
どんどん『ルール化』されていくと、

「人に託す」純粋なアクティブ投資が、
岐路に立たされる可能性があるのでは?


12-でんぐり返り


3.では、
三菱UFJ国際投信の代田さんと
対談させていただきました。

「つみたて」は
行動様式として見ると、

物事を、
時間をかけて習得していく
『プロセス』そのものです。


リスク資産を負うという、
チャレンジングな行為を、

慣れ親しんだ「型(かた)」に
落とし込むことで、

投資という行いを
「マイルド」にし、
長く「継続」させようとするわけです。

あなたが投資に習熟していく
プロセス(時間)がそのまま、

運用資産が徐々に積み上がっていく
プロセス(時間)と重なります。

つまり【つみたて】とは、
時間をかけて
何かを成し遂げようとする
行為そのものなのです。


(これって、
「大きな失敗」につながりにくいと思いませんか?)


4.投信ブロガーとの意見交換では、
タカちゃんさん
「トラッキングエラー」の質問が印象的でした。

代田さんによると、

トラッキングエラーが起こる
主な要因は、

資金の出入り
(キャッシュフロー)と
指数の銘柄入れ替えとのこと。


これをどう乗り越えるかは
意外と「人間」に
かかっていて、


技術(テクノロジー)だけでなく、
アート(感性)の部分もけっこう重要なのだとか・・。

↑個人的にはこの部分が、
もっとも興味深かったです。


ただ、同時に
代田さんの個人的な意見として、

バンガードでは
「1人のファンドマネージャーより
4人のシステムエンジニアを雇え」
と謳っているので、

世の中の流れは『システム化』に
向かっているかもしれないとのこと・・。


なるほど。。

だったら、
だったら尚更、

「運用工場見学ツアー」を
実現させたいなあと思った次第です。


なぜなら将来、

インデックス投資の
アート(感性)の部分
見られなくなる可能性もあるわけですから・・。

ご一緒させていただいたブロガーの皆さま、
ありがとうございました!

おまけ)
togetter
三菱UFJ国際投信の
第2回ブロガーミーティングツイートまとめ


1787 釣り




関連記事

| イベント・メディアなど | 18:35 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『虫の目』ではなく『鳥の目』になりやすいインデックス投資


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

インデックスファンドは
その投資対象が
「単純・シンプル」であるため、

より広い対象に
あなたの「視野」が
移りやすいのではないでしょうか。

たとえばある時、

意を決して
トピックスとの連動を目指す
「日本株式インデックス・ファンド」を
買ったとしましょう。

「あれ?もう日本株は完結なんだ・・」


と思ったあなた。

「じゃあ、海外はどうなのだろう?」と、


より外の、
遠くの対象に(自然と)目が行くのでは?


たとえば、
日本以外の先進国の22ヵ国のことなんて、

(それも株式市場のことなんて)
ふだん特に気にしませんし、
あまり知りません。

でも、知らない、遠くの
ざっくりした広い対象だからこそ、
「インデックス投資」が向いているのです。


海外の株式、債券になっても、
「インデックスファンド」の原理は同じですし。


ついでに言えば、
日本以外の
先進国株式に投資するのが
『ふつう』になれば、

より遠い「新興国群」も
視野に入ってきます。

あるいは
『株式』という対象を網羅すれば、
「不動産投資信託(REIT)ってどうなのだろう?」
と思い始めるかもしれません。

つまり、
インデックス投資の効用は、
投資家としてのあなたの目が、

『虫の目』ではなく、
『鳥の目』になりやすいこと・・。



鳥


今から10年前・・、

〇 完全・購入時手数料ゼロ
〇「新興国株式」まで加えた
『インデックスファンドシリーズ』が
日本にはじめて登場しました。

それが、
SMTインデックスシリーズ】でした。

自分でいくつかの
イ・ファンドを選び、
自分の好きなように「組み合わせる」・・。

まるで「インデックス投資の工場」のような
シリーズが出来て、
わたしがいちばん驚いたのは、

日本株式のインデックスファンドより、
『SMTグローバル株式』
(先進国株式)の純資産の伸びが
大きくなっていったことです。


これは事件だ・・
と当時のわたしは思いました。


10年前でも、
インデックスファンドを
買おうとしている多くの投資家は、 
すでに「グローバルな視点」を持っていたのです。

(あっ、すみません、
急に話は変わるのですが、)

わたしの父は
もうずいぶん長く
個別株投資をしています。

投資対象は
「日本の・株式」になります。


163861447.jpg


ずっとずっと、
日本以外の
グローバル株式(先進国株式)の存在を
話し続けているのですが、

「ETFやインデックスファンドで
それが簡単に買えるんだよ。」


とも言い続けているのですが、

父にとって、
このような領域を

「自分事」(自分の投資の対象)として
捉えるのは、なかなかに難しいようです・・。


これは投資に限りません。

『虫の目』で、
自分の周りのことが
事象の「すべて」だと思い込んでしまうと、
物事の本質を見失ってしまいます。

〇 あなたのカラダは日本に。
〇 あなたのお金は世界に。

(とってもシンプルな概念です。)

あ




関連記事

| 投資の発想法 | 13:43 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

えっ!「相談する先」と「商品を購入する先」を分けるの?


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

やっぱり、
いろいろ考えてみても
『電気洗濯機』を買うのに、

別途「相談料」を払って

「あのー、ワタシに合う電気洗濯機って
ほんとうはどれなのでしょう?」


と聞く人は、
いません・・。


illustrain09-kaden5.png


あっ、それに、

私たちは
電気洗濯機を買うときに、
その「代金」の中に、

メーカーや販売店の利益が
含まれていることを知っていますよね。

金融商品は?


あっ、金融商品も同じですよ。

〇 東京スター銀行に行っても、
〇 ほけんの窓口に行っても、
〇 みずほ証券に行っても、

相談自体は『無料』です。

これらサービス会社は
商品を販売する際に
「手数料」(利益)を得ていて、

私たち消費者も
それを承知?しているはず。

ですよね?

それを承知で
(ちょっと深呼吸してもらってから、)

山崎元さんの
以下の記事を読んでみてください。

【楽天証券】個人投資家のための切り札
「コンサルティングのアンバンドル化」

(アンバンドルの意味はのちほど判明します)


shinkokyu_woman.png


あなたはどう感じましたか?

正直、消費者の習慣って
そう簡単には変わりません。

電気洗濯機を買うのに、
これまで別途「相談料」を
払ったことがないわけですから、

「金融商品」について
山崎さんが言われるように、
【別の思考を持つべきだ!】
と言われても、

ん? そっ、そうなんだ!?


と半信半疑になってしまうのも
分かります。


でも、
上記記事より
「引用」してみますよ(^^;

お金の運用では、
「相談する先」と
「商品を購入する先」を
意識的に分離して、

それぞれを
最適なものにしようとすることが
決定的に重要です。



ChristineLucas-CompleteMindandBody-personal-coaching.jpg


んー、要は・・、
私たち消費者の「納得感」の
問題ではないでしょうか。


仮に、
とても親切に
『相談』に乗ってくれたとしても、

相談時の合間に見せた「あの表情」

「この、辻褄合わせのような数字?」

そして、
たとえば120分の中の、

ラスト15分くらいで
チラッと図表を見せる際に
発生した「ビミョーな間(ま)・・・・・・」。

嗚呼、

これも、あれも、それも、
すべてが、

もしかして
〇〇〇〇商品の提案に至る
『ストーリー』だったとしたら、


(いくら相談料は無料でも)
やっぱり興ざめしてしまいませんか?



わたしは
山崎元さんが
以下のように断言してくれている姿を
たいへん心強く思います。

また、
「引用」します。

例えば、
運用について相談したいことがある場合、

(1)運用方法・運用商品の
選択に関する相談は
信頼できるファイナンシャル・プランナーに
相応の相談料を払って行い、

(2)相談を踏まえて
自分が買いたいと思う
運用商品を最適な金融機関で購入する、

というステップを踏むことが
効果的且つ安全なのです。


同意です。

明日からまた、
仕事(コンサルティング)、頑張れそうです(^^)

【おまけ】
アンバンドル(unbundle )とは?

一括して提供されていた商品やサービスを、
細分化することを指します。

【追記。2018.10.18】

山崎元さんの
より包括的な記事がアップされています。
投資アドバイザーの選び方と使い方とコストの考え方

あ




関連記事

| わたしのFP修行 | 18:13 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

お母さんと息子さんと営業マンの関係


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

グーグル検索で
「駅前 アンケート」と入力すると、
次の変換候補として「不動産」が出てきます。

駅前 アンケート 不動産

つまり、

「あのー、今お時間ありますか? 
アンケートにご協力いただきたいのですが・・」


という
例の
あのパターンの多くは、
不動産の勧誘なのです。

(くれぐれもご用心ください!)


gaitou_anke-to.png


そもそも過剰な営業が必要な商品に、
ろくなモノはありません。

(どんな商品・サービスでも
それがほんとうに良いものなら、
過剰な営業をしなくても
世の中に広まっているはずですから。)


金融機関
(銀行、保険、証券など)は
駅前での勧誘はしないでしょうが、

もっと巧みに
人間の心のひだに訴えかけてきます。

年配のお客様が以前、
コンサルティングの中で、
次のようなことを言われていました。

「その証券会社の営業マンは、
とにかくわたしの話を
よーく聞いてくれたのよ・・。」


これって大きい (-_-;)


仮にこのお客様のお名前を
横山さん(仮名)としましょう。


f601c521f702df3b8a122946242fe3d2.png


横山さんは
お子さんと離れて暮らしており、
息子さん夫婦が帰ってくるのは
年に1回だけ。


営業マンの人が、
子どもの話、孫のこと、
自分の病気や、将来のこと、

まあ、とにかく
いろいろなことをよく
聞いてくれるのです。


ズバリ申し上げますが、

金融機関の営業マンは、
お客様の話を聞くことが仕事。


聞いてもらっているほうは、
自分が話せた分だけ
気持ちがラクになり、

自分の不安に
『共感』もしてもらえているので、

何かしら『お返し』を
しなくてはいけないのでは・・。
と思ってしまいがち。


(そこが、向こうの狙いなのです)


また、横山さんは
息子さん夫婦と、
密に連絡を取り合っていないため、

「お金のこと全般」
「金融商品」「勧誘」とか、
そういう話をする機会がありません。

いわば、

親子間の
「コミュニケーション不足」を
金融機関がうまく利用している。

という見方も出来るわけです。



誤解を恐れずに言いますと、
【わざわざ自宅まで来てくれている】時点で
その営業マンは、

自身が売りたい金融商品を
3種類は携えていると思って
間違いありません。


sagishi_man.png


息子さん、娘さんは
(お忙しいとは思いますが、)
定期的に親御さんに
連絡」を取るようにしましょう。

そして、
何かの話のついでに、

「お金とか大丈夫?」
「ヘンな勧誘とかない?」

と、
何気に聞いてあげることが大切なのです。


これはわたしの邪推ですが、

もしかすると横山さんは
営業マン(男性)の姿に、
どこか息子さんを
重ね合わせているかもしれないわけです。



たとえば、
母親に電話をした際、

営業マンから
商品の「パンフレット」を
受け取っていることが分かっても、

「お母さん、
どうしてそんなものもらったの!」


と、感情的になってはダメです。


(まずは)お母さんの自尊心を
傷つけないよう、
よーく話を聞いてあげましょう。

【親子ゆえに、
互いに感情的になりやすいのですから。】


また、お母さんが
その商品を断るのに、
直接営業マンに言いにくそうだったら、

娘さん、息子さんであるあなたが、

「間に入って
わたしがその人と話をしてあげようか」
と聞いてみてください。


           
42286_sample.png


お母さんも、

 「とにかく息子がダメだって言うんです」
「ファイナンシャルプランナーの人がダメだって言うんです」
というように、


「○○がどうしてもって言うんです」
という形なら、断りやすいのです。


さあ、
今晩あたり、
久しぶりに電話してみませんか?

あ




関連記事

| 投資家の感情リスク | 18:10 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

9月25日の「ひと言」


シャンプーのとき、
「洗い足りない所ありませんか?」と聞かれます。

棺桶に入るときに
「やり残した事ありませんか?」にならないよう、
注意しましょう。



02d928c.jpg




関連記事

| 投資信託をディープに理解する | 09:28 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

iDeCo、つみたてNISA、特定口座、3つの入り口の『取り崩し』について


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

iDeCoはあなたの「年齢」、
つみたてNISAは「期間」に則した制度です。

したがって、
あなたが「今何歳か・・?」によって、
両制度の「使い心地」は違ってきます。

たとえば、
今年31歳の大野さん(仮名)


rikujou_man_marathon.png


iDeCo
大野さんが60歳になるまで
「掛金」が拠出できます。

『取り崩し』のほうは
最長のイメージでいうと、
69歳から始めてもよいわけです。

たとえば「20年年金」の形で取り崩せば、
69歳から89歳になるまで・・
という「期間」も可能です。


一方、「つみたてNISA」のほうは
どうでしょうか?


もし、2018年から始めたとすると、
最初の非課税期間の「満20年」は、
2037年に訪れます。

大野さん、まだ、50歳です。

つまり、大野さんの年齢からすると、
つみたてNISAの最初の
「満20年」が来るのって、

ちょっと早すぎるわけです。


たとえば「仮の話」ですが、

iDeCo、つみたてNISA、特定口座、
「3つの入り口」
「1つのポートフォリオ」
作っているとしましょう。


つみたてNISAの
最初の「満20年」がやって来て、
大野さんはこう呟きます。

「よっしゃ!
先につみたてNISAで積み上げた投資信託を、
取り崩し始めよう!」


ん?

これって?

(iDeCo、特定口座の『ファンド』は
そのままですから)

つみたてNISAのファンドのみを
先に取り崩すと、

【ポートフォリオのバランス】が
崩れてしまいます・・(-_-;)



baby-surprised-340x231_201610081225060cc.jpg


大野さんに、
50歳とか54歳とか56歳で

つみたてNISAを解約して
お金を取り崩すニーズが
ない】のであれば、

『特定口座』に移すという選択を
すればよいのです・・。


(つみたてNISAでは、
特定口座に移す時点の
投資信託の値段を
「新たな取得価格」として認識してもらえるので、

「特定口座」に移したとしても、
非課税のメリットはそこそこ享受できます)


大野さんの場合、
2034年に入れた上限「40万円」が
満20年を迎えるのが
2053年であり、

この年、大野さんは
やっと66歳になります・・(^^;)

言い方を換えれば、
大野さんのケースでは、

「つみたてNISA」に
2025年に入れた分も・・
2030年に入れた分も・・、

非課税期間の「20年」の満了後、
【特定口座】に移していく可能性が高い。
ということ・・。


※ 仮に
20年間の【非課税期間】に固執し、
(ファンドの解約によって)
大野さんが50代で
大きな金額を手にしてしまうと、

〇 そのお金どうする?


という新たな問題が発生してしまいます・・。


soccer_goalee.png


ココで大切なのは、

大野さん、
「つみたてNISA」のみを見てはダメですよ!


ということ。

セカンドライフでの
資金の取り崩し管理】を考えれば、

iDeCo、つみたてNISA、
そして特定口座からの
【取り崩し時期】は、

おおむね揃えてあげたほうが
よいと思いませんか?



大野さんの『セカンドライフ』が
65歳からのスタートであれば、

〇 iDeCoの取り崩しも65歳から。
〇 つみたてNISAでの解約も65歳から。
〇 特定口座での取り崩しも65歳から とするのが、

もっとも【自然なカタチ】だと思います。

なぜなら、

投資資金の積み上げも、
「3つの入り口」で同時に
コツコツ続けてきたわけですから。



そのように考えると、
iDeCoでの取り崩しの仕方は
年金形式」のほうがよいと
わたしは思います。

つみたてNISAも、
iDeCoも、そして特定口座も、

少しずつ、規則的に
長い期間連続して「取り崩していく。」
これがセカンドライフの
資産管理の「王道」でしょう。



ただし、iDeCoに関しては
(「年金形式」を選んだ場合)
注意事項があります・・。

「楽天証券」の
iDeCoを例に挙げてみましょう。
手数料

iDeCoでは、
あなたは60歳以降、
「運用指図者」になります。

掛金の拠出は終わっても、
毎月64円の維持手数料を、
「信託銀行」に支払う必要があります。

(これは年金を受給している最中も
ずっとかかってくるわけです。)


sky-business-stock-bubble.jpg


そして、
給付手数料

年金として給付を受ける際に
発生するコスト。

これは「信託銀行」に
1回あたり、
432円支払う必要があります。

1回あたり?


そうです。

ですので、
年金形式を選んだとしても、

年間支給回数・支給月】のところでは、

年12回(毎月)ではなく、
年1回(12月)を
選んだほうがよいでしょう。



こんな「想像」をしてみてください。

セカンドライフを悠々と過ごす大野さんが、
毎年12月

トータル資産の「リ・バランス」を
実施します。

そして、
同じ12月に

「つみたてNISA」を部分解約し、
「iDeCo」はその年の年金給付を受け、
「特定口座」からも
年1回の取り崩しを行い、

来年1年間の、
資金計画」を
具体化するわけです。

結局のところ、

個々の入り口を見過ぎず、
「全体像」をざっくり把握して
そのバランスを維持することが、
シンプルな管理のキモなのです・・。


465-125.jpg

    11月18日()in 東京
    11月23日()in 名古屋
    11月24日()in 大阪
    11月25日()in 福岡




関連記事

| つみたてNISA | 13:44 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT