FC2ブログ

2018年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

なんと仮想通貨のインデックスファンドが・・


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

「市場平均」の原点って
いったいどこにあるのでしょう?

それは
3年B組「男子」の平均身長にあります
(^^;


〇 さまざまな対象が存在して、

〇 それらについて
数値(価格)が確認でき、

〇 それぞれの量が把握できれば、

その対象が何であれ
市場の平均』が導かれます。


すると?


すると(原理的には)
インデックスファンドが作れるわけです。

それがたとえ
仮想通貨であっても理屈は同じ。


publicdomainq-0013868mwf.jpg


【今日の注意点】

〇 当オフィスは、
資産形成の道具として
「仮想通貨」をまったくお勧めしておりません。

ですので、
今日の記事は、

「へえ~、そんな事も出来ちゃうんだ」
くらいの気持ちでお読みくださいね。


Digital Asset Index Fund」は
Bitwise Asset Managementにより運用される
インデックスファンドです。

(ただし、当ファンドは
機関投資家のみを対象としています)

下記図表をご覧いただくと、
さまざまな仮想通貨が

「時価総額」の比率によって
組み入れられていることが分かります。


無題


弊所は「仮想通貨」を
お勧めしませんが、

このような対象に興味がある人にとって
「インデックス型」で投資を行うのは
理に適っているのではないでしょうか。

すべての対象を、
それらの「価格」と「量」に基づいて
ファンド自体が保有すれば、

〇 どれがもっとも上がりそうとか、
〇 何かが大きく下がってしまうのでは?
という「悩み」は霧散してしまいます。

なぜなら、
『市場全体』を買っているわけですから・・。

あ




関連記事

| 投資の発想法 | 19:11 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |