FC2ブログ

2018年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年12月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

長期・分散って、資産運用の『原始の姿』なのです


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

その昔、ヨーロッパの貴族は
「文化」を生み出しました。

たとえば
「お抱え画家」を雇って、
絵を描くことに専念させたのです。

また貴族は
資産運用会社」も生み出しました。

自分たちの巨万の富(資産)の管理を、
専業の者に任せたのです。

そう、これが実質的な
資産運用の始まりです。


真のお金持ちの気持ちは
(真のお金持ちになってみないと
分かりませんが、笑)

おそらく
お金を増やすことより、

いかに資産の価値を
(長期的に)減らさないようにするか・・。


ココに力点が置かれていたはずです。

運用会社のルーツは↑このように、
スタート地点から『長期のマインド』で
醸成されていたのです。

※ おそらく
次の、次の「世代」のことまで考えて
資産管理していたのでしょう。


1200px-Louis14-Family.jpg


また、戦争に明け暮れた
昔のヨーロッパのことです。

国が滅びて併合されたり、
(当然国の名が変わります)

言語が変わり、
宗教が変わり、
ときに王侯貴族は暗殺され、

通貨の呼び名、種類が変わり、
信じられない物価高が起こったり、
飢饉が発生したり、

名前も住む場所も
度々変えていかざるを得ない・・。


戦争


そのような可能性がある中で、

「あらゆる状況を想定しないと!」


という気持ちが、

【リスク分散】という
運用における技(わざ)を、
醸成させていったのではないでしょうか。


運用会社のルーツは↑このように、
スタート地点から『リスクに備える』を
意識していたのです。


つまり?

つまり
長期・分散の「こころ」って、
実は
資産運用業の【原始の姿】なのです。



お金を増やす、
資産を守るという行いが、

何百年もかかって
「ふつうの市民」にまで
下りてくると、

投資信託という道具が
登場することになります。


「えっ、日本ですか?」

残念ながら日本では、
見える景色が大きく違っています。

日本では1940年に
投資信託の歴史が始まります。

藤野英人さんの書籍
ビジネスに役立つ「商売の日本史」講義】に
詳しいですが、

日本における投資信託は、

「こういう道具が生まれて欲しいな」


という需要者の声ではなく、
(実は)国策によって作られたのです。


戦前の投資信託は、
国家が
投資資金をまとめて管理し、

また、軍需などの重点産業に
お金を回りやすくするための
『道具』でありました。

そして戦後は、
財閥の解体、財産税の徴収によって
大量の株式が市場に吐き出されたため、

これを吸収する目的で
「証券投資信託」として整備されたのです。

 
gctv-mistakes.jpg
    (悲し・・)


歴史時間という長いタームテーブルで
思考すれば、

日本の資産運用ビジネスを変えるカギは、
「官製」を打破して
「需要者(民間)」の声に
真摯に耳を傾けることでしょう。


忘れずに!
資産運用業のスタートは
【長期・分散】であったのですよ。

あ




関連記事

| ヒトは1万年前からお金と付き合ってきた | 18:45 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2018」に投票しました


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

間に合ってよかった・・(^^;

今年も無事、
投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year』に
投票することができました。


foy2018ttle.gif


わたしは今年、
ひとつの投資信託に絞って投票しました。

もしかして『バランスファンド』?


えー、ご想像にお任せします(^^)


年々注目度が増しているこのイベントですが、
結果発表&授賞式は、

2019年1月13日()に
東京某所で開催される予定です。

わたしは「FOY2018」の
運営委員をさせていただいている手前、

投票してくださった皆さまの
『熱いコメント』にも期待しております。

(あっ、1月13日()の【授賞式】は
どなたでもご参加できますよ!)


gatag-00008691.jpg


そもそも、
投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year】って?

投資信託について
一般投資家の目線でつねに考え、
情報を集め、
ブログを書いている投信ブロガーたち。

投資信託の事情通である
彼らが支持する投資信託はどれか?

証券会社の宣伝や
うたい文句にまどわされず、

自分たちにとって
本当によいと思える投資信託を
投信ブロガーたちが投票で選び、
それを広めることで


「自分たちの手で
よりよい投資環境を作っていこう!」

というイベントです。

「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2018」
公式サイトより。



そう、FOY2018の主役は
あなた(個人投資家)なのですよ!

あ




関連記事

| イベント・メディアなど | 18:08 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

昭和の寡黙な男がインデックス投資に向いている?


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

わたくし、
こう見えてけっこう保守的な男です。

男はこうあるべし!」と
ずっと意識してきました。

・目立たない
・騒がない
 = 無駄口を叩かない

・他人のことをとやかく言わない
・自慢をしない

・人に弱いところを見せない
(背中で泣くのが男の美学・・?)

・男子厨房に入るべからず
・仕事は男の生き様そのもの?


そう、
わたしにとってのあこがれは
高倉健さんです。


img_header.jpg


そして、
歌でいえば
河島英五さんの『時代おくれ』なのです。





ただし、上記価値観も、
結婚してずいぶん変わりましたが・・(^^;)


そんな昭和の寡黙な男に、
「インデックス投資」って
向いているのではないでしょうか・・。


以下、
勝手な【妄想インタビュー記事】です。


どうしてインデックス投資なのですか?)

昭和な男)

平均をなぞるって、
良いも悪いもひっくるめて
世の中の出来事を
引き受けるってことじゃないですか。

自分はそこに潔さを感じます。



長期投資ってどういう意味ですか?)

昭和な男)

男がいったんやると決めたら
二言はないんです。

黙って己の意思を貫く・・。
それが結果として
長期になるだけのことでは?



あなたにとって「つみたて」とは?)

昭和な男)

習慣なんだと思います。

朝起きて、歯を磨いて
服を着て外に出ていく。

空を見上げて
その日の空気を感じ、

さて自分は今日、どう振る舞うべきかと考える。

いちばん難しいのは、
毎日同じことを、
同じようにするってことじゃないでしょうか。


日々の行動 = 習慣の中に、
男の「本質」が
透いて見えるような気がします。



823.jpg


大きな損失を抱えたりすると、
投資がイヤになったりしませんか?)

昭和な男)

良いも悪いもあるのが投資ってもんでしょう。

そもそも、
生きること自体が「不安定」なんです。

明日、自分もどうなるか分からない。

上げ潮に
たまたま乗るときもあれば、
下げ潮に
身を任せないといけないときもある。

その不安定さを、
どこかで楽しむくらいの余裕が
あってもいいのでは。


下げ潮が続いて、
波の底を這っているようなときも、

もう、真っ暗な穴に陥って
浮かび上がれそうにないと思えるようなときにも、
自分をそっと信じてやりたい。

お金も、
同じなんじゃないでしょうか。

何しろ棺桶に入る寸前まで
付き合わないといけない相手ですから。

自分のお金くらい、
自分がとことん信じてあげないと・・。



国際分散投資についてどう思われますか?

昭和な男)

自分にはそんな難しい言葉は分かりません。

ただ、この年になって
「世の中は到底分かり切れない」と
感じます。

本当は自分が世界の国々に行って
実際の広さを、少しでも
実感できればいいのでしょうが、

自分にはそんな甲斐性はありません。

だったら、
せめて自分のお金には
世界中、いろんな場所に行ってもらって
違った空気を吸って欲しいんです。

お金の大切さ、
ありがたみっていうのは、

国が違っても
きっと同じでしょうから・・。


妄想、終わり)

あ




関連記事

| インデックス投資全般 | 13:43 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

12月28日(金)29日(土)福岡にて【冬の☆出張コンサルティング】を実施します


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

毎年恒例ですが、今年も
【冬の西日本★出張コンサルティングの旅】に出ます!

福岡の皆さん、こんにちは。

資産運用に関する、
こんな【お悩み・モヤモヤ】はありませんか?


20131211075550a5d_20151203094650066_20161116184008513_20171115175100ab1.jpg


〇 ポートフォリオ(資産配分)の組み方で
  いつも悩んでしまう

〇 もっとコストが安い投資信託に上手に移したい

〇 貯蓄と投資の最適な配分を教えて欲しい

〇 確定拠出年金(iDeCo)、つみたてNISAの
  「長所」「短所」を理解して、上手く活用したい

〇 どのインデックス・ファンド、
  ETFにすればよいか、なかなか決められない

〇 何となく投資信託を買ってしまい、
 気付けばファンドが10数本に!

○ まとまった資金の効果的な投入方法を教えて欲しい

○ リタイア後は金融商品を
 どんな割合で、どんなふうに取り崩せばよいのか?

〇 保険商品、個別株、不動産、持ち株会など
 きれいに整理して、
 シンプルな『運用のしくみ』を作りたい!

〇 一度、大所高所から
  自分の資産状況をチェックして欲しい



● コンサルティング【対応可能時間 28日(金)】
   

   A枠 10時30分 ~ 12時00分(ご予約済み
   B枠 13時00分 ~ 14時30分(ご予約済み
   C枠 15時00分 ~ 16時30分(ご予約済み
   D枠 17時00分 ~ 18時30分

 
● コンサルティング【対応可能時間 29日()】
   

   A枠 10時00分 ~ 11時30分(ご予約済み
   B枠 12時00分 ~ 13時30分(ご予約済み
   C枠 14時30分 ~ 16時00分
   D枠 16時30分 ~ 18時00分


(※ すでに個別相談のご経験があるお客様へ。
  定期面談枠(60分)にも対応させていただきます)


 ● 面談場所 ANAクラウンプラザホテル福岡
    1F「ロビーラウンジ
  (JR博多駅 博多口から徒歩6分)
 
mainvisual.jpg

 
 コンサルティングご希望のお客様は、
         【こちら】からお申込みくださいませ。

あ

 【今年のお悩みは、今年のうちに!】

  (しんようFPオフィスは金融商品の販売・斡旋に
  一切関与しない完全中立のFP事務所です)




関連記事

| コンサルティングのお知らせ | 11:15 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2014年に入れた「一般NISA」の枠が、間もなく満5年を迎えますが、さあどうする?


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

2014年から「一般NISA」を
使い始めた人にとっては、
今年は大きな決断の年です。

なぜなら、
今年の年末に、
最初の「非課税期間 5年の満期」を
迎えるためです。

たとえば、
つみたてNISAは使いたくないよ。

取りあえず(一般NISA枠で)
もっと長く運用を続けたいよ。
という人は、

「ロールオーバーする」
という選択肢があります。


※ ただし、ロールオーバーには、
申し込み(意思表示)が必要です。


〇 ロールオーバーをしない。

かつ、
〇(2014年分の)売却もしないとなると、

あなたの運用資産は

〇 課税口座(特定口座 or 一般口座)に
払い出されることになります。



「課税口座に払い出されるって?」

こんなイメージになります。


ちば無題


要は、
2018年末の金融商品の『年内最終価格』が、

2019年、
課税口座における
取得価格』と見なされるわけです。

(ここから値上がり益が発生すれば、
売却時、利益に対して課税されることになります)


ところで、
「ロールオーバーする」って、
一体どういうことでしょう?


カンタンです。

今のケースでは
「2019年の一般NISA枠を使う!」
ということ。



※ ロールオーバー = 延長というのは、
ちょっと実態と合っていません!


以下、表のように、

無題


★「ロールオーバー」の本質は、
運用期間を延ばす代わりに、

一般NISAに投入できる
『トータルの投資資金』が
減らされるということなのです・・。



あなたは一般NISAに何を望みますか?



★ できるだけ多くの投資資金を
一般NISAに入れたいなら、

「ロールオーバー」は使わずに、


nisa.png


毎年開催される
5年間完結の投資ゲーム】に参加すると、
割り切ることも可能です。


★ 逆に、
運用期間が長いことに
メリットを感じるなら、

この際、思い切って
つみたてNISA」に移行すべきでしょう。

つまり、
一般NISA or つみたてNISAは

『長さ』を優先するのか、
『投資資金の大きさ』を優先するのか?

という命題なのです。



一般NISA枠で今、
「ロールオーバー」を選択してしまうと、
2019年は「つみたてNISA」は使えません。

ここのあたり、
よーく考えてみて欲しいのです。

仮に
2019年も
2020年も
2021年も
2022年も

「ロールオーバー」を選択するという
事態を想定すると、


一般NISAではもう、
2019年以降
新たな資金投入』が
出来なくなってしまいます。


nisa.png

※ 各5年の満期の際、
時価がすでに
120万円を超えているケースを想定。


MIYADSC_4275_TP_V1.jpg


つまり、

お金を入れ続けるという
シンプルな投資原則は、
「つみたてNISA」のほうが実現しやすいのです。


そして、
これは政治的な話になりますが、

金融庁が
一般NISAの反省をもとに
「つみたてNISA」を作ったのであれば、

対外的には
「つみたてNISA」をメインに据えて
制度改正等の要望を出していくと見るのが、
現実的な路線なのではないでしょうか・・。

(ともかく、
わたしは
「つみたてNISA」のほうをお勧めしますが、

一般NISAを用いて
2014年分の「ロールオーバー」をする人は、
早めの手続きが必要ですよ!)

【追記 18年12月2日】

仮に、2019年から
「つみたてNISA」に変更したとしても、

「一般NISA」で運用してきた金融商品を、
すぐに売却しないといけないわけではありません。


非課税期間の『5年』は
フルに活用できますので、
この点、くれぐれもお間違いのないよう・・。

あ




関連記事

| つみたてNISA | 14:22 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

12月27日(木)広島にて【冬の☆出張コンサルティング】を実施します


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

毎年恒例ですが、今年も
【冬の西日本★出張コンサルティングの旅】に出ます!

広島の皆さん、こんにちは。

資産運用に関する、
こんな【お悩み・モヤモヤ】はありませんか?

※ すべての枠でご予約を頂戴いたしました。誠にありがとうございます!


20131211075550a5d_20151203094650066_20161116184008513_20171115175100ab1.jpg


〇 ポートフォリオ(資産配分)の組み方で
  いつも悩んでしまう

〇 もっとコストが安い投資信託に上手に移したい

〇 貯蓄と投資の最適な配分を教えて欲しい

〇 確定拠出年金(iDeCo)、つみたてNISAの
  「長所」「短所」を理解して、上手く活用したい

〇 どのインデックス・ファンド、
  ETFにすればよいか、なかなか決められない

〇 何となく投資信託を買ってしまい、
 気付けばファンドが10数本に!

○ まとまった資金の効果的な投入方法を教えて欲しい

○ リタイア後は金融商品を
 どんな割合で、どんなふうに取り崩せばよいのか?

〇 保険商品、個別株、不動産、持ち株会など
 きれいに整理して、
 シンプルな『運用のしくみ』を作りたい!

〇 一度、大所高所から
  自分の資産状況をチェックして欲しい



● コンサルティング【対応可能時間 27日(木)】
   

   A枠 10時30分 ~ 12時00分(ご予約済み
   B枠 13時00分 ~ 14時30分(ご予約済み
   C枠 15時00分 ~ 16時30分(ご予約済み


 (※ すでに個別相談のご経験があるお客様へ。
   定期面談枠(60分)にも対応させていただきます)

  ● 面談場所 
 
ホテルグランヴィア広島(JR広島駅直結)
ロビー中2階 メザニンフロア【ロビーラウンジ
 
p1.jpg

 コンサルティングご希望のお客様は、
        【こちら】からお申込みくださいませ。

あ

 【今年のお悩みは、今年のうちに!】

  (しんようFPオフィスは金融商品の販売・斡旋に
  一切関与しない完全中立のFP事務所です)




関連記事

| コンサルティングのお知らせ | 12:31 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT