FC2ブログ

2018年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

毎月5万円のつみたて投資は出来るけど、まとまったお金の800万円には思考停止?(だったら『拡大つみたて』です!)


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

突然ですが【クイズ】です。

毎月5万円のお金と、
まとまったお金の800万円は
どちらがメインの【投資元本】になるでしょう?


答え)

800万円。

ではありません。

15年も経つと、
毎月5万円のつみたて投資は
その元本が 900万円になり、
800万円より大きくなります。



毎月ベースの投資って、
(毎月の生活)
(毎月の定期収入に)呼応する

反復型の『投資実行法』です。

今は【税制優遇の口座】として、
iDeCoや
つみたてNISAがありますから、

あなたの特性に応じて、
両制度を
毎月の『投資の枠内』にはめ込めば、

より有利な「つみたて投資」が可能になります。


ところで、
個別相談】を重ねる中で、
気付くことがひとつあります。

それは、
投資のビギナーの方ほど、

「まとまったお金」を前にすると、
思考がストップしてしまいがちになる、
ということ。


まあ、それはそうでしょう。

前述の通り、
毎月ベースの投資は
毎月の生活に呼応するため、

スタートもしやすいですし、
(始めたからと言って)
特段意識をすることもありません。

毎月毎月、
新たに資金を入れていくので、

「ファンドがいくらのときに買ったのか」
「今、投資信託の値段がいくらになっているか」
といったことに、

(良い意味で)鈍感になっていくのです。


friends_kids.png


ところが、
まとまったお金」は違います。

(たとえば)800万円のお金は
まるで巨大な彫像のように
あなたの前に鎮座しているため、

この塊(かたまり)を扱うことは
自然、非日常的な行為となり、
どうしても身構えてしまうわけです。


0c8a6b6127614a86969741e2fd5d7792.png


「この800万円、
当分は使うこともないのだから、
なんとか投資に回したい。

でも、でも、どうやって??」


カンタンです。

塊(かたまり)を
バラしてしまえばよいのです。



たとえば、一例ですが、

10万円 × 80ヶ月
16万円 × 50ヶ月
20万円 × 40ヶ月
25万円 × 32ヶ月
32万円 × 25ヶ月

のように、
まとまったお金をバラしていきます。

そして【つみたて投資】のしくみに
入れてしまうのです。


こうすれば、あなたは
『毎月ベースのつみたて投資』をする人になります。


※ ただし、800万円分の
投資実行を終えたら、
つみたてを自ら休止する必要がありますよ。


このような手法を
当オフィスでは
拡大つみたて】と呼んでいます。

拡大つみたて!

毎月5万円の
つみたて投資と同じように、
自動引き落としの仕組みを利用しますから、

あなたが動く代わりに、
『しくみ』が仕事をしてくれるわけです。


より正確には?

たとえば上記の【例】で云いますと、

毎月5万円の
純粋つみたて』と、

16万円 × 50ヶ月の
拡大つみたて』を併用するとします。

すると・・、
毎月21万円の「つみたて投資」を
50ヶ月続け、

51ヶ月目からは、
月5万円の「つみたて投資」に戻す、
ということになりますね。



0b76eef008cace816c8dcb41b93d5eeb.png


ここから何を感じますか?

そうです
結局のところ、

800万円というお金も
月5万円というお金も

あなたの投資の原資という点では
まったく同じですから、

ひとつのポートフォリオ
同じ投資信託』で
投資を実行していくということなのです。



ココ、とっても重要なのですが、

毎月の投資と、
まとまったお金からの投資を、

まったく違う「入り口」
まったく違う「投資」として、
認識する必要なんてぜんぜんないのです・・。

(どちらも同じ、ひとつの投資。)

▼ こちらの記事もご参考に!
拡大つみたてにすれば、投資すべきお金を無駄なく入れることが可能に

あ



関連記事

| つみたて投資 | 16:33 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |