FC2ブログ

2018年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

★★★★★(星5つ)、これって買うべき?


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

個別相談
モーニングスターの『格付け』
スターレーティング)について
質問を受けることがあります。

中には
星の数が多いファンド群を印刷して、
わざわざお持ちになる人もおられます。

星の数による『評価』は
分かりやすいですね。



わたしも、
(定休日の火曜日に)
映画を観に行くときは

★★★★★
★★★

気にしていますw

映画だけではありません。

食べログで
イタリアンレストランを
検索するときも、

アマゾンで書評を見るときも、
もう、
頭の中に

『星の数・評価』のしくみが
インプットされています(^^;



じゃあ、
投資信託でも


Morningstar-Recognition-2.png


を見て、

これから購入すべき
投資信託を決めてもよいのか・・?

いいえ、
わたしはお勧めしません。



投資信託という商品は
映画や、レストランや、書籍とは
本質的に異なります。

過去の「中身」(= 成績)が
当てにならないためです。



映画「エクソシスト」は
あなたが土曜日に観ても、
わたしが火曜日に観ても、

はじめから終わりまで
「中身」は同じですね。


「イタリアンバル Figao」に行って食べる
ワタリガニのパスタの味は
(いつ行っても)同じのはず・・。

水瀬ケンイチさんのベストセラー
『お金は寝かせて増やしなさい』の中身も
1ページ目からラストまで
まったく同じです。


でも、
投資信託は違います。

同じ効用(効き目)が
いつも・期待できるわけでは・ないのです。


運用業界では
こういう言い方をします。

そのファンドの『過去の成績』は、
未来の『パフォーマンス』を
保証するものではありません。



もっと平たく言うと?

『過去の実績』と
『未来の成績』はまったく別物なのです。


星の数による
ファンドの『格付け』は
ファンドの
過去の成績への【評価】に過ぎません。


モーニングスターのレーティングをもとに
投資信託を選ぶのは避けたほうが無難でしょう。

▼ こちらの記事もご参考に!
WSJの記事『モーニングスターの幻、投信格付けの真実』

あ




関連記事

| 投資信託をディープに理解する | 12:46 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |