FC2ブログ

2019年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年03月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『売りたい病』にかかりやすいのは、つみたてNISAそれとも特定口座?


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

(以下、
つみたてNISAが出来る前の話ですが、)

2017年、2014年や2007年当時、

つまり、
マーケットが好調だったときに
しばしば頂いた【ご相談内容】とは?

「カンさん、
わたしの投資信託どうしましょう?」


??


つまり、
株式市場がどんどん上昇して、

ふと気付いてみれば、
何十万円も【利益】が積み上がっている。

人によっては
その状況だけで「そわそわ」
してしまうものなのです。


「も、もしかしたら、
取りあえず
一回売ったほうがよいのでは?」


そういう心持ちになって、

売りたいという【誘惑】から
抜け難くなった人を
わたしは何人も知っています。

これって?

「儲けを確定させたい!」
という抑えがたい衝動ですね。


無題


お気持ちはよーく分かります。

何しろ、
何十万円、何百万円もの【利益】が
積み上がるなんて、
とても非日常的なことですから・・。

「じゃあ、売却されたあと、
そのお金はどうされますか?」


とわたしが伺うと、

答えに窮する人もいれば、

「また、
つみたて投資をします。」


という人もおられます。

えっ?

(これ、偽らざる心情なのです・・)


もちろんここまで
『悩みの海』には浸らずに、

「まだまだ
自分の資産運用は
(映画で云えば、10分、15分を
過ぎたところだから、)

慌てずにどっしり構えよう!」と、

自分に言い聞かせ
運用を続ける人もたくさんおられます。


もうひとつ。

利益が膨らんでも、
売りたいという【誘惑】から
逃れられる要因があります。

それは、
税金(TAX)です。



mig.jpg


利益が出ているときに
投資信託を売ってしまうと、
けっこうな【税金】を支払うことになります。

「あー、それってもったいないなぁ」


ということで、

私たちは
投資信託を
売ることを止めます。


そう、
これって、
通常の口座(特定口座)のお話ですね。


私たちはふだん意識しませんが、

特定口座は、
課税口座であるからこそ
解約に『抑止力』が働き、
長期投資を貫きやすいのです。



無題


では、つみたてNISAは?

つみたてNISA最大の障壁は、
非課税口座であるがゆえに
売りたい病』にかかりやすいことでしょう。


仮に、つみたてNISAで
月3万円のつみたてを10年続けて、

2028年末に
あなたの運用資産が
360万円 ⇒ 730万円くらいに
増えていたとしましょう。


けっこうな利益です。

売りたくなったりしませんか?


【今、売ったら、
370万円の利益がすべて非課税なのですよ!】


※ もちろん、2028年末に売却すると
それまでの「非課税枠」は
すべて使い切ったことになります。


つみたてNISAでは
長期投資に徹し、

投資信託の取り崩しを
【ルール化】するという、
気持ちの規律が必要になってくるのです。

『売りたい病』にかかりやすいのは
特定口座より、
つみたてNISAなのですよ。(ご注意、ご注意)


465-125.jpg

    3月17日()in 長野 ← はじめて。
    3月21日()in 東京
    3月23日()in 名古屋
    3月24日()in 大阪




関連記事

| つみたてNISA | 15:38 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

バンガードETF、VTの経費率が年0.09%に引き下げ!


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

バンガードETFの
【経費率】の改定が発表されています。
『リリース』はこちら


バンガード

※ 左側の数字は改定後。
右側の数字は改定前。上記図表は
バンガード・インベストメンツ・ジャパンの
リリース内容から一部抜粋しています。


一例ですが、
「バンガード・トータル・ワールド・ストックETF」(VT)の経費率が、とうとう年0.09%まで下がってきました。

(まさに)隔世の感あり・・。


バンガードETFの
けいぞくコストの
【断続的な】引き下げは、

ついつい、
毎年の「桜の開花予想ニュース」のように、
当然のこととして
受け取ってしまいがちですが、

(もう)これは
本当はスゴイことなのです。


VTは2008年に設定されましたが、
1年後の2009年6月、
楽天証券にて念願の『取扱い』が始まりました。

そのときの経費率は・・?
年0.30%。

「えっ、ウソ!」

「ホントです。」


楽天

楽天証券サイトより。


「でも、カンさん。
インデックスファンド(ETF含む)って、
規模の商売だから、

純資産額が大きくなればなるほど、
(運用の中身は同じだから)
コストの引き下げってし易くなるんでしょ?」


はい、それはそうです。

でも、バンガードの場合、
それだけではないんです。


同社に独特な『会社形態』が、
持続的なコスト引き下げを
可能にしているのです。


??


皆さんは、
日本の漢字生保会社、
よくご存じですよね。

(ニッセイとか、明治安田とか、住友生命とか・・)

たとえば、
明治安田の正式名称は、
明治安田生命保険相互会社です。

あのー、相互会社って?


保険に入っている人(契約者)自身が
会社の「社員」になっている形態です。


(実は)バンガード社も
それに似た形態を持っています。


02d928c.jpg

(※ 余談ですが、
先般亡くなられたバンガード創設者
ジョン・C・ボーグル氏が
この「相互会社形態」を目指したことは
画期的なことだと思います)


バンガードでは、
バンガードのファンドを保有する人
(ファンド保有者)が、

バンガードという会社そのものを
『所有』しているのです。


換言すると、
バンガードという会社は、

ファンド保有者以外によって
「所有」されていないということ。


つまり?

つまり、
【外部の株主】が存在しないのです。



ちょっと想像してみてください。

【外部の株主】がいなければ、
その人たちのために
「利益」を出したり、
「配当」を出したりする必要がないので、

【ファンド保有者のほうだけを向いて
経営ができます。】

結果、実質的に
【実費経営】が可能になる、というわけです。

(ココ、伝わっていますか?)


icon01.png


わたしよりも数倍、
このスキームについて
詳述した記事を、

2012年に
日本経済新聞社の
田村正之さんが書かれています。

日本と大差、米巨大投信「顧客本位」の秘密

以下、同記事からの引用です。

「同社は資産が大きくなって収入が増えて
コストを上回ってくれば、

それぞれの投信の決算期ごとに、
その分、エクスペンス・レシオを引き下げて
投資家に還元し続けている。

『かかったコスト(実費)だけしかもらわない
実費経営がバンガードの基本』(バンガード・インベストメンツ・ジャパンの加藤隆代表)なんだ」


※ エクスペンス・レシオとは経費率のこと。
※ 加藤隆代表は当時(2012年時点)


来年以降も、
VTをはじめ、
バンガードETFシリーズの経費率は
逓減を続けていくことでしょう。

(ホントはすごいことなのに、)
それを当たり前に
粛々と実現していく
バンガード社の姿勢には頭が下がる思いです。

(あっ、そんなバンガードETFに
投資を行うインデックスファンド、

楽天・バンガード・ファンド』も、
けいぞくコスト、引き下げてくれますよね?)

【追記】 2019.03.13

はい、楽天投信投資顧問さん、
ちゃんと実行してくれました!
「楽天・バンガード・ファンド」シリーズ実質的にご負担いただく運用管理費用の引き下げについて

あ




関連記事

| インデックス投資全般 | 15:59 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2月26日の「ひと言」


  インデックス投資家には

   スリム男子が多い?


baby-surprised-340x231_20170306144244226.jpg




関連記事

| 今日のひと言 | 17:46 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

株式市場は誰からも束縛されず、ズル休みもしません


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

株式市場とは、不思議なところです。

デイトレーダーとして
1分、1秒の
株価の変化を見逃さず、

ロング(買い建て)
ショート(売り建て)の両方から、

市場の一瞬の「歪み」を
突こうとする人がいます。

あるいは、
超長期保有で、
前回証券会社の画面にログインしたのが、
8年前という人も実際に存在します。


どのようなタイプの参加者に対しても、
Mr.マーケットは
いっさい気を遣いません。

もちろん、
誰の味方もしません。


超然として
無視(スルー)」を
決め込んでいるのです。

そういう姿勢を
わたしは格好いいと思っています(^^;


株式市場は、
誰からも「支配」されません。

独立性を維持しています。

その国の政府でさえも、
「明日、必ず株価を上げる!」
なんて約束は出来ないはずです。

無数の投資家の
無数の資金によって
市場は動いているので、
それはまさに
小さな社会』そのものなのです。


あと、
マーケットに参加するのに、

国籍、年齢、性別、居住地、
出自、宗教、資産の規模、政治的信条
いずれも問われません。

(ただお金と口座が要るだけ。)

ここに参加する人たちには
『自由意思』があります。

(同時に、
恐怖と欲望をコントロールする
『自制心』も求められます。)


大株主にでもならない限り
匿名性が保持されますから、

市場参加者の具体的な面々を
私たちは普段意識しません。

個人、法人、素人、ベテラン
金融機関、各種基金
持ち金も
1000億円、600万円、13万円、さまざま。
投資スタイルも実に様々・・。


006.png


この個性豊かな
市場参加者たちは
みな、モノの見方が違います。

たとえば
市場が暴落を繰り返しても、

ひとつの会社の株価には
「値段が付きます。」

これは
株を売って、
でも(それを)買っている人がいる、
ということ。

『取引』が成立しているわけです。


逆に、市場が高騰する中でも、
株を売る人がいて、
また(それを)買う人がいます。

『取引』とは、
真逆の見方を持った、
市場参加者のかりそめの出会いのこと。



このような
無数の市場参加者の売り買いの結果、
その日の【株価】(数字)が現れます。


stock-prices.jpg


日々刻々と変わる「数字」は
決して特定の誰かの意思ではなく、
マーケットの総意、なのです。



また、
Mr.マーケットはズル休みをしません。


風邪を引かないで
ぎっくり腰にもならないで、

調子が良い日も
悪い日も、
必ず毎日、市場を【開けます。】

そう、「連続性」が
維持されているのです。

ですから、
株式市場がはじき出す数字は、
日々の温度、湿度のように
公の【物差し】となります。

あなたが持っている株式ファンドも
毎日独立して、連続して
開いている市場(マーケット)があるからこそ、

重みのある基準価格を
日々刻んでいるのです・・。

あ



関連記事

| 投資の発想法 | 18:16 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

春一番!4ヵ所縦断【投資の三重奏を学ぶセミナー♪】のお知らせ


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

当オフィスの投資ポリシーは、

グローバルに分散された
低コストの「インデックスファンド」を
積み立てていきましょう。


というもの・・。

この【お題目】は
これからも変わらないのですが、

iDeCo、つみたてNISAという
【便利な器(うつわ)】が登場したために、

「投資ポリシー」そのものを、

以下3つの器に、
バランスよく
落とし込む必要が出てきました。


〇 便利な器 (iDeCo)
〇 便利な器 (つみたてNISA)
〇 フツーの器 (特定口座)



無題


相談業務を重ねる中で、

iDeCo、つみたてNISAという
器(うつわ)ごとで、
「何を買おうか?」「どうしようか?」と夢中になり、

運用資産全体で見ると
『あれれ?』の状態になっている人が
増えてきているように感じるため、

「こりゃイカンな!」と思い
このセミナーを作りました(^^;

今回は春一番!
4ヶ所縦断』いたします。

3月17日()in 長野 ← はじめて。
3月21日()in 東京
3月23日()in 名古屋
3月24日()in 大阪



画像2


当セミナーでは、

1.iDeCo、つみたてNISAという
税制優遇のメリットの裏側の、

注意点】や
勘違いしやすいところ】も交えて解説いたします。


2.通常の口座(特定口座)と合わせた
3つの入り口の賢い活用法を
余すところなくお伝えいたします。



3.パワーポイントは使いません!


わたくしカンが楽しく、かつ
パッションを持ってお話しいたします。

4.事例満載。


個別コンサルティングの実績を生かし、
さまざまな【アドバイス事例】をご紹介します。


5.質問の時間をたっぷり設けます。


当日は『個別の
具体的な質問』をぜひご用意ください!
(質問コーナーを30分程度設けます)

あとはわたしが
体調管理に気を付けるだけです(笑)


 〇 3月17日()in 長野 ← はじめて。
 〇 3月21日()in 東京
 〇 3月23日()in 名古屋
 〇 3月24日()in 大阪

セミナーの詳細&お申し込みコチラからどうぞ。


465-125.jpg

 (ひとりでも多くの皆さまにお会いできることを
    楽しみにしております!)




関連記事

| セミナーのお知らせ | 07:56 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

アメリカの投信の歴史を紐解けば、日本の今後が見えてくるかも・・


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

日本とアメリカを
「投資」という物差しで比べた場合
おそらく、

アメリカ人 ⇒  投資に馴染む
日本人   ⇒  投資が怖い?


という『印象』があるのでは?

でも、ホントにそうなのでしょうか?)


ベトナム戦争の泥沼にはまった米国は、
1970年代、
株式市場が「冬の時代」を迎えていました。

※ ダウ平均は1972年に
1000ドルに達しますが、
1982年になるまで
長期の停滞相場」から抜け出せませんでした。


graph1970-19791.gif


驚くなかれ、
当時、個人の金融資産に占める
【投資信託の割合】は
1%~2%ほどしかなかったのだそう。


規制緩和、抜本的な改革は
もっとも情勢が悪い時に起こるといいますが、

1971年、アメリカではMMF
【マネー・マーケット・ファンド】が誕生します。

MMFとは
アメリカ国債、譲渡可能定期預金証書(CD)、
コマーシャル・ペーパーなどを組み入れる
元本確保型投資信託のこと。



預金に比べ
高めの利回りが期待できるため、
株式にアレルギーがある当時の人たちに
好意的に受け入れられました。

何を隠そうこのMMFは
アメリカ人のお金が、

銀行業界から、
証券業界へシフトする
きっかけ』を作ったのです。

(その後、MMFの隆盛が逆に、
預金金利自由化への流れを作ります・・)

※ そういえば日本でも、
1980年代に、

中期国債ファンド、
公社債投信などの
元本確保型の『投資信託』が流行りましたね。


1123676.jpg


現在、アメリカは
【投資信託王国】というにふさわしいほど、
投信のマーケット規模が巨大になっています。

○ 2011年の時点で、
世界の投資信託の純資産残高は
「23兆ドル」程度でありますが、

そのうち、
アメリカが半分近く、
およそ「11兆ドル」を占めています。



「やっぱアメリカ人って、
投資が好きなんだ。
リスク選好の人たちじゃん!」

と思われがちですが、
いえいえ、それって
単に国民の嗜好ではないのです。


ずばり、アメリカでは、
投資を促すような、
【4つの環境】が整っていました。

1.1975年に、
株式の売買委託手数料が自由化。
(金融市場に『競争原理』が起こり始めた)

2.1978年に、
確定拠出年金制度
401(k)プランが導入される。

3.1974年、税制優遇がある
個人退職口座(IRA)が誕生。

4.1980年代以降、
アメリカ株式市場が長期の右肩上がりに。




senro.png


正直、
2.と3.に関していえば、

【便利な制度】を作って
【税制優遇】というメリットも見せてあげ、

「毎月定額で、
投資を続けてくださいよ!」
というアナウンスを徹底しただけ・・。


実は米国の
【投資信託の保有者】うち、

企業が提供する
「確定拠出型年金」(401K)を通じて
「はじめて投資信託買ったよ。」
という人が、
6割近くに上っているのです。

この【事実】は重要です・・。


また、
投資信託の「純資産残高」を見ても、

米国では、

○ 確定拠出の年金制度(401(k)プラン)
○ 個人退職口座(いわゆるIRA)


この2つの制度を通じた
投信の「保有残高」は、
投資信託全体の【4割強】を占めています。


「つまり?」

つまり、アメリカ人が特別
投資に詳しいとか、
リスク選好型とかではなく、

【便利な制度】が作られ、
【税制優遇】というメリットもあり、

投資をコツコツやっていこうという
文化』が育っていっただけなのです。




daidougei_juggling1.png


翻って日本ですよ!

日本でも、
個人型、企業型を問わず、
「確定拠出年金」を通じて

投資信託とはじめて出会う人が
どんどん増えています。
(あっ、つみたてNISAも。)

〇 個人型・確定拠出年金・・ 100万人突破!
〇 企業型・確定拠出年金・・ 650万人突破!
〇 つみたてNISA・・    100万人突破!



今後、
利用者の潜在ニーズに寄り添った
『大胆な改革』を実行すれば、

(自然と)投資信託を保有し、
長期投資にいそしむ人が
増えていくのではないでしょうか?

わたしは以前、
こんな記事を書きました。
NISA口座 + 個人型確定拠出年金 = 投資優遇口座!


ほんとうは
20歳以上の全国民を横断する、
NISA+確定拠出年金というイメージの、

シンプルでフラットな
『投資優遇口座』を作るべきだと思います。

(企業型DC、iDeCoとかNISAとか、
複数の税制優遇制度に分かれていては
周知徹底上、「もったいない」と思うのです。)

あ




関連記事

| 投資信託をディープに理解する | 16:58 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT