FC2ブログ

2019年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

つみたて投資の試練・・


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

最近、ツイッターをよく見ています(^^;

つみたてG(長期投資中)@甘味投資家さんの
ツイートを見ていたら、


つみたてG

という呟きが目に入りました。

(たしかにそうですね・・)


あなたが
月3万円のつみたて投資を
まるまる3年間続けたとしましょう。

元本は 108万円で、
でも少し利益が出ていて
運用資産は120万円に!

去年の12月ではないですが、

この運用資産が
マイナス10%になれば、

金額ベースでは
『-12万円』となります。


ところが、
つみたて投資を始めて
丸14年が過ぎたらどうでしょう?

あなたの元本は504万円。

仮に利益が出て
運用資産が800万円になっていたら、

成績がマイナス10%になると?
その金額ベースは
『-80万円』です。


1616 マーケットのアップダウン


そのうち、
毎月のつみたて金額も増やして
丸25年の運用期間を経て、

あなたの運用資産が
2000万円くらいになっていて、

成績がマイナス10%になれば、
金額ベースでは
『-200万円』

仮にマイナス20%だと?
その金額ベースは
『-400万円』です。

キツイですね・・。


これが【つみたて投資の試練】です。


最初の頃は、
毎月毎月の「つみたて」が
まさに
あなたの『資産』を
築いていると実感できるわけですが、


『つみたて歴』が長くなってくると、
もう否応なく、

ワタシは
まとまった資金を運用している人!


という「感覚」に近づいていきます。

毎月積み立てる行為より、

それまでに積み上がった
『運用資産』の増減を、
気にしてしまうことになるのです。


ここから、
だれも逃れることは出来ません・・。


kaidan_man.png


資産が120万円のときに、
マイナス10%、
マイナス20%の大きな下落が起こっても、

『口数がたくさん買える!』
=『チャンス』と思いやすいのは、

「仕込みの量」
= 今後のつみたて金額のほうが

今積み上がっている資産より
圧倒的に大きいからですね。



運用資産が2000万円のときに、
マイナス20%の大きな下落が起こっても、

『口数たくさん買える!』
=『チャンス』と思えるには、

「仕込みの量」
= 今後のつみたて金額が
ある程度潤沢に存在したほうがよいわけで・・。


でも誰でもいつか、
つみたてが
出来なくなる日が来ますから、

やはりその日に備えて
計画的に自身の『ポートフォリオ』を
保守化していく必要があります。



あっ、でも、
明日、ベットで目覚めたら、

急に
『運用資産が2,000万円になっていた!』
ということはありませんから・・(笑)


02d928c.jpg


つみたて投資では、
「運用資産」が積み上がるのと
「あなた」が投資に熟練していくのは
同時進行】です。


換言すれば、

あなた自身が
資産額ベースで見た
大きなアップダウンに出会うまで、
時間的な猶予』があるということ!


結局のところ、
(つみたて投資で)
どれくらいのスピードで
資産を積み上げていくかの【決定】は、

あなた自身が
どれくらいの時間があれば、

投資家として
成熟できると思えるかと
深く関わっているのです・・。

▼ こちらの記事もご参考に!
つみたて投資は下り坂でも徐行運転?




関連記事

| つみたて投資 | 18:47 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |