FC2ブログ

2019年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

コンサルティング専科『相談件数』トップ7の発表!


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

今、新しいサイトの製作準備のため、
これまでの『ご相談事例』
(そして解決事例)を類型化しているところです。

どんなお悩みを持った人が
コンサルティングを利用しているのか、

FP(ファイナンシャルプランナー)の仕事の
理解につながればと思い、

当オフィスの『相談件数』トップ7
発表いたします。


【相談案件「第7位」!】

〇 相続があって
自分ではよく分からない株式、
投資信託、不動産等を引き継いだ。
このままでよいものか、客観的なアドバイスが欲しい。


⇒ 相続財産はもともと
自分のモノではないため、
現状のまま保持される例が散見されます。

しかし、そのまま放置すると?
(過剰で偏ったリスクを
背負っている状況になります。)

自身のリスク許容度、
望まれる運用スタイルを明らかにし、
『資産のお引っ越し作業』を行うことが肝要です。

すなわち、
「今保有する金融商品群」から、
「あなたのニーズに合致した
ファンドの組み合わせ」へのお引っ越しです。


無題


【相談案件「第6位」!】

〇 住宅ローンを組んでいます。
ローン減税の恩恵も受けていますが、
繰上げ返済を行ったほうがよい気もしています。

また、資産運用と繰上げ返済の
バランスの取り方が分かりません。


⇒ 住宅ローン減税は税額控除のため、
メリットは大きいです。

ただ、おおむね金利1%以上で
ローンを組んでいるなら、

繰上げ返済は
(ローン減税と比しても)
即効性のある資産運用の一種と
捉えることができるでしょう。

まずはマネー診断、
そしてリスク許容度、
ライフイベントの聞き取りを行い、

資産運用と繰上げ返済の
最適なバランスをご提案します。


【相談案件「第5位」!】

〇 外貨建て個人年金保険、終身保険、
変額保険、変額年金保険の取り扱いに苦慮している。

(投資信託のほうが
メリットが大きいという意見もあるが、どうなのか?)


⇒ お金を増やすニーズは?
投資信託に任せる。

そして、万一の保障のニーズは
保険に任せる。

この『分業体制』を確立すれば、
ムダな買い物は省かれ、
かつコストも削減することができます。

万一の保障は、
「定期保険」または「収入保障保険」のみで
賄いましょう。

自動車保険を思い出してみてください。
「保険」に貯蓄や投資の役割を求めるのは
そもそも得策ではありません・・。


ChristineLucas-CompleteMindandBody-personal-coaching.jpg


【相談案件「第4位」!】

〇 深く考えず投資信託を買い続け、
気付けばファンドが10本以上になっている。
自分の運用をもっとシンプルにしたい。


⇒ リスクの分散は、
ファンドの本数で決まるわけではありません。
投資対象の「重なり」がないかチェックしましょう。

(その後、個々の投資信託の
良し悪し」を見極めてまいります。)

また、ヒアリングによって、
自身でファンドを組み合わせるか(DIY型)、
バランスファンド(おまかせ型)を選択するかの
決定も行います。

〇 よりコストの安い投資信託に上手に移したい。


⇒ 2017年頃からインデックス・ファンドの
『超低コスト化』が始まっています。
つみたて先のファンドを乗り換え、
コスト負担を軽減させる具体策をアドバイスいたします。


【相談案件「第3位」!】

〇 確定拠出年金(iDeCo・企業型)
つみたてNISAの特徴を理解して、
自分の投資にうまく取り入れたい。


⇒ 税制優遇口座を活用し
「節税」に努めることは、
運用リターンの底上げにつながります。

ただし、制度の注意点、デメリットも
理解しておく必要があるでしょう。

最初にマネー診断、ついで
リスク許容度の聞き取りを行い、
資産配分(ポートフォリオ)を決定します。

通常の口座(特定口座)と合わせた、
複数の窓口の具体的な活用法を
アドバイスいたします。


1434454545-3867.jpg


【相談案件「第2位」!】

〇 老後に備えて資産運用を始めたいが、
どの投資信託を選べばよいか分からない。


⇒ 投資信託は長期投資のパートナー。
したがって「長く存続してくれること」が
何より重要です。

また、過去の運用成績、
純資産額の推移、
手数料、販売会社の数など、

さまざまな観点から
投資信託の「良し悪し」を見極める必要があります。

マネー診断、次いで
リスク許容度の聞き取りを行い、
資産配分(ポートフォリオ)を決定します。

大元の
「貯蓄」と「投資」の割合を定めたのち、
毎月の投資額、
まとまった金額からの投資額を決定します。

(当オフィスでは、
毎月ベースは純粋な「つみたて投資」、
まとまったお金については「拡大つみたて」を
お勧めしています)


【相談件数「第1位」!】

〇 今保有している保険商品、投資信託、
個別株(自社株)などを整理して、
シンプルな運用のしくみを作りたい!


⇒ もっともご相談が多い事例。

お客様が『ほんとうは
どんな運用スタイルを求めているのか?

に注力して、ヒアリングに時間を割きます。

アドバイスのポイントは、
(ズバリ)「お引っ越し。」

「今保有している金融商品群」から、
「あなたのニーズに合致した
ファンドの組み合わせ」へ、

具体的な「引っ越しの計画」を策定し、
その実行をサポートいたします。


トップ7の発表は以上です。

どんなご相談でも、
面談終了時点で「スッキリしました!」
という感想をいただくと、
この仕事にやりがいを感じます。

(なお、
コンサルティング専科』では
およそ9割のお客様が
90分~120分の相談時間で
お悩みを解決されていますよ。)

あ




関連記事

| しんようFPオフィスのコンサルティングが見えてくる? | 17:40 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |