FC2ブログ

2019年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年06月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

投資信託を買い換える(お引っ越しの難しさについて)


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

誰でも「違う服」を着るのは、
けっこう勇気がいるものです。

でも(いざ)
新しい服を着てしまうと、

服に合わせて
あなた自身の見映えも変わってくるもの。

同じことは
資産運用でも起こります。


あなたはメモ帳片手に
これまで保有してきた
投資信託の「問題点」を列挙します。

〇 Bファンドは投資対象がちょっと狭い
〇 Dファンド、Fファンド、Hファンドは
けいぞくコストがちょっと高い

〇 あれ?「投資対象」が同じファンドを
3本も持っているわ

〇 AファンドとEファンドで
一部「投資対象」が重なっているなど・・。



そこで、あなたは

「これまでの投資信託たち」から、
「これからの投資信託たち」に
お引っ越し】をし、
(すなわち『買い換え』をし)

「新たな運用の体制」を
目指すことにしたのです。


investment.jpg


ところが・・、

あなたはこの機に及んで
身動きが取れなくなります。

「あーあ、わたしは今持っている
債券ファンドや株式ファンドを
いったん売らないといけないんだ・・

そう考えると、
なかなか重い腰が上がりません。


それに今は、
米中の貿易摩擦、そして
次世代のハイテク覇権の争いで、

株式市場はこの先、
どんな反応を示してくるか読み切れません。
(大きく下がって来るかもしれません・・)

〇 果たしてこんなときに
【引っ越し】をしてもいいのか?

〇 もうちょっと待ったほうがいいのでは?

〇(そもそも)
どんなふうに引っ越しをすればいいの?

〇(そもそも)
「これまでの投資信託たち」を
ホントに全部売っちゃっていいの?


これって、誰もが思い悩む『問題』でしょう。


まず、申し上げたいのですが、

現時点での「ベスト」と思われる形に、
自分の資産運用を進化させようとしている
あなたの姿勢がまず、素晴らしいです!

bravo.png

(向上心を持っておられる証拠!)


で、
わたしなら、以下のようにアドバイスいたします。

仮に、

〇 従前に背負っていた「リスクの量」と
新たに背負うことになる「リスクの量」が
それほど変わらず、

〇 この先、資金を入れていく年月が
15~20年以上あるのなら、


「これまでの投資信託たち」から、
「これからの投資信託たち」に
きれいに【お引っ越し】をすることに賛成であり、

今、
エイヤー!といっぺんに
「売って」 ⇒「買って」の
【お引っ越し】をしてしまって問題ありません・・。



仮にあなたが
複数のインデックスファンドを組み合わせて、

「これからの投資信託たち」で
ポートフォリオを作るなら、

「eMAXIS Slim シリーズ」(三菱UFJ国際投信)
「購入・換金手数料なしシリーズ」(ニッセイアセットマネジメント)の中から選ばれれば問題ないでしょう。


あなたがやることは、
ファンドを「売る」ことではなく、

あくまで、
「売って」⇒「新たに買って」という、
【お引っ越し作業】です。

引っ越し後も、リスクを負って
資産運用を続けることに
なんら変わりはないわけです。

(ただ、間違っても、
「売って」と
「新たに買って」の間に
『タイムラグ』を空けたりしないよう・・)


尾瀬


市場(マーケット)の動向が
気になるのは重々分かりますが、

市場が、
あなたのために
存在すると思ってはいけません。


幸か不幸か、
マーケットのほうは
まったく『あなた』のことを、気にしてはいないのです。


あなたが、
「これまでの投資信託たち」を
保有し続けようと、

6月の第一週に
「これからの投資信託たち」に
きれいに【お引っ越し】をしようと、

市場(マーケット)そのものの動き方に
1ミリの違いも生じません・・。


ですから、
あなたはあなたの都合で、

ファンドの買い換えをしたり
新たに資金を入れたり、
ファンドを一部解約したりして良いわけです。

先は長いですから、
現時点で「ベスト」と思われる
運用体制に移行しようとする
あなたの選択は正しいのです。

あ

関連記事

| ポートフォリオ運用 | 17:32 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

確定拠出年金(企業型)の「制度移行金」にご注意


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

今までコンサルティングの中で、
何十もの「確定拠出年金(企業型)」の
商品ラインナップを拝見してきました。

中には月の拠出額が
5000円程度しかなく、

「カンさん。これだと一所懸命運用しても、
増えるのは雀の涙くらいですね。」


と言われるお客様もおられました。


が、あえて断言しますが、

確定拠出年金(企業型)という器は、
あなたにとって
格好の『練習台』となります。



ファンドを組み合わせ、
あるいはバランスファンドで
実際につみたて投資を経験していく・・

その中であなたは、
〇 「毎月の掛金」の配分割合を
維持していくだけでなく、

〇 積み上がっていく
ご資産ベース」でも
資産管理を行うことの重要性を学ばれるはず。


厚生労働省のこちらの資料によりますと、
3月31日現在で
「確定拠出年金(企業型)」に加入する人は  

ナント689万人を超えています。


無題


日本では
確定拠出年金(企業型)= 企業型DCを通じて
『投資』と出会われる方が圧倒的に多いのです。


この2019年度中に
新たに「企業型DC」をスタートさせる企業も
多いことと思います。


導入の『経緯』でもっとも多いパターンとは?


これまで確定給付型の企業年金や
退職一時金制度を導入していた会社が、

その一部、または全部を
企業型DC』に移行するケースです。

もちろん、従業員であるあなたには
「大きな出来事」ですよ!


(あなたにとって)一番分かりやすい導入例は、
将来分のみの移行」でしょう。

??

これまで積み上げた
確定給付型の企業年金等における「原資」は
維持しながら、

今後の勤務で発生する分のみを
企業型DCに移行するパターンです。


aa403bf1b6382deeedd63cf69f72dc52--google-search.jpg


「はい、田中一郎さん、
企業型DCでのあなたの拠出額は
月額9800円になります。

これが「配分指定書」です。
商品ラインナップの中から選んで
「%」で配分の指定をしてくださいね」


と言われるわけです。

田中さんは配分指定をして、
書類を提出すればOK!


定時拠出

(ウェブサイト上で行うケースもあり)

このような
定時拠出の『配分指定』のみなら、
(通常の)投資信託のつみたてと同じですね。

シンプルに毎月「掛金」を
積み立てることから、
投資をスタートさせるわけです。



ところが・・、
注意が必要なのは?

「まとまったお金」の移行もあるケースです。


??

これまで確定給付型の企業年金や
退職一時金制度で積み立てた「原資分」も、
企業型DCに移行しますよ!
というケースですね。

この移されるお金のことを
『制度移行金』と云います。



たとえば
勤務してすでに10年~20年以上
経っているような場合、

この過去の「原資分」が
相応のまとまったお金になることがあります。


このケースでは、
あなたは『ふたつの決定』を
しなければなりません。


pillthumbnail.png


1.毎月の掛金について、
【金融商品】と【配分の指定】

2.制度移行金について、
【金融商品】と【配分の指定】


おそらく紙ベースであれば、

・毎月の掛金用の「配分指定書」と、
・制度移行金用の「配分指定書
2通をもらうはずです・・。


さて、ここからです。
ふつうに考えれば、

〇 毎月の掛金の「配分指定」と、
〇 制度移行金の「配分指定」は
『同じ』にするのが正解ですね。

(もちろん「同じ投資信託」にして・・)


が、しかし、
ここは三歩下がって、
ちょっと深呼吸をしてみてほしいのです。


shinkokyu_woman_2018021917361986d.png


田中一郎さん(43歳)が、
仮にふつうの資産運用・・、
すなわち「特定口座」を用いて

これからはじめて運用に取り組むと
想像してみて欲しいのです。

(超ビギナーですよ。)

田中さんは
毎月2万円で「つみたて投資」を始め、

まとまったお金440万円についても
運用を始めようかと考えています。

その際、440万円分、
いっぺんに投資信託を買い付けるでしょうか?


どうでしょう?)


わたしなら、
『分割投資』を強くお勧めしますよ。


別に企業型DCの導入で
440万円の「制度移行金」が入るからといって、

一度に、
投資信託を
買い付けなくてもよいのです。



publicdomainq-0006065kqv.jpg


〇 毎月の拠出については
配分割合を指定し、
粛々と投資信託を積み立てていきますが、

〇「制度移行金」については
わざと「定期預金 100%」に指定して、

その後、
たとえば一例ですが、

17.6万円 × 25カ月のように
「つみたて投資」をすると認識し、

毎月規則的に
・『定期預金』を17.6万円分売却し、
・『投資信託』を17.6万円分購入していくことで、

資産配分(ポートフォリオ)を
作っていったほうがよいとわたしは思います。


そのこころは?

ある程度時間を掛けて、
リスク資産を積み上げるということ。



企業型DCという箱の中でも
資産運用を行うマインドは、

(通常の投信つみたてと)
まったく同じなのです・・。

追記)

退職一時金からの制度移行金については、
制度導入年度から4~8年をかけ、
均等分割して資金を移行させるようになっています。



 【真夏の・4ヶ所縦断・セミナー開催!】
 
465-125.jpg
    
    7月13日()in 名古屋
    7月14日()in 大阪
    7月15日()in 福岡
    7月20日()in 東京

※ 確定拠出年金(企業型)に加入しているあなたにも、
  有益なセミナー内容です。
  (できれば『商品ラインアップ』をご持参くださいませ)




関連記事

| 確定拠出年金(iDeCo、企業型) | 18:15 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『定年』は男性だけのものではありません・・


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

「ステレオタイプ」ってよく言いますね。

定年退職の日に
職場で大きな花束を贈られて
拍手でもって送られる・・


定年


ひょっとして今あなたは、
そんな定年退職の人を
「男性」とイメージされましたか?

もちろん、ですが、
「女性」にも定年退職はあります。


1986年に
男女雇用機会均等法が施行され、
たとえばその年に就職した女性は
2024年に「在職38年」を迎えます。

先日、確定拠出年金アナリストの
大江加代さんの以下コラムを拝読して、
いろいろと考えさせられました・・。


第1回
職と給料を失う「定年Hanako」に居場所はあるか

第2回
『「Hanako世代」の定年後がかなり憂鬱な理由
(東洋経済ONLINE。連載は5回の予定)


hanako.jpg


男性はがんらい不器用で、
(定年退職で)「仕事」がなくなってしまうと、

自分がするべきことが見つからず、
「抜け殻」のようになってしまう人が多いと聞きます。

が、大江さんのコラムによると、
これから『定年』を迎えるサラリーマン女子も、

実は
『職場以外に自分の居場所がない・・』という
同様の悩みを抱える可能性があり、

そこを深掘りしてみると、
(男性とは)また違った「悩み」が
浮かび上がってくるのです。



以下、引用)

働き続けてきた女性の場合、
家事がある程度おろそかになっていても、
それほど気にしないでいられたのは、

会社あるいは給料で自分が
評価される立場にあったことが大きいと思います。

ふとそれに気づくと、職場を失うことで
自分の心が従来どおりのバランスを
保てるかどうかに自信がなくなり、

定年後の時間の長さが心にのしかかってくるのです。

引用、終わり)


なるほど・・。

同じ女性でないと
なかなか書けない文章だと思います。

大江さんの場合は
45歳になる直前で会社を辞められ、
予期していなかったストレス症状に
悩まされたのだそう。

(その後、
「自分の好きなこと」に携わる場を持つため、
パン屋さんでパートとして働き始めたそうです)



xf4045127298w.jpg


また、長年「サラリーマン女子」として
働き続けた結果、
男性の思考回路が身に付いてしまうとも
指摘されています。

そして、会社に長く居ると
「組織」としていかに物事を
効率的に進めていくかという
「会社脳」が備わってしまうのだそう・・。

つまりは・・、「男性脳」+「会社脳」!


男性の場合は定年後、
オトコ同士で集まることがあっても、

互いに「男性脳」+「会社脳」に
染まった同士が愚痴ったりするだけですが、

「男性脳」+「会社脳」に染まった
サラリーマン女性が定年後、

「地域社会」「女性のコミュニティ」
馴染んでいく難しさについては、
正直わたしは想像すらしたことがありませんでした・・。


以下、引用)

女性に男性脳が備わっていると、
会社のような男性社会では意思疎通がしやすく、
とても便利です。

ところが、会社を離れて地域社会、
あるいはフルタイムで働いた経験のない女性が
多く集まる場所に行くと、
ストレスを感じやすくなるといいます。

引用、終わり)



そして、
女性の定年後の人生時間は
男性より長くなります。



955459-elderly.jpg


少し昔のデータですが、
以下、アメリカにおける場合です。

1.(2001年において)
60歳以上の全人口のうち、女性が占める割合は
おおよそ60% 。

85歳以上の人口のうち、
女性が占める割合は(なんと)70%。

2.(ベビーブーマー世代の女性のうち)
10人に7人が夫よりも長く生きると予測されます。

3.65歳以上の方のうち、独りで生活する女性は
独りで生活する男性の約3倍に上ります。



女性のほうが長く生きるとは?

経済的なケアが(男性と比して)
より重要であるだけでなく、

日々の生活が
精神的に満たされているかどうかが
(男性以上に)重要になってくるということ。

「自分ひとりで過ごすセカンドライフの時間」が、
誰にとっても
信じられないくらい
『長くなっていく』・・


もしかすると、

私たちはまだ、
【長く生きることのリスク】を、
社会全体で分かち合えていないのかもしれません。

〇 こちらの記事もご参考に!
50代のうちに自分に宿題を課そう。→ 「2番目のキャリア」はどうするの?

あ




関連記事

| 人生をプランニングする | 14:30 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ジャパネットたかたが金融商品を販売する日も近い?


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

「・・とうとう来たか」と思いました。

ジャパネットたかたが
日本一周クルーズ10日間の旅を
販売し始めたのです。


ジャパネット

(参照記事はこちら


ジャパネットって?
「家電の」テレビショッピングという
イメージがありますが、

あらゆる商品・サービスを取り扱う
ショップチャンネルそのものと
捉えたほうがよいでしょう。

ジャパネットが
トスカーナ地方のワインを売ったり、
お風呂の椅子を売ったり、
そして・・「金融商品」を売ってもよいわけです。

わたしは上記クルーズの旅のLIVE番組を見て、
ジャパネットが遠くないうちに
保険商品を売る日が来ると確信しました。


願わくば・・、
投資信託を売る日も来てほしいと思います。

そういえば昔、
こんな記事を書いていましたね(懐かしい・・)
ジャパネットたかた+投資信託 「何を」売るのか・・

あ



関連記事

| 投資信託をディープに理解する | 20:38 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『リ・バランス』まで実行してはじめて、「ぼくはポートフォリオを組んでいます」と言えるのです


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

ファンドの組み合わせを行う、
すなわち『ポートフォリオを作る』って
なかなかにスゴイことです。

かなり高度な分散(Diversified)の実践、
と言っていいでしょう。

「ポートフォリオで運用しているよ」という人は、
これで最強のリターンが達成できるぞ!」と
思っているわけではありません。


じゃあ、どう思っているの?


カンタンです。

ポートフォリオを組んでいる人は、
「ちゃんとリスクをコントロール出来ているわ!」と
自負している人なのです。


この、
リスクをコントロール出来ているわ、は、

「いつも同じ程度のリスク(量)を負っているわ」
という意味です。


この自負が、
体の隅々まで行き渡っていれば、

毎年の【リ・バランス】
生活のルーチンとして
何気に出来てしまうはずなのです。


rebalance_2016103017494173f.jpg


ここ、
とっても大事なところですが、

ファンドの組み合わせ
「= ポートフォリオを作っています」
の真の意味は、

「資産バランスのズレの補正も、
定期的にやっています」という行為を
含みます。

ただ、複数のファンドを選んで、
「つみたて」を続けているだけでは、
『ポートフォリオを組んでいる』とは言えません。



なぜ『リ・バランス』が必然かというと、
これを行わないと、

いつも同じ程度のリスク(量)を負っているわ!
にならないためです。

それはたとえるなら、
会議室の机がズレたままの状態であり、

運転中、右に引っ張られても
ステアリングで調整しないままの状態であり、

ソーサーに傾いたままコーヒーカップが
乗っている状態と同じです。


日頃、お客様のお話を伺っていると、
『リ・バランス』の作業を、

なにか、
自分から仕掛けないといけない能動的な作業、
新たな、プラスアルファの行いであると
勘違いされている人がいます。

これ、間違いですよ。

『リ・バランス』とは
単なるズレの補正です。

ズレをもとに戻すだけのこと・・。



それは会議室の机を
定位置に戻すことであり、

クルマのステアリングで
進行方向のブレを調整することであり、

コーヒーカップとソーサーを
正しい位置に置き直すのとまったく同じこと。


senro.png


しかも・・
(毎週するとかではなく、)

ほんの、半年、1年ごとの補正です。

「・・・・・実は、
リ・バランス、一度もやったことがなくて・・・」


という、そこのあなた。


このままだと、
マーケットが上り調子のときは
リスクの取り過ぎで、

マーケットが下り調子のときは、
(ほんとうはチャンスなのに)
過小なリスクしか
取っていないことになりますよ。


どうも『リ・バランス』が苦手で・・・
という人は、

あなたの資産を、
「バランスファンド」という器に
入れ直す
ことを検討しましょう。


20150803124641a0a_201709121001392de.png


これも念のため、申し添えますが、

『リ・バランス』を自前でするか、
(バランスファンドで)外注するかは、

単なる選択の違いであり、
そこに優劣は存在しません・・。


(要はどちらでも、あなたに
「フィット」するほうを選べば良いのです)

〇 こちらの記事もご参考に!

「リ・バランス」の初歩的な考察 1
「リ・バランス」の初歩的な考察 2
「リ・バランス」の初歩的な考察 3
「リ・バランス」の初歩的な考察 4

あ




関連記事

| リ・バランスとは? | 16:15 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

動 → 静 → 動 → 静 → 動


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

本当に、
ほんとうに10万年前に
生まれなくて良かったと思っています。

狩猟採集の時代では、
こんなにか細く、視力も悪い男子は
とうてい生き残れなかったでしょう。

(マンモス獲れないですし・・)

個人的に思うのですが、
人が目的地なしにぶらぶら「歩く」、
「移動する」ことに心惹かれるのは
狩猟採集時代の名残りなのでは・・。


その後、農耕社会になって、
「狩る」から(農作物を)「育てる」になり、
生きていくのはずいぶん楽になったと思います。

(わたしのような者でも)
何かの役には立つよという、
間口広めの社会になったのです。


ここから、
動く」ではなく「定住(静)」の
世の中となります。


「ひとつの集落」に生まれ、
ずっとそこで暮らし、
ライフステージを同じ場所でこなして、
最後、同じ集落で死んでいく・・

そんな何千万、何億という
人生があったことでしょう。


その後また、
大きなイノベーションが興ります。
そう、蒸気機関が発明され、
「鉄」の時代となったのです。

鉄道も、蒸気船も
まさに移動の「動」ですね。

「動」→「静」→「動」


『八十日間世界一周』という小説が
発表されたのは1873年のこと。


80日世界一周


そういえば、
19世紀後半以降、
鉄道株といえば、
今のIT株と同じように、
時代を象徴するマーケットの花形でした。

(ヒトもモノもお金も、
どんどん移動するようになりますが、)

「鉄の時代」でも、
わたしは自分という資産を
時間で切り売りする「労働者」になるくらいしか
選択肢がなかったでしょう。


その後、
」から「石油」に花形は移行し、
先進各国は驚異的な経済成長を成し遂げます。
(2度の世界大戦があったにも関わらず・・)

青春』という概念が生まれたのも、
20世紀が
圧倒的に豊かな社会となったためなのです。



そして次の波が
情報通信革命でした。

地理的に「移動」し尽くした人類が、
「インターネット」によって
もうひとつの「空間」(社会)を作り上げ、

物理的な限界を飛び越えて、
いわゆる「ロングテール」が現実のものとなります。


long tail


わたしの仕事(FP)など、
まさにテール(しっぽ)の
端の端のほうであり、

ニッチでか細いニーズを
全国ベースで汲み上げています。


そう、
インデックス投資のアドバイスなんて、
ネットの時代だからこそ、
成り立つビジネスなのです。


そして今、5G時代を迎え、
より大容量のデータの授受が可能になり、

「動」かずに、
自宅で仕事をし、
自宅から動画を配信し、

テレビ会議を実施し、
VRを自宅で体感することが可能になりつつあります。

VRが進化すれば、
たとえばパリに行かずとも、
いかにもパリの街角に立っているような、
高度な『疑似体験』も可能になってくるでしょう。


image0212.jpg


そうすると?

そうすると、
ここからは明らかに
「静」の時代になるのでは・・。

「動」→「静」→「動」→「静」



やがて人類の需要も、
そして供給も飽和し、
第二の中世のような時代がやって来れば、

またヒトは「動」くのでしょう。

今度は宇宙です・・。

今月9日、
アマゾンCEOのジェフ・ベゾス氏が
壮大な「宇宙コロニー」の構想を発表しています。
詳細はこちらの記事を。

この「宇宙コロニー」は、
地球近くの宇宙空間に
1兆人!が収容可能な円筒形のコロニーを作り、

希望があれば
地球と行き来する生活もできるとのこと。


(わたしはもう間に合わないですが、)

たとえば
100年後の学生同士の会話で、
「オレ、宇宙に行く事にした・・」
というセリフが聞かれるかもしれません。



最後にベゾス氏のメッセージを。

以下、引用)

「それほど遠くない未来には、
現在地球上で行われている多くのことを
宇宙で行うことが容易になるでしょう。

我々は地球を離れなくてはいけなくなります。
人間が地球を離れ、地球はより良くなるのです」

引用、終わり)


まさに、
「動」→「静」→「動」→「静」→「動」の
パラダイムシフトですね。

そして → のときにこそ、
投資の大きなチャンスは訪れるのです。


あ




関連記事

| 人生をプランニングする | 19:21 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT