FC2ブログ

2019年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

「投資についてどうしたらいい?」と聞かれたら、あなたはどう答えますか?


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

ずずずさんのこちらの記事を読みました。
投資環境が整ってきたというが投資始めたい人へどのように話すか

これってけっこう身近なトピックです。
かつ、扱いが難しい問題ですね。

知人、友人が
「投資についてどうしたらいい?」と
あなたに聞いてくる・・。


その人は?
(もちろん)
投資に興味を持っているわけです!


ただし、注意点としては
あなたがイメージし、
実感している「投資の像」と、

友人が抱いている
投資に対する「像(イメージ)」が
違っている場合があるということ。


151026_couple-values-difference4.jpg


ここはまず、
ウォーミングアップ的に
軽~いアドバイス&確認作業をしてみては?

〇 別に一度に投資しなくても、
分けて投資していくやり方もあるよ。

〇 別に最初からまとまったお金で
投資しなくてもいいんだよ。
(あとから投資金額を増やすこともできるし。)

〇 できるだけ広い投資対象のほうが
リスクが分散されるよ。

〇 取りあえず始めたら
あまり一喜一憂せず、
放ったらかしにするくらいがいいよ。



そして次ですが、
わたしも
ずずずさんが記事内でおっしゃっている、

〇 ネット証券(SBI or 楽天)
〇 つみたてNISAという『税制優遇口座』

〇 全世界株式インデックスファンド
(一例:
eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)


におおむね同意です。


『つみたてNISA』は将来の利益に対して
非課税になる制度なので、

投資のスタートを後押しする
大事な「一手」になり得ます。

ただし、
年間の枠が40万円
月に直すと33,333円なので、

この金額ベースを勝手に
『基準値』として敷いてしまうと、

「あっ、ワタシそんなにお金ないからいいや」と、
解釈されてしまう可能性があります。



つみたてNISAでも、

「最初のつみたて額は
月1000円とか
3000円とかでぜんぜん問題ないよ。」


としっかり伝えましょう。

次に、
もっとも難しいのは『投資対象』でしょう。

全世界株式ファンドに投資をした場合の、
そのアップダウンの振れ幅(リスク)
イメージしてもらうには、

「波はそこそこ、
いや、相当に大きいよ・・」と、
あらかじめ言っておいたほうが良いでしょう。



wave.jpg


現に、
『全世界株式インデックスファンド』を
もし2008年に保有していたら、

その価値が「マイナス50%程度」に
落ち込んでいたわけで、

これくらい大きく変化する可能性がある、
ということを申し添えておきましょう。


これが↑『ハードル高!』と感じる人は、

「eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)」や
「世界経済インデックスファンド」、
「楽天・インデックス・バランス・ファンド(均等型)」
「楽天・インデックス・バランス・ファンド(債券重視型)」
などのほうが、

投資対象としてはふさわしいと考えます。


※ 最初の一歩ほど「高尚な一歩」はありません。
数年経ってもしリスク許容度が増したら、
その時点からつみたて対象を
「全世界株式インデックスファンド」に変えてもよいわけです)


【追記】

「投資についてどうしたらいい?」と
聞いてくる友人でも、
相当にリスクに対する選好度が低い人もいます。

また、始めてからすぐに
目に見える形でメリットがあってはじめて
「投資が続けられるよ」
というタイプの人もいるでしょう。

gatag-00005219.jpg

そういう人には、
「60歳まで引き出せない」
「途中で制度から降りられない」
ということを説明したうえで、

iDeCoのほうから
先に勧めてもいいかもしれませんね。


そして投資対象は
「先進国債券インデックスファンド」あたりから
始めるのもアリだと思います。

とにかくポイントは?


小さく始める、ということです!

あ




関連記事

| 投資の発想法 | 12:27 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |