FC2ブログ

2019年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

とっても地味なSMTアジア新興国株式インデックス・オープン


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

昔むかし、
「ノムラAP21 アジアマーケットコース」
という、インデックスファンドがありました。

当時としてはたいへん珍しい
『東アジアの株式』に投資を行うファンドだったのです。
(もう繰り上げ償還されてしまいましたが・・(-_-;)

わたしの記憶では、

〇 香港・台湾・韓国で
(組み入れ比率の)およそ8割を占めていたと思います。

※ 当時の「香港」には、
相当割合、中国本土の企業が含まれていたのです。
 

ときは下り、2011年に新たな
「アジア株式インデックスファンド」が登場します。

それが、
SMT アジア新興国株式インデックス・オープン』です。


アジア

当ファンドは
年に1度の決算ですが、
これまで一度も「分配金」を出していません。

(賢明ですね・・)

6月28日時点の基準価格が
「21,793円」ですから、

(分配金の影響は除けるので)
8年弱で、
ファンドの価値が2倍以上になっている計算です。


が、しかし・・・、

「地味」なのです(-_-;)


純資産額は20億円弱しかありません。


投資信託の業界を見ていると、
ファンドの概念(コンセプト)は立派なのに、

それがうまく
世の中に伝わっていないケースがあります。

わたしが思うに、
当該ファンドは
『SMTシリーズ』の中で、

「SMT 新興国株式インデックス・オープン」の
おまけ的】に
リリースしたのがいけなかったと思います。


たしかに、
『SMT アジア新興国株式インデックス・オープン』の
指数は、

「MSCI エマージング・マーケット・アジア・インデックス」であり、

これって、
「MSCI エマージング・マーケット・インデックス」の
サブ・指数です。

⇒ 専門家から見ると、

「SMT 新興国株式インデックス・オープン」を
【オンリーアジア】に絞り込んだものが、
『SMT アジア新興国株式インデックス・オープン』になる感覚でしょうか。



Welcome-to-asia-view-tours-S.jpg


でも、個人投資家って、
必ずしもそういうふうには見ていないのでは?

「アジアの株式」と
「新興国全般の株式」って、
意識の中で微妙に異なるのです。

『SMT アジア新興国株式インデックス・オープン』の
中身は、
思った以上に個性的だとわたしは思います。


以下、指数ベースとなりますが、
18年11月現在、
組み入れは9ヵ国であり、

その『組入れ比率』は、

〇 中国42.2% 
〇 韓国18.9% 
〇 台湾15.4%
〇 インド12.5% 

となっています。


(そう、インドも入っているのです)

以下、タイ、マレーシア、インドネシア、
フィリピン、パキスタンと続きます・・。

「企業の数は?」 ⇒ 計881社です。


当該ファンドの
最新の運用レポートはコチラ(PDFファイル)

組み入れ上位の国では、
ケイマン島、中国、香港と
分かれていますが、

これらはすべて
広く「中国企業」と分類できます。

ただし、
香港市場に上場する中国企業が多いため、

組み入れ上位の「通貨」では、
香港ドルが30%近くを占めているのです。


hongkong dollar


「ところで、
上位組み入れ企業トップ7は?」


1.テンセント
2.アリババ
3.サムスン電子

4.台湾セミコンダクター
5.中国建設銀行
6.平安保険
7.チャイナモバイル となっています。


最後に、
『SMT アジア新興国株式インデックス・オープン』の
概要ページを見てみると、

運用レポートについては
直近「3回分」を載せ、

また、交付運用報告書、
運用報告書(全体板)とも、

直近「4期分」を載せてくれているのは
たいへん有り難いことです。

運用管理費用は
税抜で0.6%とビミョーなのですが、
当ファンド、
もっと頑張って欲しいと切に思います・・。

あ






関連記事

| インデックス投資全般 | 19:01 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |