FC2ブログ

2019年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

リ・バランスって冒険なの?


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

最初に用語の整理をしておきましょう。

〇 自分が当初決めた資産配分を
「これは違う!」と感じて、

新たな資産配分(ポートフォリオ)に作り直すことを
【リ・アロケーション】と言います。


〇 自分が当初決めた「資産配分」が
月日が経ってズレてきたため、

元の割合に戻してあげることを
【リ・バランス】と言います。


上記二つは(行動としては)
『まったく違っていますね。』


残念ながら、
資産配分を元に戻すだけの「リ・バランス」を、
多くの人が誤解しているところがあります。

「先進国株式を4割持とう」
「先進国債券を3割持とう」と
自身が決めた「資産配分」を、

(その割合がズレてきたため)
ふつうに元に戻すことは、

ズレたまま
ハンガーに掛かっているスーツを、

「元に戻す」のと
まったく同じではないでしょうか?



スーツ


これって何もアクティブな行為ではないですし、
恣意的でもありません。


「リ・バランス」を
多くの人が誤解しているのは、

〇 いつやればいいのか?
〇 どのようにやればいいのか?
という『ルール化』のところが曖昧で、

恣意的な行いと映ってしまうからでしょう。


ひとつずつ見ていきますね。

(リ・バランスを)
〇 いつやればいいのか?
という命題に対して、

資産の状況を
あなたのほうからいちいち観に行く
(= チェックする)必要はありません!



「一定期間ごと」で、
資産の現状を(なかば義務的に)
【定点観測】するだけ・・。


たとえば、

年に1回、田舎に帰省する。
年に1回、部署内で歓送迎会をする。
年に1回、子どもの運動会に参加する。
年に1回、自動車保険の更新をする。
年に1回、ビルの屋上の「避雷針」をチェックする。

そういう「恒例行事」と同じです。


また、
〇 どのようにやればいいのか?
という点も答えはとてもシンプルです。

(割合が増えた)投資信託を売って、
そのあと、
(割合が減っていた)投資信託を買う。

すなわち「一度にする!」


ズレたまま
掛かっているスーツを「元に戻す」のに、
少しずつ『する』人はいません。

一度にしますよね?

なぜなら【元に戻すだけ】だからです。


niji.png


年に1回(ないし2回)の
『リ・バランス実行日』は、

その『日にち』まで
事前に決めてしまったほうがよいでしょう。

〇 まず「月」を決める。
誕生月、年度末、12月、1月?

〇 日にちも決める。
第4週の金曜日。月の最終日。 
月のはじめ。給料日。
あなた自身が覚えやすい日を・・。


もちろん、
投資信託を売って、買ってという作業をすれば、
「複数日」時間がかかってきます。

が、大事なことは、
リ・バランスの「し始め日」
予め決めてしまうこと!


そして、
【定点観測の日】を動かさず、
繰り返し継続し、ルール化する。


(ちなみにどの「月」が
リ・バランスに有利とか、そういうものはないですよ(^^)


suimin_man.png


運用資産の群れは、
1年365日、忙しく動き回っています。

が、あなたは
その運用の『土俵』をはるか彼方に眺めながら、

365日のうち、たった数日、
ポートフォリオという観点から、
資産状況を覗き込んで、

ズレた部分を
エイッ!と
元に戻す。


「あとは?」

あとは・・
半年寝太郎、1年寝太郎でよいのです(^^)


9月にリ・バランスする大川さんが、
8月にマーケットの大きな変動を経験しても、

「ワタシのリ・バランスは9月18日だから。」と、
平然と構えてよいわけです。

リ・バランスでもっとも重要なことは
【規則性】ですから。



くれぐれも、
マーケットのアップダウンにつられて、
恣意的に、
不規則に
「リ・バランス」をしてしまわないこと。

虫とり小僧さんの
こちらの記事も参考になりますよ!
機械的なリバランスはアクティブな投資行動なのか


あ




関連記事

| リ・バランスとは? | 17:34 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |