FC2ブログ

2019年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

『FTSE 世界国債インデックス』って何のこと?


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

どうも「債券」を勘違いしている人が多いようです。

〇 かなり絞り込んでいる・・
〇 よりリスクを負っている・・

そういう自覚があまりないまま、
ひとつの銘柄』として

なんとなく南アフリカ共和国の国債を
買ってしまったりしているのです(-_-;)

南アフリカだけではありません。
たとえば、一銘柄として
7 年満期の「オーストラリアドル建て債券」を買うことは、

(株式でいうところの)
個別銘柄を買うのと同じです。



具体例を挙げてみましょう。

eMAXIS Slim 先進国債券インデックス」という
投資信託があります。

これって正確にいうと、
【先進国債券】ではなく、
【世界主要国の債券(国債)】なのです。

なぜなら、
eMAXIS Slim 先進国債券インデックスが連動を目指す、

『FTSE 世界国債インデックス(除く日本)』は、
↑フッチィーと読みます。

新興国の国債も組み入れているためです。


今現在、日本も含んだ場合の
『FTSE 世界国債インデックス』の
国・地域別の組入れ比率は?

〇 アメリカ  38.38%
〇 西ヨーロッパ 30.69%
〇 イギリス   5.22%
〇 日本    19.29%
〇 その他   6.43%

となっています。



hand-towards-rising-sun.jpg


その他には、オーストラリア、カナダ、
マレーシア、メキシコ、ポーランド、シンガポール、
南アフリカなどが含まれます。

そう、マレーシア、メキシコ、ポーランド、
南アフリカといった「新興国の国債」も
組み入れられているのです。



あっ、申し忘れましたが、
この『FTSE 世界国債インデックス』は、
かつて『シティグループ世界国債インデックス』と呼ばれていました。

2017年にシティが指数事業を売却したために
現在の『FTSE 世界国債インデックス』に変更になっています。
(もちろん指数の連続性は維持されています)


次に、
『FTSE 世界国債インデックス』の格付けですが、

〇 AAA が  11.4%
〇 AA が   55.2%
〇 A は    26.04%
〇 BBB が   7.36% となっています。

(もちろん、すべて投資適格債券です)


ただし、
昨今は世界的な超低金利が続いており、
投資対象としての債券の魅力は減るばかりです。

なので、組み入れない?

・・たとえば株式の場合、
高値圏にあるからといって
購入をやめてしまうのでしょうか?



債券を何割持つ、
株式を何割持つという「ポートフォリオ」は
あなた自身の骨太方針であり、

仮に債券価格が下がっていき、
債券の比率が下がれば、
定期の『リ・バランス』でもとの割合に戻す。

ただそれを行うだけです。

株式がこれから先、
どのような軌跡を描くか分からないように、
債券(また金利)の動き方も所詮分かりません。



もうひとつ実例を。

外国債券インデックスファンド」という、
同じ「FTSE 世界国債インデックス」との連動を
目指す投資信託があります。

こちらは 2001 年の設定。
すでに18年以上の運用履歴を誇ります。

(運用会社は
三井住友トラスト・アセットマネジメント)



この外国債券インデックスファンドの、
18 年間の騰落率は?
およそ113%!
年率リターンでいえば「4%」程度になります。

債券のリターンでいうと、
少し「出来過ぎ」ですね。


ただし、当ファンドはただ漫然と
運用を続けてきたわけではありません。

「FTSE 世界国債インデックス」という物差しが、

【組入れ銘柄(国債)】だけでなく
【組入れ国】も変遷させてきたため、
そこそこ激動の「18年間」だったのです・・。



橋 日比谷


たとえば、
〇 ギリシャ、ポルトガルは指数から姿を消しました。

〇 マレーシア、ポーランド、南アフリカなどが
新たに組み入れられるようになりました。

国ごとの国債を注意深くみると、
『金利の上下』のしかたはまちまちの部分があり、

また『為替レートの動き』も
相対的でかつ不規則でありました。



たとえば
円という通貨ベースから見ると、

2006~2007年と、
2013年以降の円安トレンド、
また、2011~12年の超円高トレンドという
両極端を、幾度も経験しています。


債券という資産は、
金利の変動、そして、為替の変動に
その『収益』が大きく左右されるだけに、

一個の銘柄のみを買うのは戦術として正しくないのです。

広く銘柄を分散させ、
国も地域も、そして通貨も
分けて持つのが鉄則なのです。

最後に、
「FTSE 世界国債インデックス」(日本含む)の
ファクトシートはこちらです。※英語になります。

あ



関連記事

| 指数のお話 | 19:43 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |