FC2ブログ

2019年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

映画でオプション取引?


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

わたしが好きな俳優に
アンソニー・クインがいます。

彼がロードムービーの傑作、
フェデリコ・フェリーニ監督の「道」に出演した時のこと。


道

(1954年のイタリア映画。
同作品は彼の出世作でもあります)


主演であるアンソニー・クインの
ギャランティー(出演料)は、
映画の興行収入の 25% というものでした。
(ちょっと特殊ですよね・・)

さて、ここからふたつのことが「推測」できます。

1. フェリーニとクインの濃密な信頼関係
2. この映画が当たる可能性はけっこう未知数である
(なにしろ興行収入の25%ですから!)



当時、フェリーニの映画は
(一般の観客には)
難解で分かりにくいとされており、

芸術的な評価はともかく、
興行的には大いに??だったのです。


アンソニー・クインのエージェント(代理人)は、
試写が終わったあと
「この映画は最低だ!」と呟き、

「ギャランティー(出演料)の権利を売ってしまおう」とクインに持ちかけます。

そしてある人物が
15,000ドルでクインの権利、
つまり【興行収入の25%を受け取る権利】を買いましょう、
と申し出ました。

(この人物のことは未だにほとんど知られていません)


srufing_man.png


ここに「契約」が成立します。
上記のある人物とは(今日の概念でいえば)
れっきとした 投資家 であります。

そして上記権利の売買は
立派な【オプション取引】なのです。


で、結果はどうなったのか?
「道」は世界中で大ヒットします(笑)

「ある人物」は、自分が期待する
収益(リターン)とリスクの大きさを天秤にかけ、
15,000ドルという数字をはじき出したわけです。

あっ、もちろん、
フェリーニの「道」は、
そんなエピソードとは関係なく
世界中で多くの人々に愛されていますよ。


映画という産業が欲する
「資金調達」というニーズに応え、
さまざまな投資商品を仕立てていくことも
金融の大切な役割だとわたしは思います・・。

ビバ!映画。

あ




関連記事

| 経済よもやま話 | 18:10 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |