FC2ブログ

2019年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

投資の心得を『LDLメソッド』と呼んでみよう


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

この記事は
「あなた」に宛てて書いているというより、
あなたのお知り合いで

今まさに『投資と出会おうとしている人』に、
読んでいただきたい内容です。


たとえば「ヨガ」を習い始めるとき、
インストラクターの人から
ヨガの『心得』みたいなものを聞いたりすると思います。

それと同じように
初めて「投資」と触れるときに、

わたしならその『心得』として、

(月並みですが)
【長期・分散・低コスト】
お題目のように唱えることでしょう・・。


せっかくですから
ちょっと格好良く、
LDLメソッド』と書いてみましょうか。

02d928c.jpg


<成功する資産運用はLDLメソッド!>

L(長期)→ 時間を味方にして『安心』
D(分散)→ 偏りがないから『健全』
L(低コスト)→ 節約ができて『経済的』



ちょっと詳しく見ていきますね。

長期(Long-term)の意味は?


短い周期のアップダウンに
目もくれない習慣を、
少しずつ積み上げていくこと。

(これが『長期』の意味。)


株式市場の特性である、
気まぐれな部分
(とても感情的なアップダウン)は、
短期でしばしば出現します。

ここにはフォーカスせずに、

株式市場の「理に適った部分」、
すなわち、

「超長期では市場全体で見ると、
インフレ率を上回る成績を挙げているよね。」
という事実にフォーカスするわけです。


ThankYou_02.jpg

次に、
分散(Diversified)の意味は?


資産をあえて分けて、
国・地域もあえて分ける。

この「あえて」という言葉がポイントで、
あなたもわたしも、
もっと絞り込んで投資対象を「選べる」わけです。


選べるのに、
「あえて」絞り込まず、
意図的に投資先を散らすのが
真の『分散』の意味です。

また、投資時期も「あえて」分けます。
これを世間では
『つみたて投資』と呼びます。

どこにも「偏らない」体制ですから、
大きなリターンを諦める代わりに、
夜ぐっすり眠れるようになります(^^)


最後に、低コスト(Low-cost)の意味は?


投資対象からもたらされるリターンのうち、
金融機関側ではなく、
私たち投資家の「取り分」を極力増やそうとすること。

(結局コストだけが、私たちがコントロールできることなのです。)


正直、投資対象の成績がよいときは
負担する手数料は気になりません。

が、「けいぞく的にかかるコスト」は、
投資対象の成績がマイナスのときに
ボディーブローのようにじわじわと効いてきます。


fees_-_costs1.jpg


以上、身もフタもなく言ってしまうと
とってもカンタンな心得です。

この、
L(長期)D(分散)L(低コスト)を
投資の心得として、
ゆっくり進んでいけばよいのです。

ただし、一点誤解がないように・・。


わたしは「LDLメソッド」が
唯一無二の正解だとは思っていません。

投資の世界は深遠で、
その考え方、実践の幅は驚くほど広いものです。

わたしがあなたに強調したいのは、

「LDLメソッド」とは、
これまで水に触れたことがない人にとっての、
なんとか足が付く程度の15メートルプール」であるということ。



プール


つまりココを出発点にして、
自分が水に慣れてきたと判断すれば、

「水深2メートルの深いプール」や
「50メートルの競争用プール」に移動してもよいのです。

また、大海原に入っていってもよいわけです。
(その自由と責任はあなたの側にあります)


わたしの願いは、
ひとりでも多くの人に、

『LDLメソッド』を、
長い投資生活における
『最初のハブ』としていただきたい・・、

ここをスタート地点と見なして欲しい
ということなのです。




hub.jpg


(投資に限らず)
物事には順序があります。

「LDLメソッド」という根底を知らずに、
いきなりレバレッジ10倍でFXするとか、
株価急騰中のアメリカ株を買うとか、

それって、
水を知らない人が
いきなり海(うみ)に飛び込んでしまうようなもの・・。


今一度、あなたの投資状況が
L(長期)D(分散)L(低コスト)から
大きく外れていないか、
チェックしてみてくださいね。

あ




関連記事

| 投資の発想法 | 16:11 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |