FC2ブログ

2019年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

新興国の債券指数「JPモルガンGBI-EMグローバル・ダイバーシファイド」に中国が加わります


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

まずは
ウォール・ストリート・ジャーナルのこちらの記事から。
JPMorgan to Add China to Bond Indexes


WSJ3.jpg


記事によりますと
JPモルガンは2020年2月28日より、
同社が算出する複数の『債券インデックス』に
中国を加えると発表しています。

顕著な例として、

新興国債券の代表的指数
JPモルガンGBI-EMグローバル・ダイバーシファイド」に
中国の国債が加わることになります。


「ちょっと待って!
その『JPモルガンGBI-EMグローバル・ダイバーシファイド』ってどんな指数なのですか?」


はい、ここも具体的に見ていきましょう。
実際に同指数との連動を目指す
「iFree 新興国債券インデックス」を例に挙げますね。

当該ファンドの『月次レポート』を覗いてみましょう。


レポート勉強


★ 「JPモルガンGBI-EMグローバル・ダイバーシファイド」(円換算ベース)って?

以下、引用)

・JP モルガン社が算出し公表している債券指数で、
新興国の政府が現地通貨建てで発行する債券で
構成されています。

米ドルベースの指数をもとに、
委託会社が独自に円換算したものです。

・外国人投資家に対して
著しい不利益を与えうる制度等がある国は
除外されています。

・国別構成比率に、1 か国当たりの上限を設けており、
分散が図られています。

引用、終わり)



次に、
ブルームバーグのこちらの記事によりますと、

今回、中国の国債が
新興国債券の代表的指数に
採用されることによって、

ゴールドマン・サックス・グループのアナリストは
月30億ドル(約3200億円)前後の資金が
中国の債券市場に流入する可能性があると伝えています。



globalcurrency_mainbanner.jpg


具体的にJPモルガンは来年から、
9つの満期5年~10年の
『中国国債』を指数に加える予定です。

中国のウェイトは
1ヵ月ごとに1%ずつ上昇させ、
10ヶ月後には最大10%のウェイトになる模様。

(※ この10%が指数の規約上、
最大の組入れ比率となります)


中国にとっては、
銀行融資に偏った現状から、
債券を通じた資金調達の道を
広げることにつながるでしょう。

また、中国国債の
グローバル債券指数への組み入れは
「人民元の国際化」にも寄与します。


もし、あなたが
「eMAXIS 新興国債券インデックス」や
「iFree 新興国債券インデックス」を保有しているなら、

来年以降、
その「中身」は大きく変わることになるわけです。

最終的には以下のような組み入れ比率に・・。


新興国債券指数

画像元:ブルームバーグ
JPモルガン、中国国債を指標債券指数に組み入れ-新たな資金流入も


最後に・・、

債券指数における
次の組み入れ大国は「インド」になるでしょう・・。

あ




関連記事

| 指数のお話 | 12:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |