FC2ブログ

2019年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

iDeCoから投資を始めるのは賛成ですが、iDeCoだけであなたの投資が終わるわけではないですよね?


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

わたしは
iDeCo(個人型確定拠出年金)から
あなたの投資を始めることに賛成です。

きっかけ」としては最高の器ですから・・。

これは投資に限りませんが
単調に長く続く行為って、

目に見える「ご褒美」みたいなものがないと、
なかなか続けにくいもの。


その点iDeCoには
「所得控除」というメリットがあります。

資産運用の成績に関わらず、
定期的に「節税メリット」が受けられるのは
大きなご褒美でしょう。

でも、です。

長めのスパンで
未来を覗いてみて欲しいのですが、

iDeCoで始まった投資が
iDeCOだけで終わってしまうのは
ちょっと「もったいない」と思いませんか?


投資の専門家の中には、

『月2万円だけで行う投資と
2000万円相当の投資は違うよ。』

という人もいますが、
わたしはそうは思いません。


<基本は、同じなのです。>


Challenge-1024x584.jpg


まさにあなたは今
たとえば月2万円の掛金で、

iDeCoという器の中で
「小さく始めて、コツコツ続ける」という
投資のエッセンスを体感されているわけです。

そこから「より大きな器で、
投資を実践していくのは

あなたが思っているほど、
まったくの「別の世界」ではありません。


(・・それよりも、
投資の実践ゼロから、
毎月2万円の投資に辿り着くまでのほうが
よっぽど「別世界」だ思いますよ・・)

『大きな器で』を、
英語では
ビッグピクチャーと言いますが、

より大局的に捉えて
あなたの投資をどうするのか、
それをちょっと考えてみませんか?



さしずめ次のアクションは?
(もちろん)つみたてNISAです。

これも、
最大いくらぐらい積み立てができるの?
とか考えるのではなく、

まずは、
器をもう一つ持ってみよう・・
これくらいの気持ちでOKなのです。


iDeCoで掛金を積んでいるため
毎月の元手に余裕がない人は、
『ボーナス払い』を組み込んで始めてもぜんぜん結構です。

★ SBI証券を例に挙げてみましょう。
SBI証券のつみたてNISA操作方法


SBIのつみたてNISA


つみたてNISAは
「ボーナスコース」のみでの設定は出来ないため、

まずは「毎月コース」を選択し、
たとえば『100円』と
つみたて金額を指定してみましょう。

それにプラスして
「ボーナス月コース」を
たとえば、6月、12月と指定します。

SBI証券のつみたてNISAは
毎月、毎週、毎日、ボーナス月を問わず、
設定金額は『100円以上、1円単位』なのです!


以下、【具体例】・・。

「毎月コース」100円
「ボーナス月」
6月 11,400円 12月 11,400円と設定すると、
1年の拠出額は 24,000円 となり、

月に直すと・・たったの2,000円 !


★ つみたてNISAはiDeCoと違って
掛金の『下限』がうんと低く、
かつ、掛金の変更がいつでも出来ます。


これで
「ワタシはiDeCo、つみたてNISAという
ふたつのお得な器を使っているんだ。」と
認識できまね。

それから先は
2年あとでも、3年あとでも構わないのですが、
運用にもっと興味が湧いてくれば、

「(そもそも)ワタシって、
これから先、どのくらい投資にお金を回して、
どのくらい資産を積み上げられるのだろう?」


という、大局的な
ざっくりしたイメージを掴んでおくことも
大切になってくるでしょう。


big-picture.jpg


たとえば、です。

「まとまったお金からも
一部、投資に回そう」と思うに至れば、


もしかすると、

『iDeCo』
『つみたてNISA』
だけでなく、

特定口座』からの投資も
必要になるかもしれません・・。


さらに欲を言えば以下、
AプラスBの
【足し算】をしてみて欲しいのです。

A 向こう20年間で、
毎月の貯蓄から「つみたて投資」に回すお金
B まとまったお金から「投資」に回すお金


これって
投資に回すトータル資産】のイメージ。


numbers_gif-446492.jpg


もちろん、
これを考えるということは同時に、

【投資には回さないトータル資産】を
決定することにも繋がります。

【投資に回すトータル資産】が把握でき、
iDeCo、つみたてNISA、特定口座
それぞれの金額ベースが分かれば、

どのように投資信託をはめ込めばよいかが
より具体的に掴めるでしょう。


税制優遇口座を使い始めると、
ついつい「虫の目」で
細かい所ばかり気になってしまいますが、

大切なのはビッグピクチャー、
全体像を把握するチカラ』なのです。

(あっ、これは別に投資に限った話ではないですね・・(^^;


〇 第24回 9月28日()in 東京
〇 第25回 9月29日()in 北海道 ← はじめて!
〇 第26回 10月19日()in 東京

465-125.jpg

セミナーの詳細&お申し込みコチラからどうぞ。




関連記事

| つみたてNISA | 13:47 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |