FC2ブログ

2019年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

物体「X」との遭遇


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

物体「X」は、
あなたが社会人になり、
そこそこのサラリーを得られるようになると、
何気に思考の片隅に顔を出すようになります。

「やあ、どうも。こんにちは。」


あなたは「X」がそこにいて
挨拶しているのは分かっていますが、
直接声を掛けることはしません。


なぜって?

胡散臭いと思っているからです。

また、面倒臭いとも思っています。

なにしろ「物体X」の周りには
いつも雑多な情報が溢れていて、

ギラギラ一攫千金を狙っているような
肉食系の人たちが屯しているからです。



21-サングラス-デイトレーダ


そこでは、

・大きなお金が瞬時に行き交い、
・「売る」と「買う」がけたたましく交差し、

いかにも、
・周りに比べると温度も湿度も高そう。
・いつも勉強していないと置いてけぼりを食らう?

・結局一部の人がいい思いをして、
 自分はカモられるのでは?

・そもそも「X」を取り巻くしくみとか、
やり方そのものが分からない・・。



「アメリカFRBの利下げ」を受けて
投資家はどう行動すべきなのか?

いや、
分からないですけど。。

「今後はどのような銘柄に注目すべき?」

いやだから、
分かんないって・・。


あなたはもう、
頭の中が詰まってしまい、

ため息を一回ついて
結局、「ボクにはやっぱり関係ないや・・。
と思ってしまうのです。

日本全国でそう思っている人が、
わたしは400万人くらいはいると思っています。


はい、皆さん、

物体「X」とは・・
投資ですね。



1616 マーケットのアップダウン


わたしもかつて
あなたと同じように、
物体「X」とは閉ざされた
超マニアックな世界だと思っていました。

でも実は・・

私たちは
物体「X」の全貌というものを、
きちんと捉える努力を怠ってきたのかもしれません。


ギラギラ、
人の射幸心を煽るのも
たしかに「X」の一面ですが、

でも、それだけではないのです。

「X」さんには意外な一面があって、

長ーく
たまにしか見ていないと、


意外と紳士で
大人しくて
貫徹されたルールを持っていることに気付かされます。


そういうシンプルさに、

これまで多くの人が
注意を向けて来なかったため、
投資は、誤解されてきたわけです。


問題は【私たちの側】にあるのです。


「短期」で
「集中」して
「コスト」を掛けて
奪う・奪われるという投資の側面を
きれいに捨て去れば、

物体「X」が舞台とする
市場(マーケット)
別の面から捉えることが可能です。


それは?

市場を「長期」で捉え、
「広く(分散させて)」捉え、
無駄に動かず「コスト」をおさえ、

奪う・奪われるから逸脱して、
市場そのものの
「伸びしろ」だけに注目する、という
発想法です。

実は今日、
サラリーマンのあなたこそ、
長期・分散・低コスト型の『資本家』となることが
望まれているのです。

あ




関連記事

| 投資の発想法 | 17:46 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |