FC2ブログ

2019年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

気持ちと数字、カンタンそうで難しいのが『リスクの許容度』


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

たとえば最悪の1年に遭遇した場合、
運用資産の『マイナス幅』が5%を超えるなんて
ぜったいに許せない!

という人もいます。

これって、
「気持ち的に(主観的に)許せない。」

仮にこれを・・
気持ちの【リスク許容度】と呼びましょう。


実は「リスク許容度」には
もうひとつあります。

それは(客観的に見た)
数字からの【リスクの許容度】です。


たとえば、
1,000万円相当の
リスク資産を運用しているあなたが、

最悪の1年に遭遇し
10%のマイナス」を経験してしまいました。

1,000万円 ⇒ 900万円で、
金額にすると「マイナス100万円」です。


あなたは意気消沈し、
「もう自分の運用はダメではないか」と
落ち込んでいます。

が、実はあなたは
年間に150万円は「貯蓄」が出来ており、

たとえ運用資産で
「マイナス100万円」になっても、
年間のトータルで見れば、
資産そのものが落ち込むことはないわけです。


つまり、
あなたの財政状況から
冷めた視線を向ければ、

『資産運用における
100万円程度のマイナスは
十分に許容できる状況』にあります。


これが
数字からの【リスク許容度】です。


soccer_goalee.png


では、次です。

私たちにとって、

気持ちの【リスク許容度】と
数字からの【リスク許容度】、
いったいどちらがより重要なのでしょうか?

答え)
もちろん気持ちの【リスク許容度】です。


これって、
資産運用の初期の頃ほどそうですね。

人は「理屈」で生きていません。
「気持ち」がまずあって、
「生活(日常)」があります。

最初の、
気持ちの【リスク許容度】のところで
みょうに頑張り過ぎ、

万一抱えきれないストレスを
経験してしまうと、

もう、
投資の現場に戻れなくなる恐れがあります。


もちろん、
良い理屈、整った数字は、
人間の『気持ち』を安心させてくれます。

あなた自身が
数字からの【リスク許容度】をよく知ることで、

結果、気持ちの【リスク許容度】
高まっていくことがあります。


couple_man_woman.png


ところで
数字からの【リスク許容度】を知るポイントは、
客観要素」ではないでしょうか。

みずほ証券のこちらのページでは、
【リスクの許容度】の物差しを、

「年齢(時間)」
「家族構成」

「資産」
「年収」
「性格・経験」という

項目に分けて説明しています。



ひとつ挙げてみましょう。

以下、引用)

年齢(時間)

資金が必要な時期までに
長く運用できる人の方が、

損失がでたとしても、
資金が必要な時期までに
損失をカバーする時間があるので、
リスク許容度は大きい傾向

引用、終わり)


はい、理屈的に
フムフムと頷けますね。


では、
ここからちょっと「クイズ」です!

あなたと同年齢で、
同じ職場で、
同じ収入、同じ資産額で

おまけに毎年のお金の残り方も同じ
『Bさん』がいるとしましょう。


cropped-b-270x270.png


でも、

あなた・・独身です。
Bさん・・子どもが3人います。
(配偶者は働いていません)


どちらのほうが
数字で見た【リスク許容度】は高いですか?


次、あなたもBさんも独身とします。

あなた・・去年、
3800万円のローンを組んで
都心にマンションを買いました。

Bさん・・賃貸に住んでいます。


どちらのほうが
数字で見た【リスク許容度】は高いですか?


friends_kids.png


次に・・
あなたもBさんも、独身で
3800万円のローンを組んで家を買っています。

あなた・・
ご両親はすでに他界されています。

Bさん・・ご両親は資産家。
(おまけにBさんは一人っ子です)


どちらのほうが
数字で見た【リスク許容度】は高いですか?


理屈で考えれば「答え」は明快ですね。

どうぞこの機会に、
【リスクの許容度】には
気持ち、数字、両方あるのだと覚えてください。

(そして)くり返しになりますが、
まずは気持ちの【リスク許容度】を優先させましょう・・。

あ



関連記事

| 投資家の感情リスク | 18:07 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |