FC2ブログ

2019年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

貯蓄性保険の静かなる死


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

今日は日経新聞の記事からです。


nikkei ロゴ


生保、円建て貯蓄型休止も 明治安田など運用難で
 ~金利低下 強まる逆風~

ここから、引用)

明治安田生命は9月に
銀行窓口での販売を休止したのに続き、
10月には自社の営業職員が扱う商品も休止した。

同社が円建ての一時払い終身保険を
全面的に販売休止するのは初めてだ。

引用、ここまで)



日経の記事によりますと、
保険商品の予定利率は、

10年物国債と20年物国債の
市場金利に基づいて算出する
標準利率』を参考に決められるのだそう。

(記事によると、来年1月から
標準利率がはじめて「ゼロ%」となる見通し。


ということは『予定利率』は・・?


まあ現在、
日本の国債の「利回り」が
以下のようになってしまっているため、


国債の利回り

画像元:ブルームバーグ


貯蓄性の保険(円建て)はもはや
金融商品として体を成していないのです。

作り手側も、
収益が見通せない状況に陥っているのでしょう。

(日経の記事では
ソニー生命保険が11月から
代理店が扱う円建ての学資保険の販売を
休止すると伝えています。)


くれぐれもご注意いただきたいのは、
円建ての貯蓄性保険が
成り立たないからといって、

外貨建て保険に安易に飛びついたりしないこと!


『外貨建て保険』は立派な
投資型の金融商品ですから。


image.jpg


あっ、でも保険会社だけではありません。

『金利が付かない世界』では
銀行も利ザヤを稼げず
どんどん追い詰められています。


そもそも『預金』という金融商品は?

あなたが
銀行に
「お金を貸してあげる行為」です。



しかし下図のように、

銀行があなたから借りたお金(預金)を元手に、
企業にお金を貸しつける際、

なんとその『貸出金利』が
1%未満になっているのが珍しくありません・・。


融資の金利別内訳

画像元:ウォール・ストリート・ジャーナル


預金で金利が付くのは、
「昔はそうだったね・・」の世界に
なってしまったのです。

金利が付かない、
あるいはマイナス金利が常態化するとは、
まさしく【デフレ】が忍び寄っている証左です。

して「そのこころは?」

お金をお金のままで置いていても、
その価値が減らないことを意味します。


『預金』はもはや、

「お金を預かってもらう。」
「決済に利用させてもらう。」ための
】に過ぎなくなっているのです。


【デフレ】基調が鮮明になれば、

(金利が付かなくても
「お金」の価値が減らないわけですから、)

消費者(預金者)が
預金口座維持のために手数料
銀行に支払う時代が、
早々とやって来てしまうかもしれません・・。

〇 ロイター
【アングル:口座手数料、金融庁内に容認論 地銀は三菱・三井住友にらみ

〇 日本総合研究所
英国大不況下と世界的デフレについて

あ




関連記事

| 経済よもやま話 | 15:20 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |