FC2ブログ

2019年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

商品数がどんどん増えるつみたてNISAと、商品ライナップは35本までのiDeCo


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

つみたてNISA総合ガイド(モーニングスター)に
以下のニュースが載っていました。

つみたてNISA対象商品に
「野村資産設計ファンド(DC・つみたてNISA)2030・2040・2050・2060」と日興ETF4本


注目すべきは「新たに4本のETF」が
商品に加わることでしょう。

これで10月1日時点の
つみたてNISA対象商品数は173本に!


173本

画像元:金融庁


いえ、
増えることは
別に悪いことでは、ないはず。

ただ、
一体どこまで増えるのだろう・・。

金融庁としては、
指定指数にきちんと当てはまり、
運用管理費用も規定水準以下であれば、

(新たな申請に対して、)
断る理由は特段ないのでしょう。


でも、そもそも
つみたてNISAって【上限本数】は
想定していないのでしょうか?


たとえば、
指定指数ごとの「本数枠」ってないの?

あるいは、
運用会社ごとの「上限ラインナップ数」は・・?


もちろん、
実際の『つみたてNISAの取扱い本数』は
各金融機関で大きく異なります。

173本は、あくまで『登録の本数』です。


それでも、SBI証券、楽天証券では
取扱いがすでに150本を超えています。

次は「あなたの気持ち」を聞きたいのですが、

あなたはつみたてNISAの本数が
今より増えたほうが、
投資信託がより選びやすくなると感じますか?


YES?

ouen_man.png


じゃないですよね。


マニアックなニーズは
まだまだあるかもしれませんが、

ふつうの生活者が
長期の運用を行う前提でいえば、
もう、商品数は十分だとわたしは思います。

そもそも、同じ【指定指数】
(トピックスとか、MSCIコクサイ等)で、
こんなに本数がいるのでしょうか?


運用会社ごとの『ラインナップ』で云えば、

三菱UFJ国際投信は
つみたてNISAですでに「32本」もの
品ぞろえがあります。

でも
主に銀行でのつみたてNISAを想定して作られた
「つみたてシリーズ」と

「eMAXISシリーズ」と
「eMAXIS Slimシリーズ」で、
同じ投資対象が重なって、併存している状態・・。

(たいがい同じ『投資対象』は
同じ『マザーファンド』になっています。
じゃあ、こんなに本数要らないのでは?)


次です。
逆に『iDeCo』はどうなのでしょう?


ideco-image.png


ひとつの窓口での
商品ラインアップ数は「35本」に限定されています。
(これは昨年の制度改正で決まったもの。)

『本数』が制限されるのは、
わたしは基本的に良いことだと思います。

(ふつうの人にとっては
「数が多ければ多いほど、選び切れなくなるため。」)


ただ、
本数の制限があるため、
(仮に良い投資信託が出てきたとしても、)

「はい、これも!」と
安易にラインナップに加えることが出来ません。

すでに35本揃っている金融機関であれば、
何かを加えるためには?
(そう、)何かを除く必要があります。


iDeCoですでにラインナップされている
投資信託を除外するためには、

そのファンドを保有している人たちの
一定割合の『同意』を取り付ける必要があるのです。


このように
商品数に上限があり、かつ
商品の入れ替えに制約がかかるため、

iDeCoでは、

あとから参入すればするほど、
よりベターな投資信託の品揃えがしやすい
という矛盾を抱えています。


逆につみたてNISAは今のところ
本数制限」がないため、
新しいファンドを
あとからあとから付け加えやすいわけで・・。

(でもその結果『本数』だけが
節操なく増えていく可能性もあります・・)


0c8a6b6127614a86969741e2fd5d7792.png


また投資家目線で見ると、
現状、つみたてNISAのラインナップと、
iDeCoの取扱い本数に『格差』があるために、

投資家はふたつの「窓口」で
同じ投資信託を揃えにくい・・
という問題を抱えています。



わたしはたとえばつみたてNISAで、
もっと柔軟に
投資信託の入れ替え(採用・除外)が
出来たほうがよいと思います。

またiDeCoはより
ファンドの入れ替え(採用・除外)をしやすくしないと、

上限35本の商品ラインアップが、
長い目で見て「時代の変化」に取り残されてしまいます。


そのうえで、
私見ですが、

つみたてNISAは扱い本数をスリム化。
iDeCoは本数上限をもう少し増やして
「50本程度」にし、

ふたつの制度の『本数格差』を
縮める必要があると考えます。



もっとも重要なことは?

~投資家が商品を
「選びやすい」インフラ作りであり、
その商品群を(長期的に見て)
「入れ替えやすい」インフラ作りなのです。~



iDeCo、つみたてNISAの『特徴・注意点』を
3時間かけて体系的に学んでみませんか?


20190917-しんようFPオフィス様-19


<今年ラストの3ヶ所縦断セミナー!

〇 第27回 11月16日()in 東京
〇 第28回 11月23日()in 大阪
〇 第29回 11月24日()in 名古屋

465-125.jpg

セミナーの詳細&お申し込みコチラからどうぞ。




関連記事

| つみたてNISA | 18:09 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |