FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ユーロの意味、欧州連合の意味・・


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

太郎さんのひと言。
「カンさん。もうユーロって崩壊してしまうのですか?」

いえいえ、崩壊はしません。

たしかに今、ユーロは試練の時を迎えています。
しかし、それは同時に【私たちの試練】でもあります。

なぜなら、欧州連合の存在そのものが、
人類の【壮大な実験】であるからです。

考えてみてください。
異なる国家間で【ひとつの通貨】を使用し、
金融政策も自国以外に委ねてしまうなんて、
これまで誰もやったことがなかったわけです。

(んー、たしかに、
ローマ帝国なども共通の貨幣を造り、
単一の法制を持っていましたが、
しかし、あれは【武力による制圧】ですよね)

武力によらず、異国家間で統一通貨を作り、
金利の上げ下げも通貨供給量も
一元して委ねてしまうことは「史上初」です。

◆ 欧州連合(EU)が最終的に目指しているのは、
 【欧州連邦】という国家体なのです。

たしかに、今回の危機は深刻です。
おそらく投機筋はスペインやアイルランドを
次のターゲットに据えているのでしょう。

どれだけ債務残高が深刻になっているのか、
不良債権は厳しく見積もるといくらになるのか、
その数字が「不透明」であるからこそ、

投機筋は猛烈な【売り】を仕掛け、
大きな利ざやを得ようとします。

しかし、それは同時に
資産の価値が正常化するプロセスの一端なのです。

投機筋の「行動」が、
当事者に適切な「情報開示」を促します。

欧州連合(EU)は先日の会合で、
域内銀行の健全性審査(ストレステスト)を実施し、
7月後半にその内容を開示することで合意しました。

実際の「数字」が出てくることで
さらにユーロが売り込まれる場面があるかもしれませんが、
おそらくその辺りがボトムになるのではないでしょうか。

わたしは今回の【試練】を
ポジティブに受け止めています。

◆ 人は、トラブルが起きないと、
なかなか「改善」を実行できないものです。

欧州連合(EU)は今回のユーロ危機で、
互いの財政状況により深く干渉し、
ルールが守られているかどうかを
相互監視する体制に移行するでしょう。

これは実は、
【欧州連邦】に向けた次のステップなのです。

(話は変わりますが、)
EU内では、投資信託の設定、販売については
共通のルールが確立しています。

たとえば、パリで上場したETFは、
フランクフルトでもミラノでも
重複上場が容易にできます。

また、
ヨーロッパを旅行した方は実感できると思いますが、
EU域内ではもはや国境はないも同然です。

同じルールの元で約5億人の人間が
経済活動を行っているという【利点】を、
私たちは過小評価すべきではありません。

EUは、
アジア、中東、アフリカ、南米アメリカなど、
各地域共同体を模索する人たちが
固唾を呑んで見守っている【壮大な実験】なのです。

その先にあるものは?

・・いいご質問です。

もし、もしですよ、
来週、アラビア海沖にいきなり「未確認飛行物体」が
100機現れたらどうしますか?

えっ?
アラビア海だから、
インドとかオマーンとかパキスタンに、
「あなたの領域だから上手に処理しておいてね」
と任せるのですか?

いえいえ、
これはもう、地球にとっての一大事なのです。

そのような事態に遭遇したとき、
私たちはどのように行動することができるのか...。

欧州連合とは、
【世界連邦】に向けた「先行実験」なのです。


【追記】6月23日
記事がちょうど1,000本目でした! 今頃気づいた?(汗)

*********************
マネーを学べば、世の中の見方が変わります。
────────────────────
            晋陽FPオフィス
*********************
当オフィス10周年記念として、
7月25日【マネ缶スクール アドバンスコース 東京】に
「特別オファー料金」を設定させていただきました。
8月1日【マネ缶スクール スタンダードコース 東京



関連記事

| 世界をメンタルに放浪すると・・ | 10:46 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Re: 期待以上でした!

ぜひ「満天の星空アプローチ」を
山ちゃんさんのお知り合いに広めてください。

| カン・チュンド | 2010/06/23 11:17 | URL |

期待以上でした!

はじめまして、山ちゃんと申します。
6月19日の「忙しいあなたのための シンプル&スマートセミナー」に参加し、カン先生のインデックス投資の話をお聞きしました。
あらためてインデックス投資のメリットを確認することができました。ありがとうございました。
また機会がございましたら、カン先生のセミナーに応募したいと思っています。ますますのご活躍を!

| 山ちゃん | 2010/06/22 22:54 | URL |














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/1000-f994935d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT