FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

たとえば、セミナータイトルを決める意外な方法 頭のタイソー Vol.16


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

わたしは普段、アドバイザーと称していますが、
事業主でもあるわけで、
ときに「クリエーター」になることが求められます。
(嗚呼、まさに七変化..)

たとえば、新たなセミナー企画をいただいたりすると、
セミナー『タイトル』を決めなければなりません。

『タイトル』とは、旗印 そのものです。
セミナーという商品にとって、「タイトル」は体(てい)を表し、
そして、骨も肉も(中身も)規定します。

たとえば、FPの田中香津奈さんとコラボしている
シブヤでマネーな女になる講座」は 
20くらい「タイトル案」を出して、
頭を抱えながら、最終的にピックアップしたものです。

「ネーミング」を決めるとは、
なんと言えばよいのでしょう..、
もやもやとある、商品の中身をぎゅっと凝縮して、

地面から1メートルくらい持ち上げて、
コンセプトとして掲げてしまうことです。

つまり、ネーミングには、
ある種の【飛躍】が必要なのです..。

例)投資信託の積立ての話をするので、
タイトルは「投資信託積立セミナー」でいこう!

これはこれでよいのですが、
このままだと、話の中身とタイトルが
平板につながっているだけになります。

「カンさん。偉そうに言ってるけど、
じゃあ、タイトルを決める際の「ひらめき」とか
「発想」はどこで得ているの?」

・・核心部分ですね。。

わたしの場合、
できるだけ【離れた場所】に
【寄り道】をすることによって「ひらめき」 を得ています。

わたしは主に、資産運用のセミナータイトルとか、
インデックス投資サイトのキャッチコピーとか、
運用関連のニューズレターの体裁を考えるわけです。

そうすると、心掛けることはただひとつ。
◆ 資産運用からできるだけ【離れること。】

これに尽きます。
たとえば、いきなり「劇」に行ったりします。
(はい、あの「劇」です!)

劇作家の本谷有希子さんのサイトなんてどうでしょう。
劇団、本谷有希子の公演タイトルは
とても刺激的ですよ。

たとえば、
・死ぬ気ね
・乱暴と待機
・フィクショニア
・密室彼女

・ファイナルファンタジックスーパーノーフラット
・偏路
・幸せ最高ありがとうマジで!
・甘え
・来来来来来   
(面白いでしょ?)

同じく、
劇作家の岩松了さんが演出された劇のタイトルを挙げると…

・こわれゆく男
・月光のつゝしみ
・テレビ・デイズ
・虹を渡る女
・グレープフルーツちょうだい

・夏ホテル
・「三人姉妹」を追放されしトゥーゼンバフの物語
・シブヤから遠く離れて
・アイスクリームマン
・船上のピクニック

ん?
「シブヤから遠く離れて」って、ありますね。

実は「シブヤでマネーな女になる講座」は
ここから閃きました。

その他、資産運用とはまったく関係がない
「小説」もよく読みます。

「映画」を観る際は、
登場人物が発する固有名詞や、ファッションや
町の様子を注意して見るようにしています。

できるだけ【離れた場所】に行く、
という意味では「外食産業」も興味深いです。
(実際、よく見ます)

月刊「商店建築」という雑誌を買って、
さまざまな店舗の写真を見たり、
店舗の名前をチェックしたりします。

この間、見ていて面白かったのは、
・元祖焼麺 ちゃんぽん太郎 と、
・銀座の黒フクロウ (←バーの名前です)

それから、
これは先日のメルマガにも書いたのですが、
ダイヤモンドダイニング」という会社は要注目です。
お店の名前をずらっと見ているだけでも発想が刺激されます。

・天空の和食処 星空の中へ
・あくとり代官 鍋之進
・博多 炭の助一座

これ、↑みんなお店の名前ですよ。

あなたがあなたの専門領域で
核心を突いた「ひらめき」を得たいのなら、
あなたの専門領域から
できるだけ離れてみることです..。

そのほうが
専門領域のコア(核)が見えやすくなりますよ。

結局、下北沢の小劇場で行う劇のタイトルも、
新橋の居酒屋の屋号も、
そして、資産運用のセミナータイトルも、
お客様を楽しませるための冠(かんむり)なのだと思います。

*********************
マネーを学べば、世の中の見方が変わります。
────────────────────
            晋陽FPオフィス
*********************
7月25日【アドバンスコース 東京 満席御礼。
8月1日【マネ缶スクール スタンダードコース 東京



関連記事

| 頭のタイソー | 07:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/1035-7ecd3856

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT