PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ゲームETFではなく、カジノETFでしょう


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

その昔、ダイエーの総帥中内功氏が、
神戸のポートアイランドに
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンを誘致しようとしたのは
有名な話です。

あるいは、
ポートアイランドに「カジノ」を作るという話も
神戸っ子の間ではまことしやかに囁かれていました。

もし、お台場にマカオに匹敵するカジノを作っていたら、
Japan観光の起爆剤になっていたかもしれません。
(しかし、所詮経済に if はなし..)

シンガポールでは今年の2月、
セントーサ島に総合リゾート施設
リゾート・ワールド・セントーサ」がオープンしました。

そうです、この中に、
シンガポール初の【カジノ】が入っているのです。
カジノを運営するのは
マレーシアの複合企業 Genting(ゲンティン)

(ちなみに同島施設には、
ユニバーサルスタジオ・シンガポールも入っています)

また、4月には
Las Vegas Sands(ラスベガス・サンズ)という会社が、
マリーナ・ベイ・サンズ」というMICEの機能を備えた
複合施設を開業しています。

(もちろん、この中には
シンガポールで2番目となる【カジノ】が入っています)

ちなみに MICE とは、

Meeting  企業、業界団体のミーティング
Incentive  企業の褒賞旅行、研修旅行
Convention  国際会議
Event/Exhibition 国際展示会、見本市
の頭文字をとったものです。

さて、本題です。

Van Eck というETF運用会社が2008年に
Gaming ETF (銘柄コード BJK)を設定しています。
(残念ながら、当該ETFはまだ日本では購入できません)

当ETFは、
S-Network Global Gaming 指数との連動を目指します。
また、年間経費率は 0.71%です。

ところで、このETFはネーミングが若干おかしいです。
ゲームETFではなく、カジノETFとすべきでしょう。

なぜなら、上位組み入れ銘柄の多くは
カジノを中心とした複合施設を運営する会社ばかりだからです。

指数そのものの上位組み入れ企業一覧(3月31日 現在)

1.Las Vegas Sands Corp.→ さっき出てきました。
2.International Game Technology
3.WynnResorts Ltd.
4.OPAPS A OPAP
5.GentingBhd GENT
6.TABCorpHoldings Ltd.
7.Sandschina Ltd.→ また Sands です。
8.Crown Ltd.
9.Gentingmalaysia.→ こちらもさっき出てきました。

ちなみに、11位には日本のパチンコメーカー
SANKYOが入っています。

今後、アジア地域の経済が拡大するにしたがって、
エンターテイメント分野の成長が見込めます。

アジア地域にディズニーランドが5つあっても
よいのではないでしょうか。

また、ラスベガスのような
巨大エンターテイメントエリアがひしめき合うのも、
そんなに遠い未来のことではないでしょう..。

*********************
マネーを学べば、世の中の見方が変わります。
────────────────────
            晋陽FPオフィス
*********************
7月25日【アドバンスコース 東京 満席御礼。
8月1日【マネ缶スクール スタンダードコース 東京



関連記事

| インデックス投資全般 | 12:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/1038-0d500e1b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT