FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

マルコのお母さんは、なぜアルゼンチンに出稼ぎに行ったのでしょうか? その2)


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

あなたは移民と聞くと、
どんな印象を持たれますか?
(悲壮な感じがしてしまいますか?)

思えば昔はブラジルに
多くの日本人が移住していました。
(ブラジルへの移民は
明治41年(1908年)が最初と言われています)

月日が流れ、1990年代以降は、
多くの日系ブラジル人の方が
日本への出稼ぎに来ています。

ではなぜ、人は移り住むのでしょうか?
(これまでは)まさに【生きるため】でした。


しかし、これからは、
【より大きな可能性を求めて】人は移動します。

アメリカ人がシンガポールに移住したり、
韓国人がインドに出稼ぎに行ったり、
エジプト人が中国に働きに来たり、

今後【人の移動パターン】は複雑化し、
かつ頻繁に起こることになるでしょう。

◆ なぜなら、

ひとつの国の
「経済的な立ち位置」は、
ドラスティックに
変わる可能性を秘めているからです。


ワールドカップ大会が開かれた
南アフリカ共和国の人口は およそ4800万人です。
そして、南アフリカには
約40万人の中国人が住んでいます。

??
「いったい何のために?」
ビジネスのため、です。

そして、その中国には、
約100万人の台湾人が移り住んでいます。

「いったい何のために?」
ビジネスのため、です。

太古の昔から、
お金は身軽であり、

「いちばんリターンが高そうな国・地域」へ
自然と吸い寄せられてきました。

これからは、人も身軽になり、
「いちばんリターンが良さそうな国・地域」へ
馳せ参じることになるでしょう。

◆ 思えば、
私たちが立っている2010年という地点は、
かつてマルコとマルコのお母さんが体験したような、

○ 「人口爆発」
○ 「新たなる技術革新の手前」
○ 「フロンティア」(羨望の地)という、

世の中が大きく変わる
【要素】を兼ね備えています・・。



長期的に見て、
○ 米国の覇権が弱まるのは必至ですし、
○ アジアが世界最大の経済圏になる可能性が高いでしょう。
  ↑ フロンティアに?

マルコの時代と私たちの時代の「違い」は、
【地球が格段に狭くなっている】ことです。


iStock_000019501469Small.jpg


格安航空会社(LCC)が普及し、
(平和の恩恵で)ビザ免除の国同士が増え、

人々はより豊かになる機会を求めて、
飛行機という名の【長距離バス】で
頻繁に国境を移動しています。※


マルコのお母さんは
家族を養うために、
船で何ヶ月もかけて
遠く南米まで出稼ぎに行きました。

21世紀の【移動民】には、
マルコのお母さんのような悲壮感はありません。

みな【豊かになれる自由】を
  懐に抱えているからです。


新たな秩序(オーダー)が固まるまでの
これから10年、20年は
まさに【流動の時代】であり、

ヒト、モノ、カネは
【チャンス】を求めて移動を続けるのです。


これから、何億人、
いや何十億という人が
4ドアのクルマを買い、
クレジットカードを持ち、

夏には家族で旅行をするという
【中産階級的な暮らし】を手に入れるため、
懸命に努力を続けることでしょう。

⇒ このような時代に
資産運用を行う私たちには、
(長期的に見れば)
大きなリターンが期待できると考えます。

「世界が豊かになるのは、これからなのです。」


※ オックスフォード大学の
スティーブン・ヴォートヴェック教授が提唱した
「ハイパー・モビリティ」という概念があります。

この「ハイパー・モビリティ」とは、
航空運賃が安くなると爆発的に流動人口が増え、
遊びや仕事の場所や機会が大きく変容を遂げるという
考え方です。

ちなみに、
「母をたずねて三千里」は映画にもなりました。
【MARCO 母をたずねて三千里】(1999年)といいます。

似顔絵




*********************
マネーを学べば、世の中の見方が変わります。
────────────────────
            晋陽FPオフィス
*********************
9月26日【ETFスタンダード講座 東京(特別プレゼントあり)
10月3日【マネ缶スクール スタンダードコース 東京
10月16日【マネ缶スクール アドバンスコース 東京




関連記事

| 世界をメンタルに放浪すると・・ | 11:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/1097-93eddc55

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT