PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

カンさん、なんで海外に投資を行う必要があるの?


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

【質問】カンさん、なんで海外に投資を行う必要があるの?

えー、ちょっと待ってください。
投資は「利益」を上げるために行います(とりあえず。)

もし、あなたの目の前に(つまり、日本国内で)
潤沢な「収益の機会」があり、
その収益の持続可能性が極めて高いのなら、
日本の中だけで・投資を行っても・別によいわけです。

私たちが、
どうして海外に投資を行う必要があるのかを知るために、
私たちとよく似た「生態種」を探してみましょう。

あっ、いた!
私たちと同じように、日本に居て、
投資を行うことで「利益」を得ようとする人です。

えっ、誰ですか? 
それは、(日本の)株式会社です。

日本の株式会社は、
私たちと同じく、利益を求める生命体です。

ここで言う「利益」ですが、
半年後にたまたま20万円儲かったらいいわ!
という類のお話ではありません(もちろん。)

個人投資家であれ、株式会社であれ、
ほんとうの利益とは、
10年、20年とかけて、積み上げていくものです。

では、なぜ今、日本の会社は
【海外】に「収益の機会」を求めているのでしょうか?

◆ 日本だけに「収益」を求めていては、
株式会社として、継続的に利益を上げることが出来ない
と判断しているからです。

個人投資家は
2011年に、たとえ投資の収益がマイナスになっても
誰からも文句を言われません。

しかし、株式会社にそんなことが起これば、
株主から文句を言われます。
株価が下がります。給与も、下がるでしょう。
(死活問題なのです..)

何百人、何千人という従業員を抱えたひとつの会社が、
【海外】で必死に「収益の機会」を求めている姿は、
個人投資家にとっての【先行指標】にほかなりません。

具体例・・)
たとえばパナソニックは、2011年春の採用を
前年より1割増やして1390人とする予定ですが、

国内採用は(前年より)減らして290人、
一方、海外採用は大幅に増やして1100人にする予定です。
詳しくは【こちら

なんですか、↑ これは。。

本社は日本にあっても、
海外に生産拠点、サービス拠点を移し、
世界のマーケットを相手にして、
収益の最大化を目指す姿が垣間見えます。

株式会社は、
そのアイデンティティー、ルーツは大切にしますが、
本来的に、どこかの国に、どこかの場所に
縛られる類の生命体ではないのです。

(そして、株式会社の中枢を支えるのは、
まぎれもなく「人間」です)

あなた自身は日本に住みながら、
あなたの資産は海外のさまざまな場所に根を張り、
世界のマーケットを相手にして
収益の最大化を目指しても、まったく構わないのです。

(違法でも、大それたことでもありません..)

*********************
マネーを学べば、世の中の見方が変わります。
────────────────────
            晋陽FPオフィス
*********************
9月26日【ETFスタンダード講座 東京満席御礼
10月3日【マネ缶スクール スタンダードコース 東京
10月16日【マネ缶スクール アドバンスコース 東京



関連記事

| 投資の発想法 | 19:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/1113-16d4a257

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT