FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

投資政策書(IPS)って、なんだ?


こんにちは、カン・チュンド です。

皆さんようこそ!
こちらは株式市場という
ローラーコースターです。

陶酔 と パニック と 胃が縮むような
緊張感 を満喫できます(笑)

あっ、いや失礼、
賢明な投資家であるあなたはそんなことないですよね。

最初に決めた「投資プラン」に従って、
黙々と投資という作業を続けているだけですよね。

この「投資プラン」は
あなたの 前提状況 が変わる時、

あなたが投資に求めるニーズそのものが
変わった時にのみ、
変更されるものです。

市場 が上がったり下がったりで
変更されるべきものではありません。

しかしながら、市場 が活況を呈する華やかさ、
市場 が坂道を転がるような惨めさを醸し出す時、

人は宿命的に
「動きたくなるもの」なのです・・(笑)

そんな時にあなたの行動の支えとなるのが
あなたの「投資プラン」です。

アメリカでは
Investment Policy Statement(投資政策書)
と呼ばれています。
略すると IPS ですね。

誰でも 年のはじめに「今年の目標」を掲げます(多分、)
それをきちんと紙に書き出して、
いつでも見れるところに貼っておく・・。
IPS とはそういうものです。

投資政策書 は 投資の目的 を明確に謳います。
(何のために、あなたは投資を行うのですか?)

また、投資の期間 も記述します。
(いつのために、投資を行うのですか?)

この 政策書 は、
投資における「感情リスク」を排除し、
当初決定した通りの 投資実施 を手助けします。
(だから、紙の形で記述することが重要なのです!)

繰り返しになりますが、
市場 がくしゃみをしようが、
大声で笑っていようが
IPS は影響を受けません・・。

また IPS は 具体的、かつ
個性的 である必要があります。
例えばこんな感じです。

・投資の目的

(例・・14年後の息子さんの教育費のためなのか、
22年後の 自身のリタイアメント準備のためなのか)

・投資の期間

(自身の時間オンリーで捉えるか。
それとも次世代への継承も含めた期間で捉えるのか・・)

・ポートフォリオ全体として目標とする収益率
(1年複利でいくらと設定する)

・採用する金融資産(アセット・クラス)は?
・個々の金融資産の目標収益率は?

・個々の金融資産の資産配分は?
(要するにポートフォリオをどう構築するのか・・)

・個々の金融資産におけるベンチマークの設定
・ポートフォリオ全体としてのベンチマークの設定は?

・リ・バランスの計画とその実施方法
→ ポートフォリオの「バランス調整」を行う ということです。

また最初に、
ポートフォリオに入れる資産 と
入れない資産 を分けておきましょう。

ポートフォリオに入れない資産として、
・緊急避難用の資金(いつでも現金化できるもの)

・ポケットマネー
(ポートフォリオの縛りなく、
「遊び」の中で投資を楽しむ枠を作ること・・)

などが挙げられます。
(これらも IPS の中で具体的に記述します)

また、投資政策書に示された
「ポートフォリオ」ですが、

・生活費 に充てるため、
ポートフォリオから定期的な【引出し】を予定していますか?

・住宅購入 や 教育費など に充てるため、
(運用の途中で)不定期な【引出し】を予定していますか?

これらについてもしっかり検証し、
記述するようにしましょう。

少し IPS に興味が湧いてきましたか?
続きは次回に・・。



関連記事

| ポートフォリオ運用 | 06:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/114-27221712

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT