FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

毎年5.5%ずつ、資産が殖えていくわけではないのです


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

最近、当オフィスのコンサルティングで多いのが、
「カンさん。5.5%のリターンが得られるんですよね?」
と聞いてこられるお客さまです。

1.道具を販売手数料なしのインデックス・ファンドで
統一する。
2.国・地域、資産の分散を行う。
3.安全資産も組み入れ、リスク総量を制御する。
「そうすれば、毎年プラスのリターンが確保できますよね?」

んー、(残念ながら)
そんなに虫のいい資産運用は存在しません。

私たちが1.~3.を忠実に実践しても、
「毎年のリターンはバラバラです。」

リスク資産に投資を行う限り、
1年後の収益も、3年後の収益も不確定です。
(毎年5.5%ずつ、資産が殖えていくわけではないのです)

ドル建て預金でも、
グローバル・ソブリン・オープンでも、
恵比寿西のワンルームマンションも

モバゲータウンを運営する
ディー・エヌ・エーの株を買っても、
いくら儲かるかは確定していません。

◆ なぜなら、私たちは
【不確実な未来に対してお金を託しているからです】

わたしはよくコンサルティングの中で真白い紙に、
(いかにも「でたらめ」という感じで)
12、5、-8、2、-15、3、19、4、-3、8
などという数字を書きます。

これが(たとえば)
これから10年間投資を行った場合の
山田さんの「毎年の収益」です。

毎年の収益はバラバラで、
かつ、マイナスの年の次は
必ずプラスになるとも限りません。

また、10年運用を続けても、
3回、4回程度はマイナスの年を経験されるでしょう..。
とお話します。

シビアで夢のないことばかり語るので、
お客様にはげんなりされますが、
これが、資産運用の実態なのです。

「リターンは不確定で予測しきれない。」
なのになぜ、運用を続けられるかといえば、

◆ 短期的には驚きの連続ですが、
長期的には人の健全な欲が、
経済を押し上げることを信じて疑わないからです。

始点と終点だけをイメージしてください。
大きな波は怖がるものではなく、
ただ乗り切るものです。

この大きな波がないと、
高み(リターン)も存在しません..。

こんなに長く苦しい荒波を、
私たち以前に何万人、何十万人もの方が
乗り越えています。
(私たちがはじめてではないのです)

*********************
マネーを学べば、世の中の見方が変わります。
────────────────────
            晋陽FPオフィス
*********************
10月16日【マネ缶スクール アドバンスコース 東京
10月30日【カンタン投資信託活用セミナー 東京
11月21日【積立て投資術セミナー 宮城
11月23日【積立て投資術セミナー 長野



関連記事

| 投資の発想法 | 20:24 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Re: タイトルなし

過剰な期待を抱かさないという点は投資教育の観点から重要だと思います。未来は不確定だからこそ、その不確定な状況を耐え抜いた者のみに、それなりのリターンが用意されるのではとわたしは思います。

| カン・チュンド | 2010/10/12 13:18 | URL |

そういう質問をされる方には、是非二十年後、三十年後には半分になっているかもしれないという話もしてあげてください。
最近、インデックスで長期分散投資をすれば必ず儲かるかのような(意図的に?)リスクを無視、もしくは過小評価した雑誌やブログなどの記事をよく目にします。そのような誤った知識を広めない事も重要ではないかと思います。

| 長期投資家 | 2010/10/12 09:02 | URL |














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/1141-d4cf2f36

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT