FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

分配金利回りの誤解・・


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

毎朝、何が楽しみかといえば、コーヒーを飲むことです。
いつも変わらぬ芳ばしい香りが、朝の眠気を一掃してくれます。

そして冬なら暖房を付けますね。
ラジオのスイッチをオンにし、
わたしなら、J-WAVEの
「TOKYO MORNING RADIO」を聴きます。

この、何気ない朝の「変わらぬひと時」が大切です。
もし、毎朝コーヒーの香りが違っていたり、
暖房のスイッチを入れても「付いたり、付かなかったり」・・、

あるいは、J-WAVEを選局したのに、
「ラジオ関西」が聞こえてきたりすると、
「おいおい、それはないよ!」と
突っ込みを入れたくなってしまいますね。

私たちは商品・サービスを選ぶとき、
いつでも、同じ効用が得られる」ことを前提に選択します。

ところが、金融商品は異なるのです。

特に、元本保証がない投資信託という商品は、
得られる効用が変わる」ことで有名です。

当たり前の話ですが、
2009年に10万円で買った投資信託が、
1年後、9万円になるか、11万円になるかは
あらかじめ確定していません。

もし、あなたがどこかの銀行で投資信託を買っており、

「えー、カンさま。
グローバル・ソブリン・オープンですが、
どうでしょう・・、
もうそれなりに分配金も受け取られましたよね。

実は、別の種類の毎月分配型があるのですが・・」

と、投資信託のパンフレットを出してきたりしたら、
(それは)要注意 です。

あなたの担当者は、
「実は、このファンドは、
グロソブに比べてもかなり利回りがいいのです」
というひと言を発するかもしれません。

それは(おそらく・・)
「通貨選択型ファンド」と呼ばれる投資信託だと
思われます。

中には、
「カンさま。当ファンドの分配金利回りは
今10%を超えております」

というようなセールストークで、
ファンドの乗り換えを勧める担当者がいるかもしれません。

「分配金利回りが年10%!?」
いやいや、ちょっと待ってください。
(そもそも)利回りってなんでしょう?

◆ 利回り10%の「利回り」とは、
出したお金と、戻ってくるお金が同じである場合にだけ、
使える【用語】です。

具体例)

あなたが5年ものの国債を100万円分買って、
年に10%の利息が入ってくる。
そして、5年後に元本の100万円が手元に戻ってきたら、
これは「本当の利回り10%」です。

しかし、
投資信託はそもそも元本保証がありませんから、
(= 最終的に、あなたのお金が
いくらになって戻ってくるか分かりませんから)、

そもそも「利回り10%」という言い方そのものが
おかしいのです。

単純に考えて、
・これだけ世界的に低金利になっている状況で、
・かつ、債券を中心とした運用であれば、

毎月もらう「分配金」が多ければ多いほど、
最終的にあなたの元に戻ってくるお金の【不確かさ】は
高くなると考えるべきでしょう..。

◆ 参照記事
『分配金利回り』これを売り手側が使うのは反則
(吊られた男の投資ブログさんの記事です。)

*********************
マネーを学べば、世の中の見方が変わります。
────────────────────
            晋陽FPオフィス
*********************
10月30日【カンタン投資信託活用セミナー 東京
11月20日【ETF超丸わかりセミナー 東京
12月4日【マネ缶スクール スタンダードコース 東京
12月23日【マネ缶スクール アドバンスコース 東京



関連記事

| 投資信託をディープに理解する | 19:14 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Re: タイトルなし

わたしは銀行からはお呼びがかかったことはないのですが、ネット証券の方には、回転売買、乗り換え営業という類は、金融機関のためにも投資家のためにもならないですよね、とお話をします。

| カン・チュンド | 2010/10/21 19:36 | URL |

疑問なのですが、カンさんのセミナーの主催がそのような宣伝をしている証券会社であることも多いと思います。
その場合、担当者に指摘されたりするのでしょうか?それとも仕事と割り切って、分けてかんがえるのでしょうか?
我々一般投資家より影響力が強い著名FPの言葉なら効果があるかもと思うのですが。

| うーん | 2010/10/21 08:48 | URL |














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/1157-3d98eb7b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT