FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

不動産ファンドと不動産ETFは違う? その2)


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

昨日は、実物不動産を組入れた
【不動産アクティブ・ファンド】が株式市場に上場して、
REIT(リート)になる、とお話しました。

では、日本には一体どれくらいのリート
= 【上場・不動産アクティブファンド】が存在するのでしょうか..。

東京証券取引所のサイトを見ると、
東証リート 銘柄一覧 36銘柄

ほおー、ずいぶんありますね。

それぞれのリートは個性を持っており、
オフィスビル系、賃貸住宅系、商業施設系などに分けられます。

なにせ36個もありますから、
東京証券取引所では
「東証REIT用途別指数」というものを作って、
さまざまなリートを、

「東証REITオフィス指数」
「東証REIT住宅指数」
「東証REIT商業・物流等指数」の3種類に分けています。

その詳細が確認できるのが、
東証REIT 用途別指数シリーズ構成銘柄」です。
(平成22年7月30日現在。PDFファイル)

さて、ここであなたにイメージしていただきたいのは、
【上場・不動産アクティブファンド】が36銘柄もあれば、
それは立派にひとつの「市場」ではないですか、ということです。

わたし、今、なんて言いました?
36銘柄もあれば、ひとつの「市場」

じゃあ、
36個のリート =【上場・不動産アクティブファンド】を集めて、
そこに「ひとつの市場」があると想定すれば、
それで「市場の平均値」=【指数】が作れますね?

いや、失礼。
もう、すでに作っています。

【東証REIT指数】という、
リート市場全体の値動きを示す、
「市場の平均値」が存在します。

この【東証REIT指数】は2003年に、
東京証券取引所によって組成され、算出が始まりました。

今日のお話の「意図」が見えてきましたか?

私たちが想像し得る
【不動産ETF】って一体なんなのでしょうか。

◆ 実は「不動産ETF」は、
実物の不動産を
直接組み入れているわけではありません。

◆ 不動産ETFは、
その器の中に、
たくさんのリート =【上場・不動産アクティブファンド】を
組み入れているのです。

◆ 換言すれば【不動産ETF】は、
多数の「実物不動産」を組み入れた「リート」を、
さらに「多数」組み入れている
【二重構造のファンド】といえるでしょう。

もちろん、【不動産ETF】は、
「リートという市場全体」を保有することになります。
(したがって、立派な「インデックス投資」になるのです..)

具体的には、先ほど挙げました
「東証REIT指数」との連動を目指す
【不動産ETF】が存在します。

NEXT FUNDS 東証REIT指数連動型上場投信
※ 銘柄コードは1343です。
この【不動産ETF】自身も、東京証券取引所に上場しています。

このETFひとつ保有するだけで、
東京証券取引所に上場するリートすべてを、
(すなわち、リートが組み入れている実物不動産すべても)
まんべんなく、保有することになります。

ETF【NEXT FUNDS 東証REIT指数連動型上場投信】の
今の取引価格は1口 = 約1000円で、
売買単位は 10口単位ですから、

1万円あれば、日本の不動産ETFが購入できるのです。
(プラス、売買委託手数料がかかりますが..)

ところで、カンさん。
青い大きなフクロの中に、
すべてのリート =【上場・不動産アクティブファンド】を
組み入れた、

「東証REIT指数」との連動を目指す、
【ふつうのインデックス・ファンド】ってないの?

答え)あります。

一例を挙げますと、
STAM J-REITインデックス・オープン】です。

こちらは【ふつうのインデックス・ファンド】ですので、
一部ネット証券では、
1,000円から積立投資が出来ますし、
また、販売手数料を「ゼロ」
(= ノーロード)とすることも可能です。

ETFと(一般の)投資信託ってつながっているのですね..。
(本日のブログはメルマガの内容を編集してお届けしました)

*********************
マネーを学べば、世の中の見方が変わります。
────────────────────
            晋陽FPオフィス
*********************
11月20日【ETF超丸わかりセミナー 東京
12月4日【マネ缶スクール スタンダードコース 東京
12月23日【マネ缶スクール アドバンスコース 東京



関連記事

| ETFのお勉強 | 14:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/1169-629522bc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT