FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ある国の靴事情


大陸の東に浮かぶ島があります。
この国では10人中8人のひとが
まだ靴を履いていません..。
いまだ、靴の存在も知らないのです。

ところで、あなたは靴を売る人です。
いや、正確にいうと、
靴という概念を広める人です。

「えっと、
あなたの足をこの靴というモノに入れてみてください。
そして、そう、一度それで歩いてみてください。

ほら、足裏が地面に触れないからラクでしょ。
痛くもないですよね・・」

【靴を履けば、こんなに便利で、心地よいのです】
とあなたは言います。

いったん靴を履いた生活に慣れれば、
もう、靴がない生活なんて考えにくいですね。

そうして、ひとは生きている限り
靴と付き合い続けるのです。

あなたの仕事は、
いかに靴の価値を伝え、試しに靴を履いてもらえるか
というもの。

もう、お分かりですね。
【靴を投資に置き換えてみましょう・・】

この国ではまだ、
10人中8人のひとが靴を履いていません。

*********************
マネーを学べば、世の中の見方が変わります。
────────────────────
            晋陽FPオフィス
*********************
12月23日【マネ缶スクール アドバンスコース 東京



関連記事

| ヒトは1万年前からお金と付き合ってきた | 18:51 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Re: タイトルなし

逆にいうと、資産運用が広まるのは
まだまだ「これから」ということですね。

| カン・チュンド | 2010/11/20 17:37 | URL |

とても面白い例えですね。
確かに投資を始めた私は、死ぬまで「投資」という靴を当たり前のように履き続けるでしょう。しかし、辺りを見渡せば、その靴を履いている人がどんなに少ないことか・・・。

| やまけん | 2010/11/20 02:18 | URL |














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/1200-4d03489e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT