FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

日常の掟


こんにちは、カン・チュンド です。

わたしはだいたい朝、
6時~6時半くらいに起きています。

歯を磨いて、顔を洗ったら、
洗濯物 を洗濯機に入れ、スイッチをオンにします。

注)わが家は共働きですので、
  家事も分担制です(笑)

洗濯機がまわり始めたら、
植木に水をあげます。

「おはよう、元気か?」などと
声を掛けるようにしています。
えっ? 冗談ではありませんよ、ホントです(笑)

そして紅茶を飲みながら(もちろんホットです)
新聞 を読みます。

洗濯機 がピーッと鳴ったら、
洗濯物 をべランダに干します。

特に天気がいい日は、
朝の景色を眺めているだけでも心が洗われます。

これが わたしの「朝の風景」です。
この風景は ほとんど変わることがありません。
言ってみれば「わたしの日常」です。

◆ 日常 がメインであって、
  非日常 は ごくまれな【出来事】ですよね。

マーケット(いちば)も 実は同じです。

マーケットの 日常 は
(私たちが思っているより)平々凡々 としています。
為替のいちば を思い出してみてください。

為替レートは 動く時には
嵐(あらし)のように 変動 しますが、
動かない時は 凪(なぎ)のように穏やかなのです・・。

しかし、「いちば」というところは、
これから起こるべきこと、人間の心配事

思い上がり などを見透かして、
時に 非日常 な「動き」を見せます。

そのたびに、
私たちは【過剰に】反応するのです。
(こうなればもう、恐怖と欲望の世界・・笑)

⇒ その結果、例えば 株式の値段(株価) は
(短期的には)実態より上がりすぎ、
または実態より下がりすぎてしまう「傾向」があります。

いちば とは、

◆ 短期的には 赤子 のように振舞うが、
  長期的には 紳士 のように振舞う
  ものなのです。

わたしはこれからも毎朝 植木 に水をやるでしょうが、

5年後にわたしが植木に水をあげる「心境」は、
果たして本日の「心境」と同じでしょうか?

(実は)日常 の中でも
物事の仔細は少しずつ 変化 しているのですね。

私たちは「資産運用の設計図」を作る上で、
1.必要以上のリスクを取るべきではありません。

ゴールに到達するために
「必要なリスクのみ」を引き受ければよいのです。

また、

2.一方の値下がりに備えて、
その資産と「値動き」が異なる資産 を
組み合わせる必要があります。

この組入れ資産の【多様化】は、
できるだけ幅広く行うのがよいでしょう・・。

3.他の組入れ資産 が
別の組入れ資産 に与える影響、
これをわたしは「ハーモニー」と呼んでいますが、

この 影響 がはっきり現れるまでには
ある程度の 時間 を要します。

ですので、できるだけ「時間のスパン」を
長く持つようにしてください。
(長期投資、ですよ 笑)

4.短期的な動き、

特に 非日常 の「喧騒」に
惑わされないようにしてください。
良いことも悪いことも 一定割合 で起こるものです(笑)

ひとつひとつの 非日常 に心を奪われていては
資産形成 は出来ません。

そして、

5.ひとつひとつの 非日常 に
心を奪われてしまう輩(やから)、

「あっちの水は甘いぞ!」という声にほだされて
列の後ろに嬉々として並んでしまう【群集心理】には
くれぐれも注意してください。

もう一度、繰り返します。
これからの5年、10年で、
良いことも悪いことも、どちらも起こります。

あなたの ポートフォリオ には、
あなたの【未来観】が反映されるべきなのです・・。



関連記事

| 投資の発想法 | 14:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/123-0503401c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT