FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

アメリカの投資アドバイザーがポートフォリオを提案したら・・


こんにちは、カン・チュンド です。

このコラムを長く読んでいただいている方は、
わたしがインデックス運用を
信奉していることをご存知のはずです。

わたしはインデックス運用こそが
もっとも洗練された、
かつ合理的な投資手法だと思っています。

ただし、2005年の収益率 第1位に
躍り出る投資手法ではありません。

マネー雑誌の特集記事を飾る、
そんな華やかさは元からないからです(笑)

さて、保有する資産を多様化させる
(= 分散投資する)ことで
私たちが背中に背負う リスク を
軽減することができますよね。

グローバルに「株式」という資産に投資しながら、
市場のアップダウンをできるだけ和らげる投資手法、
それが インデックス運用 + 国際分散投資 です。

時には「株式」という資産も
細かくカテゴライズします。

例えば、大型株式、小型株式、
バリュー(割安)株式、
グロース(成長)株式 といった具合に・・。

なぜこのようなことを ↑ するかというと、
すべては中長期の時間スパンで
期待リターン を引き上げるためです。

(突然ですが)
あなたをウィスコンシン州に住む
アメリカ人 だとしましょう。

(アメリカ人であれ、日本人であれ
「投資手法の選択」では同じように悩んでいるのです・・)

アメリカの投資アドバイザー ボブ は、
あなたにこんな 選択肢 を
提示してくれるかもしれません。
(ちなみに ボブ はわたしの友達です・・笑)

注)MMF以外は すべてインデックス運用です。
ボブ が提示してくれた アセットクラス(資産区分)

国内)

アメリカドル建てMMF
アメリカ大型株式
アメリカ小型株式
アメリカバリュー株式
アメリカグロース株式

海外)

世界債券
ヨーロッパ株式(大陸のみ・大型株式)
イギリス株式(大型株式)
太平洋地域株式(大型株式)
↑ オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、香港
  (日本は除く)

日本株式(大型株式)
世界小型株式

(けっこうありますね・・)

仮にあなたが上記11種類の資産区分をすべて
ポートフォリオ に採用したとします。

(先ほど云いましたように、)
私たちが「インデックス運用」を選ぶのは、

マネー雑誌に
取材してもらうのを諦める代わりに(笑)
長期的に安定したリターンを獲得するためです。

(ゴルフ好きの方 → 優勝 は狙っていません。
コンスタントにイーブンパーを目指すのが
「インデックス運用」です・・)

さて(元に戻りますが)
上記11種類の資産区分をすべて
ポートフォリオ に採用したとして、

11種類のうち一体いくつぐらい
【プラスの収益】が期待できるのでしょうか?
(まったく任意の1年間で・・)

わたしは(平均すると)
6~7つくらいだと思います。

上記11種類の 資産 は
それぞれ(その1年間の収益が)

プラス になることもあれば、
マイナス になることもあります(当然)

そのプラスの出方、マイナスの出方 は
不規則に かつ 因果関係なくやって来ます。
(ここ、重要!)

もちろん、11種類の資産
すべての成績が マイナス になる、
という「不幸な1年間」を経験する可能性もあります・・。

(よく勘違いされる方がおられるのですが)
「これだけ分散しているのだから、
すべての資産はいつでも プラスの収益 を獲得できるはずだ」
(叫んでいます ↑)
 
んー、残念ながら
それは ほぼ無理と思います。

もしあなたが上記のアセットクラスで10年間、
分散投資 を行ったとしても(一アメリカ人として)
2回~4回くらい、

ポートフォリオの収益が マイナス になる年を
経験するのではないでしょうか。
(長期の統計データから申し上げると・・)

ただし、ほんとうに不思議なことに
(かつ神秘的なことに)2003年の1年間は、

上記11種類の 資産 すべてが
プラスの収益を上げているのです・・。
(まさに ハレー彗星なみ?)



関連記事

| ポートフォリオ運用 | 14:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/125-5fba70ae

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT