PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ラテンアメリカ小型株ETFが存在します


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

ETFというツールに関心が集まってくると、
いろいろな方から実にさまざまな質問をいただくようになります。

「カンさん。ETFですが、
もう主要な投資対象は出揃ってきたのでは?」
という質問もあります。

上記はおそらく
「株式」を念頭においたご質問なのでしょう。

たしかに、世界株式を全部持つ! という野望も、
日本、(日本以外の)先進国、新興国の株式をすべて含んだ
世界株式ETFを保有すれば、それで事足りてしまいます。

(あるいは、地域別の株式ETFを
組み合わせることで実現してしまいますね)

しかし、私たちは
【世界の株式を網羅する】という言葉の意味合いが、
時代と共に変わることを忘れてはなりません。

2007年の11月に
MSCIが「フロンティアマーケット指数」の算出を始めています。
MSCI Frontier Markets Indices(PDFファイル) 

今はまだ、
同指数との連動を目指すETFは存在しませんが、
このETFが出現すれば、
世界株式の概念は一挙に広がります

この拡大を【横の広がり】と想像してみましょう。

同じようなイメージで、
世界株式は【縦にも広がります

なぜなら、世界株式は
「大きな会社」だけで構成されているわけではないからです。

世界株式には「小さな会社」も含まれます。
それが、小型株式 です。

先進国でも新興国でも、
新しいサービスや産業が勃興するとき、
そのサービス提供を担うのは
たいてい、若くて小さな会社たちです。

私たちが
日本、先進国、新興国の株式ETFを保有するとき、
これら若く小さな会社たちは含まれていません..。

◆ 投資対象を、縦に広げるという「余地」が、
ETFには残されているのです。

まだ、日本の証券会社を通じて購入はできませんが、
2010年の4月に、

・ラテンアメリカ小型株ETF(銘柄コード LATM)が
アメリカ市場に上場しました。 

運用会社は、新興国やフロンティアマーケット、
商品、スペシャリティーに強い Van Eck Globalです。
こんな】ETFを運用しています。

ラテンアメリカ小型株ETFの年間経費率は0.68%。
国別組入れ比率を見ると、

ラテンアメリカ大型株ETFである
i シェアーズ S&P ラテンアメリカ40 Index Fund
(銘柄コード ILF)とよく似ています。
※ こちらは日本でも購入可能。

ブラジル 58.86%
メキシコ 22.54%
チリ    12.65%
ペルー 5.45%

(2010年9月末現在)

一方、ラテンアメリカ小型株ETFの国別組入れ割合は、

ブラジル 47.6%
メキシコ 19.4%
チリ   10.5%
オフショア20.5%
(2010年9月末現在) となっています。

日本で小型株ETFのラインナップが増えてくれば、
ポートフォリオの多様化が進むでしょう..。

*********************
マネーを学べば、世の中の見方が変わります。
────────────────────
*********************
フラットな世界と出会う【ETFスタンダード講座】
  ~おサイフを地球全部に預けよう!~

   2月11日(祝)13:30 ~ 16:30
 東京・浜松町 東京都産業貿易センター



関連記事

| インデックス投資全般 | 19:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/1255-d9523e46

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT