FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

インドがやって来た(どうして金利は高くなる?)


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

多くの人は何によって【豊かさ】を実感するのでしょうか?
おそらく「毎年、給与が上がっていくこと」によってだと思います。
(単純明快ですね)

去年インドに行った際、
わりとまとまった額のルピー紙幣を残してしまいました。
「ああ、これは失敗です…」

だって、インドでは毎年、
ルピー(通貨)の価値が減っていくからです。

どうしてかというと、毎年
モノの値段が上がっているから..。

物価上昇とは(それが過度なものでないなら)
その国に付加価値が付いている「感覚的な証拠」です。

人々は、来年、今よりモノの値段が上がると思うから、
必要なものは「早く買っておこう」と思います。

また、今年1000万円のローンを組んでも、
モノの値段が上がっていけば、
その1000万円の負債の「実質的な重み」は減るわけですから、

ポジティブな気持ちで「早くローンを組んで」
(クルマや家を)買おこうと思います。

つまり、物価上昇があり、
毎年給与が上がることで「消費活動」が刺激されるのです。

当然、企業の資金需要も旺盛です。
お金を借りたいという会社が増えると、
借り入れ金利も高くなりますね。

これは「銀行側」から見てみるとより分かりやすいでしょう。

仮にA社に年5%でお金を貸し出しても、
1年後の物価が5%上昇していれば、
実質の価値で銀行は「儲けがない」ことになってしまいます。

したがって、銀行は物価上昇も考慮に入れた、
比較的「高い金利」で貸し出しを行おうとします。

銀行預金をしている人も同じです。

金利が4%付いても、
1年後に物価が5%上昇していれば、
実質的に「損」になってしまいますから、
できるだけ高い預金金利を求めます。

そうすると、銀行側も
ある程度高い金利を提示せざるを得ないわけです。

SBI 預金金利

写真はSBI(これは State Bank Of India の略)の
銀行預金金利です。
何日間預け入れるかによって、預金金利が違ってきます。

(ちょっと見えにくいですが、
たとえば、555日は 7.5% と書いています)

8.jpg

マルチ・スズキの車が対象の自動車ローン。
8%」と書かれていますね。

Easy Loan と書いている

各種ローンを奨励する看板です。
(Easy Loan と書いています)

ただし、本日付の産経新聞によりますと、
インドは食料品価格の高騰に悩まされているようです。

6日に発表された統計では、
食品価格は年換算で18.32%上昇と産経新聞は伝えています。

価格の高騰を抑えるためには
金利の引き上げが必要ですが、
金利を引き上げすぎると、
企業の設備投資などに影響が出ます。

また、投機資金が
一挙に流入する可能性もあります。

今後、インドの中央銀行は
難しい舵取りを迫られるでしょう..。




関連記事

| 2010年 インドがやって来た | 17:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/1261-2bf844fe

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT