PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

お金の力を最大化するためには?


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

あなたの目の前に、ハサミがあるとします。
この道具の「存在理由」は明快ですね。
⇒ ハサミは、モノを切るために存在するわけです。

翻ってお金はどうでしょうか?
あなたの目の前に「お金」があったとしても、

「お金はなんのために存在するか?」なんて、
私たちは普段考えません。

もっと言えば、私たちはお金のことを
「お金そのもの」として意識することすら、あまりないのです。
(お金って「空気」と似ていますね..)

多くの場合、あなたの手元にあるお金は
「何かを買うため」「支払うため」に存在しており、
お金そのものをじいっと見たり、考えたりする機会はありません。

そのため、私たちは
お金のことを知っているようでよく分かっていない。
状態に陥るのです。

(ところで)お金の力って何でしょう?

「カンさん。なに言ってるの。
お金をたくさん持っている人にパワーがある。
ただそれだけでしょ。」

フム。本当にそうでしょうか・・?

同じように10億円持っていても、
【誰が】そのお金を持っているかで、
「お金の力」は変わってくると思います。

なぜなら、
【誰が】持っているかで、
「お金の活かし方」が違ってくるからです。

10億円持っていても、
ある人は「意味なく使う」ことしかできず、
またある人は「殖やす」ことが得意かもしれません。

また別の人は、「使ったり」「殖やしたり」
(社会にお金を)「還したり」、
まったく意表を突くお金の「使い方」をしたりします。

単に10億円といっても、
多彩なお金の活かし方をするには、
お金を扱う人の【才覚】が求められるのです。

また、たとえ本人は【お金を持っていなくても】、
(たとえば)
10万人の方から 1000円を集めることができれば、
それだけで1億円になります。

◆ 多くの人の思いが詰まったお金というのは、
自分だけのお金よりも
【多くのパワー】を秘めているのではないでしょうか..。

お金が美味しい空気を吸い込むように、
その潜在可能性を広げ、

「使ったり」「殖やしたり」
(社会にお金を)「還したり」、
まったく意表を突く「使われ方」をするには、

1.多くの人からお金を集め、
2.多彩なお金の活かし方ができる人にそれを委ねる
  のが最適だとわたしは思います。

この仕組みを内包しているのが
【株式会社】と呼ばれるところなのです..。




関連記事

| ヒトは1万年前からお金と付き合ってきた | 17:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/1267-ad4b4c5c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT