FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ETF第3の波がやってきた?(アクティブETF、そしてヘッジファンド型のETF)


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

これまでずっと、
「ETFは市場ぜんぶに投資ができる銘柄」です。
「ETFはインデックスファンドが市場に上場したもの」です。
という説明のしかたをしてきました。

しかし、アクティブETFが出てくると、
上記の定義は「狭すぎる」ことになります。

そもそも、2004年に
金(ゴールド)のETFが出てきたあたりから、
「ETFは市場全体に投資ができる銘柄」という定義に
【修正】を加える必要はあったわけです。

◆ なぜなら、
金(ゴールド)の価格に連動することを目指すETFは、
市場平均と同じ値動きになるツールではなく、
特定の資産価格との連動を目指すツールであるからです。

さて、
XTF-Global ETF Solutions の
詳細検索】を用いて調べてみますと、

米国に上場するアクティブETFは
現在24本あることがわかります。

そのうち、
株式ETFは9本、債券ETFは8本
通貨型ETFが2本、
不動産ETFが1本、
マルチアセット型ETFが4本となっています。

24本を合わせた純資産額は17.6億ドルであり、
(日本円に換算すると)1本あたり60億円程度ですから、
まだまだ「小粒」であることが分かります。

アクティブETFは文字通り、
市場平均を上回るプラスαのリターンを目指しますから、
ETFというバスケットの中に
「どんな銘柄を詰め込むのか」が
たいへん重要になるわけです。

しかしながら、ETFにおいては
バスケットの中身を逐一開示することが求められるため、
・【市場平均を出し抜きたい】のに、
  常に
・【手の内を知られてしまう】というジレンマを抱えるわけです。

ところで、
ETFとは・・?
【株式市場に上場するバスケット型の銘柄である..】
と再定義すれば、

1月5日にアメリカ市場に上場した、
・ウィズダムトゥリー Managed Futures Strategy Fund 
(銘柄コード WDTI)のような、
ヘッジファンド型のETFも「なるほど・・」と納得できます。

「Managed Futures 戦略」といっても、
頭の中が??の状態になってしまいますが、
要は、特定の資産を買い持ちするだけでなく、

売り建てという手法も用いて
(資産価格が下落する局面でも)絶対収益を狙っていく。

そして対象とする資産は、伝統的資産のみでなく、
不動産、コモディティ、金利、通貨、
そしてそれらの先物すべてを含みます。

下記、
ウィズダムトゥリー Managed Futures Strategy Fund の
組入れ銘柄の一覧です。

コモディティ 50.93%

Energy 19.10%
Grains 11.71%
Industrial Metals 5.09%
LiveStock 5.09%
Precious Metals 5.35%
Softs 4.58%

フィナンシャルズ 49.07%

Currencies 34.63%
US Rates 14.44%

現金・担保資産

Cash 14.54%
US Treasuries 85.46%

投資対象は
買い(ロング)と売り建て(ショート)を
織り交ぜているため、
すべての割合を足すと200%になります。

◆ この「Managed Futures 戦略」は、
実はイギリスのマン社が
ヘッジ型ファンド
「Man AHL Diversified Strategies Ltd」などで行っている
投資手法と同じなのです。

ちなみに、ETFである
ウィズダムトゥリー Managed Futures Strategy Fund
の 年間経費率は 0.95% となっています。

マン社のファンドは?
(もっと手数料が高いです)
(ファンド価格の開示は月に1度だけです)

長い時間スパンで見ると、
ヘッジ型ファンドもETF化していくのではないでしょうか。

公募の投信、
私募の投信(ヘッジ型ファンドなど)を含む
あらゆる「ファンド」を【バスケット】と規定し、

【株式市場に上場したバスケット型の銘柄】
= ETFとすれば、

20年後、ETFという金融ツールが
多くのファンドを駆逐している可能性が
出てきているとわたしは思います。

*********************
マネーを学べば、世の中の見方が変わります。
────────────────────
*********************
フラットな世界と出会う【ETFスタンダード講座】
  ~おサイフを地球全部に預けよう!~

   2月11日(祝)13:30 ~ 16:30
 東京・浜松町 東京都産業貿易センター



関連記事

| ETFのお勉強 | 10:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/1273-784028cc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT