PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

お金とは「原石」のようなもの。 磨いてあげることで輝きを放ちます


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

お金がない人は、
「お金さえあれば、人生が変わるのに..」とつぶやきます。
お金がある人は、
「お金があっても、人生って変わらないよね..」とささやきます。
どちらが真実かといえば、どちらも真実でしょう。

お金とは常にその価値が揺れ動く
振り子」のような存在です。

たしかに、お金があればたいていのモノは買えます。
最新の洗濯機が買えますし、宝石も買えます。
高級レストランにも行けます。

南米アメリカのパック旅行が買えますし、
2年間のフランス留学だって賄えます。
クルマだって家だって、介護用のベッドも買えますし、
(望むのなら)会社だって買えます。

その一方で、お金では買えないものもあります。
健康。時間。愛情。友情。
若さ。性格。親。子ども。運命など。

お金そのものは、決して万能な存在ではありません。

言ってしまえば、同じ100万円のお金であっても、
その100万円にどんな価値が付与できるかは
あなた次第なのです。

◆ お金とは「原石」のようなもの。
あなた自身が磨いてあげることで、はじめて輝きを放ちます。

「でも、お金なんて人生の中のほんの一部でしょ?」
はい、それはそうです。

あなたの人生時間は、
「あなたの思い」と「こだわり」によって支えられています。

これから、あなたがどんな【自画像】を描いていこうと、
それはまったくあなたの自由です。
(これって、あなたの「プライベートな生活」ですね)

それと、もうひとつ、
社会との関わりの中であなたは
「お仕事に費やす時間」を持っています。

つまり、
人生時間 = プライベートライフ + キャリアライフ
となるわけです。

そして、これらを縁の下で支えるのが、
実は【お金】です。

お金はあなたの人生時間に
「広く・浅く」一生関わり続けます。
(まるでじゅうたんの裏地のように..)

お金のことを1年に1度の年賀状のように、
義務的に考えるのではなく、
あなた自身が「設計者」となって、
お金の可能性を広げるプランを描いてみる・・。

これって、基本的に
とてもエキサイティングなことです。
(知的好奇心がくすぐられませんか?)

あなた自身がお金をコントロールし、
お金の可能性を引き出す力のことを
わたしは【お金力】と名付けたいと思います。

注: これは「お金の力」という意味ではなく、
あなたがお金の潜在可能性を引き出す力のこと..。

1.プライベートな思いを実現させる。
2.社会に対するつながりとして、仕事をまっとうする。
3.1.2.の底辺を支えるために【お金力】を高める。

これら3つのことを行っている間に、
私たちはあっという間に79歳になってしまうのです。
まさに「人生は かくも短き 万華鏡」です..。




関連記事

| ヒトは1万年前からお金と付き合ってきた | 19:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/1308-60755a0d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT