FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

株価 は規則性なく、上がったり下がったりします


こんにちは、カン・チュンド です。

投資 に興味のある方なら、
「株価 は 予測可能なのでは?」
と思ったことが一度や二度はあるはず・・。

「株価 は予測できる」と思うからこそ、
人は 株(かぶ)を売買して
利益 を追い求めるのです(笑)

そもそも 株価の変動 とは、

1.ルーレットを廻したり、
トランプから1枚 札 を抜き取るような、
「確率的な現象」なのか、

それとも、

2.規則性、法則性 に基づいているものなのか、
一体どちらなのでしょうか?

もし、1.であれば、
次に 株価 がどう変動するかは、
誰にもわかりません・・。

(まあ、上がるか 下がるか 変わらずか、
のどれかですが 笑)

もし、2.であれば、
大儲け できる可能性があります(笑)

アメリカではおよそ100年前から
「株価変動の規則性は存在しない」

という主旨の論文が、
数多くの研究者によって発表されています。
(すみません、【チャート分析】に熱中している皆さん・・)

例えば、マサチューセッツ工科大学の経済学者
シドニー・アレクサンダーが
1961年に発表した論文に

「投機市場における価格変動。
トレンドか、ランダム・ウォークか?」
があります。

トレンド とは、
傾向、規則性 の意味です。

ランダム・ウォーク とは、
酔っ払いの千鳥足のことです(笑)
つまり、規則性のない様を指します。

アレクサンダー先生は、

トレンド(傾向)を分析して投資判断をする
「テクニカル手法(要は チャート分析などを使った手法)」
が有効なのかどうか、

1897年から1959年までのデータについて、
徹底的にシュミレーションを行いました。

結果、テクニカル手法の有効性は
ほとんど認められないと結論付けたのです。

今、株式の取引 が行われているとします。
A会社の株(かぶ)です。

株式市場という「いちば」では、
1.不特定多数の、国籍不詳の
恐怖と欲望の志士達が集まり、

そして、
2.あらゆる情報 が
地理的制約を越えて瞬時に伝わっています。

A会社の株式では(他の株式と同じように)
非常に短い時間スパンで、
何度も何度も 売り・買いの
「ボリューム」が形成されます。


(例えば)○月○日午前10時、
A会社の2006年度経常利益予想が発表されます。

A会社の株式を売りたい人と、買いたい人は
(取引上は)「同数」ですが、

どちらがより「強気」かで、
成約価格が上がったり、下がったりします。

午前10時10分、某検索サイトの掲示板で
「A会社の社長、実はガンでは!?」
という情報が流布します。

また売り手と買い手が反応します。
結果、株価が変動します。

そして、また別の情報。
また、売り手と買い手が反応します。
結果、株価が変動・・。

(繰り返しになりますが)
A会社の株式を売りたい人と、
買いたい人は(取引上は)「同数」です。

が、どちらがより「強気」かで、
成約価格が上がったり、下がったりするのです。

このような「せめぎ合い」が、
1日のうちに何十回も繰り返されます。
(何百、何千という 株式 のひとつひとつで・・)

結局、
◆ 株価予測 は「コイン投げ」と同じ程度に
  当たり、また外れるものなのです。

では、株価 が
不規則に動くのはどうしてでしょう?
それは「いちば が効率的」だからです。
??

専門的には
「効率的市場仮説」と呼ばれます。

わたしは「いちば は 概ね 効率的」
と思っていますが、

その理由は、
不特定多数の人間 が集まり、
あらゆる情報 が瞬時に伝わっているからです。

そのような「いちば」では、
株価 は規則性なく変動します。

ですから、
株価 が上がったり下がったりを
事前に正しく予測することは
できないのです。

つまり、
(残念ながら)わたしやあなただけが知り得る
「おいしい情報」はない、
ということなのです・・。

皆さん、
短期的に株式の売り買いを繰り返しても、
証券会社さんが儲かるだけですよ(笑)



関連記事

| 投資の発想法 | 15:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/132-e9b98fd8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT