FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

バンガードETFが次々信託報酬を下げています


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

わたしは梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー
水瀬さんの【こちら】の記事で知りました。

バンガードがETFの信託報酬を次々下げています。
バンガードのリリースは【こちら】です。

上記サイト上で、
Investor Shares とあるのは、いわゆる
「通常のインデックス・ファンド」のことです。

バンガードのETFはすべて
「既存のインデックス・ファンド」のサブ・ファンドであるため、
Investor SharesとETFの
Expense ratio(年間経費率)が併記される形となります。

(以下、低い信託報酬がさらに低くなっていますね・・)

Vanguard MSCI エマージングマーケットETF (VWO) 
0.27% → 0.22%
Vanguard MSCI ヨーロッパ ETF (VGK) 
0.16% → 0.14%
Vanguard MSCI パシフィックETF(VPL) 
0.16% → 0.14%

Vanguard トータルワールドストックETF (VT) 
0.30% → 0.25%
Vanguard FTSE 世界株式(除く米国)ETF (VEU) 
0.25% → 0.22%
Vanguard FTSE世界小型株(除く米国)ETF (VSS) 
0.40% → 0.33%

(※ 現在、VEUは日本では購入することができません..)

すごい、というか、貫禄のひと言です。
以下、典型的な比較広告ではありますが、
バンガードの AT-COST というコマーシャルです。



⇒ 仮に10,000ドル投資をして
年7%で運用ができたとしましょう。
バンガードのファンドの平均継続コストは0.23%です。
他のファンドの平均継続コストは1.19%。

30年の運用ののち、
バンガードのファンドは 71,042ドルになっていますが、
他のファンドは 53,154ドルにしかなりません・・というもの。

最後のセリフは・・
「マーケットをコントロールすることはできません。
しかし、コストはコントロールできます。」

    (まさにその通り・・。)




関連記事

| インデックス投資全般 | 20:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/1341-460c718f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT