FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『人生ゲーム』でライフを仮想体験していたわたし


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

突然ですが、
昭和43年(1968年)生まれの皆さん、こんにちは。
(わたしと同い年ですね・・)

人は誰でも
「自分が生まれた年にどんなことが起こったのか?」を、
一度は考えるものではないでしょうか・・。

昭和43年・・、
日本のGNP(国内総生産)は
西ドイツを抜いて世界第2位となります。

ビートルズが(ホワイト・アルバムの名で知られる)
The Beatles を発表します。

ソ連軍を主力とするワルシャワ条約機構軍が
チェコスロバキアに侵入し、
武力介入に抵抗する市民数十人が射殺されました。 
いわゆる「プラハの春」です。

日本のサラリ-マンの平均月収は5万円台で、
大学・短大への進学率は約17%でした。

この年、ロバート・ケネディ、
マーティン・ルーサー・キング・ジュニアが暗殺されます。
そして、日本では『人生ゲーム』が発売されました。

「人生、山あり谷あり・・」
というテレビCMが流行したのだそう・・。

(おそらく)わたしが
小学生の時に興じた『人生ゲーム』は
2代目か、3代目くらいだったのでしょう。

このゲームは(もともと)
アメリカから輸入したものなのですが、

わたしとしては「すごろく」の感覚と、
人生の出来事を面白おかしく体験できるという意味で、
小学生の一時期毎日のようにやっていました。

販売元のタカラトミーが
人生ゲームのサイトを開いています。
(『人生ゲーム極辛』ってあるのですね..)

ところで、
『人生ゲーム』をやったことがある方なら、
水色(orピンク)の棒を覚えていませんか?

ルーレットを回してコマを進めると
『男の子が生まれる。車に乗せ、
みんなからお祝い金2,000$ずつをもらう
というマスに止まったりします。

そして、「自動車コマ」に水色の
(男の子)棒を差すのです。

そうすると
おい、また子どもできたんかー
と冷やかされたものです(笑)

そういえば、この『人生ゲーム』の中には
「株券」もありました・・。

またルーレットを回すと、
「物置からボヤがでて10,000$はらう。
火災保険にはいっていれば1回休むだけでよい」
というマスが・・。

(そうそう、
火災保険の概念もこのゲームを通じて知ったのです)

小学生のわたしは『人生ゲーム』を通じて、
お金の概念、一生という時間の仮想体験、
そして、生きていく知識の断片のようなものを
学んでいたのかもしれません。

(会社をクビになる、出世する、
保険に入る、貯蓄するということも、
小学生のわたしにとっては
まさしく『ゲーム』だったわけです)

考えてみますと、誰もが
『人生ゲーム』という筋書きのない道程を歩みます。

ルーレットとは、
不確定な未来が現出することであり、
次の数字は誰にも分からないのです・・。

おそらく2030年には、
資産運用業界とゲーム業界がタイアップして、
本格シュミレーションゲーム
『人生ゲーム 4.0』が発売されていることでしょう。

2030年にスクリーンに映し出されるルーレットは、
私たちに
今よりたくさんの選択肢を示してくれることでしょう。

ただし、人生ゲームの中身は違っても、
人生というマスを歩いていく人間に変わりはありません。

いつの世も、どんなライフでも、
あなた自身の【納得】が人生の質を決めるのです..。




関連記事

| 人生をプランニングする | 13:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/1378-52a5f289

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT