PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Time is mysterious


こんにちは、カン・チュンド です。

わたしも人並みに音楽を聴きますが、
「キャンディーズの 春一番 が好きです」と言うと
ぎょっとされるでしょうか(笑)

この歌、
ワタシはひそかに名曲と思っています。

(テンポをもう少しスローにして、
混声2部合唱にでもしたら
すごくイイと思うのですが・・)

ところで「春一番」は
昭和51年に発表された曲です。
(今から29年前!)

わたしと同じ世代の方はおそらく、
今でも口ずさむことができますよね。

⇒ 29年 という時間も、
ひとつの歌を媒介に振り返れば
あっという間の出来事になります。

その一方で、
私たちは日々の生活に追われています。

明日の仕事の打ち合わせ場所 を確認し、
月末の支払い を気にし、
日曜日の 家族サービス に頭を悩ませています(笑)

時間 というものはホント、
不思議なものです。

例えば、株式市場という「いちば」は
毎日開いていますが、

毎日この「いちば」に行く人が
一体どれくらいいるでしょうか?

そもそも株式の値段(株価)って、
毎日気にする必要があるのでしょうか?

(わたしはいつもお客さまにお話しますが)
⇒ 私たちにとって都合のよい
 【時間スパン】を持ちましょう!

今年のお盆休みに帰省して、
3年 ぶりに地元の友達に会ったなら、
「よお、久しぶりだな」と挨拶しますよね。

ふたりの会話には、
3年 という時間の隔たりを
感じさせない親密感があるでしょう。

これって、ふたりの間に
【共有してきた歴史】があるからなのです。

生まれて初めて
「リスク性の資産」を持たれたら、
はじめのうちは 毎日の値段 が気になって
仕方がないと思います。

(ドキドキ ハラハラ・・)

しかし、「ワタシはなぜこんなこと
(リスク性の資産を持つこと)をしているのか?」

= 何のための 資産形成 なのか?
という【命題】に帰れば、

「毎日の価格変動 を気にしても仕方がないな・・」
ということに気づかれるはずです。

資産運用 とは、
◆ 皆さんの人生と、
金融資産の【共有時間】を築くことなのです。

皆さんの人生の 時間スパン が
「主役」であって、

その時間の流れの中に
金融商品の 保有スパン を
載せているだけなのです。
(これが長期投資というヤツです・・笑)

この長期投資、
たいへん長く、たいへん地味な作業です。
はっきり言って退屈です。

ドラマ性に欠けます。
話題性もありません。
(だって「動かない」わけですから・・)

わたしはお客さまに、
「まず 季節の移り変わりの時間 を持ちましょう」
と申し上げます。 

「四季」が移ろう気配を
察する程度の 時間スパン を、
まずは持っていただきたいのです。

季節 が変わったら、
自身のポートフォリオを覗いてみる
という「感覚」ですね。

それがクリアできれば、
毎年の 祝日、あるいは 皆さんの誕生日 で
時間スパン を自覚しましょう。
(1年 という【時間軸】を持つこと・・)

株式市場という「いちば」や、
経済ニュースが発する 時間スパン(毎日)、

あるいは マネー雑誌の 時間スパン(1ヶ月)に
別に合わせる必要はないのです。

誤解を恐れずに言えば、

◆ 投資 を行っていることを
  忘れてしまうくらいの 時間スパン を持つことが、
  長期投資の本質 だと思います。

もちろん、ポートフォリオの
「定期点検」は必須ですが、

皆さんの資産運用は 3年、5年 で
終わるわけではありませんよね。

お金を効率的に 管理・運営する作業 は、
(実は)一生涯のお付き合い なのです。

学生時代のことを思い出してみてください。
昔好きだった異性 のことを思い出してください(笑)

「ああ、あれから 15年 も経つんだな・・」
としばし感慨に耽るでしょ?
(ん、どうして15年なの?)

皆さんは(実は)
⇒ 長期の 時間軸 を持つことに長けているのです。
  どうかこのことをお忘れなく!

「20年先 のことなんて・・」と思われるでしょう。
しかし、20年後 は必ずやってくるのです(笑)



関連記事

| 投資の発想法 | 16:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/138-c41cde9b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT