PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

カンさん、アドバイザーとしての投資哲学は何ですか?


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

晋陽FPオフィスが目指しているのは、
何年かに一度、
田舎に帰ったときにふらっと立ち寄る
「喫茶店」のような存在です。

??

当オフィスはETF、インデックス・ファンドの
バイ・アンド・ホールドをお勧めしていますから、

「アドバイザーに頻繁に会って、
頻繁に相談する」
という事態は(冷静に考えてみますと、)
何かが間違っているのです。

「細―く、長―いお付き合いをさせてください」と、
お客様にはいつもお話します。


では、そんなカン・チュンドさんに質問です。
アドバイザーとして、投資哲学は何ですか?

はい、ズバリ
シンプル」であることです。

物事の本質は
「シンプルさ」の中に隠されていると思っています。

わたしがインデックス投資をお勧めする理由も、
投資手法が「シンプルで」「簡潔である」からです。


Simple-is-Beautiful-06-06-2011.png

市場平均に投資を行うという考えそのものが
「シンプル」ですね。

アクティブな投資を実践しても、
そのリターンが市場平均を上回る保証は
どこにもありません。

(それに時間もエネルギーも浪費されます..)

また、「シンプルさ」を希求することは、
日本人がほんらい持っている
【足るを知る】という精神に通じると考えます。

ご承知の通り、市場平均に投資するとは、
無駄な動きをしないということ。
(結果としてコストも安くなりますね)

無駄なコストをかけないというのも、
日本人が昔から持っている【質素・倹約】の精神に通じます。


あなたがもし、
最小の労力で
最大の成果を目指すのであれば、
インデックス投資がベストの選択であると考えます。

インデックス投資というポリシーを決定
      ↓
資産配分(ポートフォリオ)の作成
      ↓
ポートフォリオをメンテナンスする

この流れが、
晋陽FPオフィスが考える【資産運用】です。


なぜ、この仕事をしているのか?

ひとりでも多くの方に、
「シンプルで継続しやすい資産運用」を
実践していただきたいからです。

私たちは投資を実践することで
新たな世界観を獲得することができます。

世界にリスクマネーを提供し、
経済に貢献することが可能です。

未来を受動的に待つのではなく、
自らの手で切り開くマインドが養えるのです。
(投資で得られるのは、
決して金銭的なリターンだけではありません..)


advisor_2017083012375868f.jpg


投資商品を売ることでお金を得ているか?

金融商品の販売、斡旋にはいっさいタッチしていません。



ポートフォリオについて聞きます。
一例として、上記ポートフォリオの、
期待リターンの数字を教えてください。


あくまで参照としてですが、
期待リターンは5~6.6%程度と予想します。

向こう10年の、安全資産の期待リターンを1%
リスク資産部分の期待リターンを
6~8%と予想しているためです。

(このポートフォリオの場合、
リスク資産が80%となっています)

また、最悪の1年に遭遇した場合、
リスク資産部分が
マイナス40%程度のリターンとなる可能性があると考えます。


money-dollars-cash-burden-debt-chain-600x450.jpg


リスクを低くするにはどうするのですか?

ポートフォリオに組入れる安全資産の割合を増やし、
(増やした分だけ)各々のリスク資産の割合を減らします。

ポートフォリオのリスクは、
安全資産の「増減」で調整できます。

最終的には運用者本人の「リスク許容度」に合った
安全資産・リスク資産の割合を希求する必要があります。

どのようにして収益をもらえるのか?

ポートフォリオから、各々のファンドを
部分解約することによって利益を実現させます。
(配分割合は崩しません..)

このポートフォリオから利益があがるために
どんなことが必要なのか。


シンプルです。世界経済の成長です。

広く「市場全体」に投資を行うことで、
世界経済が成長する「伸びしろ」を獲得できます。
(それ以上でも、それ以下でもありません..)

釣竿を手に、勇んで魚を釣り上げるのではなく、
網を広く張って魚を待ち続けるのが インデックス投資 なのです。

似顔絵




関連記事

| わたしのFP修行 | 13:35 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Re: カンさんはどなた派?

わたしもスーちゃん大好きでした。ご冥福をお祈りします...。

| カン・チュンド | 2011/04/22 13:16 | URL |

カンさんはどなた派?

カンさんは確か『微笑がえし』がお好きだったような… メンバー3人の中で、私はスーちゃんが大好きでした 合掌

| スーちゃん派 | 2011/04/22 07:03 | URL |














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/1394-e93d4176

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT