FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

財産税なのか、インフレを起こすのか


こんにちは、カン・チュンド です。

新しいお札(新札)が登場して
はや半年になりますが、
皆さんもう慣れましたでしょうか?

(わたしはいつも思うのですが)
今回の 新札発行 に併せて
なぜ【新円施行】をしなかったのでしょう?

新円施行?
はい、わたしの意味は デノミ です。

「デノミ」とは denomination の略で、
通貨の 呼称単位 を切り下げることです。

例えば日本の円を100分の1に切り下げると、
現在の100円が【新1円】と等しくなります。
100円 =【新1円】ですね。

そうすると、
春物のスーツが【298円】になります(笑)

また、100ドル と 100円 も
近似値になりますよね。

(実はG7(先進7カ国)の中で
日本だけが桁数の多い通貨単位を用いているのです)

もし日本で【新円施行】をすれば、
100円札、50円札、
20円札、10円札 が作られるでしょう。

通貨の単位が
変わってしまいますので、

旧単位のお金は「期限」を決めて
(例えば 半年~1年以内)
一切使えなくしてしまう、
というのはいかがでしょうか?

もちろん半年から1年の間は、
銀行で 旧単位のお金 ⇒ 新単位のお金 の
「交換」はできます。

そうすると、

タンス預金や 灰色のお金や 真っ黒のお金まで、
表(おもて)に出てこなかったお金が
あぶり出されることになります。

(いっそのこと使っちまえ!ということで
意外な 経済効果 がもたらされる可能性もあり・・笑)

唐突な印象があるかもしれませんが、

新札発行 → 預金封鎖 → 旧紙幣の強制交換
→ 財産税徴収という「出来事」を、
私たちは歴史の中で 体験済み です。

昭和21年2月17日に、
GHQによって 預金封鎖 が実施されました。

個人や法人が銀行に預けていた現金は
すべて封鎖され、
手元にあった5円以上の紙幣も
強制的に預けさせられたのです。

そして、昭和21年3月から
「旧紙幣」は一切使用できなくなり、
【新紙幣】のみが流通するようになったのです。

この通貨切り替え時に「財産税」が課されました・・。

もう一度、通貨の単位が変わる
【新円施行】に戻ってみましょう。

【新円施行】がなされ、
預金封鎖 → 旧紙幣の強制交換 が実施されると、
理屈の上では「財産税」の徴収が可能になります。

< 例えば、10%の財産税が課されるイメージ >

旧紙幣11,000円分 が
新紙幣100円札 と交換される・・。
んー、果たしてそんなことがあるのでしょうか?

もちろん「財産税」を課す目的は、
政府の借金 を少なくするためです。

確かに政府には税金を課す権利
【徴税権】がありますが、
上記のようなことをしてしまうと
政府に対する【信用】が崩壊してしまいます。

(注 → 昭和21年2月当時、
政府の機能を担っていたのはGHQでした)

わたしは「財産税」を課すよりは、
たくさんのお札を刷って通貨供給量を増やし、

モノやサービスの値段を上げていく
(インフレーションを起こす)
ことの方がずっと現実的だと思います。

(もちろん、
 借金の量を少なくしてしまうために・・)

いつの世もお上(かみ)が
やることって決まっていますね。

表面上見えにくく(且つできるだけ間接的に)
ほどよい時間をかけて、鼠がすり抜けるように
「策」を実行してしまう・・。

皆さん、気を付けましょう(笑)



関連記事

| 投資の発想法 | 17:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/144-0e110e42

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT