PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

あなたは「おまかせ派」? それとも「DIY派」?


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

ある日、誰かから、
こんなひと言を投げかけられたら・・・。

「カンさん。インデックス投資って単純だから、
アドバイスといっても、
アドバイスできる量が限られてるでしょ・・」

フム・・。温かいご助言ありがとうございます。

たしかに、
インデックス投資は結局のところシンプルです。
(複雑怪奇な投資の世界ではめずらしく!)

しかしながら、
インデックス投資で行く』と決めたら、

それですべてが解決するかというと、
必ずしもそうではありません。


まず、今ある資金のうち、
いくらぐらいを
リスクを伴うインデックスファンドに充てるのかを
【決め】なければいけません。

そして、

○ 自分で複数の
インデックスファンドを組み合わせる
DIY派」でいくのか、

あるいは、

○ 最初から複数の投資対象をパッケージ化した
バランス型のインデックスファンド、
つまり「おまかせ派」でいくのかを
【決め】なければいけません。


20150803124641a0a_201709121001392de.png


「この決断だけで、半年くらい悩んだよ・・」、
というお客様を、わたしは少なくとも8人知っています。
(ホントです!)

「えー、そんなことで悩むの?」
とあなたは思われるかもしれませんが、

投資においては、
あらゆることが【悩みの対象】となります。

マジメで、投資の必要性をひしひしと感じ、
この作業がわたしの未来を作るんだ、

と真摯に考える人の中で、(その真剣さゆえに)
すごく悩んでしまうというケースがあるのです。


バランス型のインデックスファンドは、
具体的にいうと、

「世界経済インデックスファンド」や
「セゾンバンガード・グローバルバランスファンド」
などを指します。

一方、自分で
複数のインデックスファンドを組み合わせる際は、

STAMインデックスファンドシリーズや
eMAXISインデックスファンドシリーズを利用します。


まず、「おまかせ派」ですが、
これは運用会社が【資産配分】を決定し、
【リ・バランス】も
運用会社が定期的に行ってくれますね。

文字通り、自分の資金を託し、
その後、あなたがやるべきことは・・・
【基本的になし!】
(投資の「継続」のみですね・・)


別の視点から見ると、
「おまかせ派」においては、
運用会社は
あなた個人の事情は汲んでくれません。

(はじめから厳格に
【資産配分】が決まっているわけですから・・)


その点、「DIY派」は、
自分でオリジナルの【資産配分】を決定し、

自分のライフステージに応じて、
自分のペースで配分割合の変更が可能です。
(もし、あなたが望むのであれば)

そして【リ・バランス】は
自分で行う必要があります。

どちらも一長一短あり、
「どちらがより優れている」とは言い切れません

alternative-investments-300x249.jpg


ただ、資産運用で
もっとも難しいことのひとつは、
【選択をした段階で、結果が出ない】ということ。

結果が見えるのは、
長い年月を経たのちです。

ということは、
【長く続けなければ、意味がないのですね..。

投資を継続するためには、どうすればよいのか?
できるだけ、
悩む要素を取り除くことです。


悩む要素とは、

具体的には
「配分割合をどうしよう?」とか、
「インデックスファンドは具体的にどれにしよう?」
などです。

つまり、大まかに見て
「おまかせ派」に比べて「DIY派」のほうが
悩む要素は多いと言えます。

ただし、その分、
「おまかせ派」に比べて「DIY派」のほうが
面白みもあるわけです..。

まず、あなたが
自身に問わなければいけないこと。


あなたが「おまかせ派」「DIY派」、
いずれかを選ぶとします。
どちらのほうが長く投資が続けられそうですか

そして、あなたの性格や特性、
価値観に照らし合わせて考えると、
「おまかせ派」「DIY派」、どちらが自分に合っていると思いますか?

ココ、重要ですよ(^^;)

似顔絵




関連記事

| インデックス投資全般 | 18:34 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Re: タイトルなし

そうですね、愚直に初心を貫徹することだと思います。
「物事の本質はシンプルなのですから・・・。」

| カン・チュンド | 2011/07/24 08:09 | URL |

長く続けること・・まったくその通りだと思います。

色んな情報が氾濫していて、一度インディクスで
長期投資を心ざしていても、情報が氾濫しすぎて
軸がぶれてしまいそうになる事があります。

今回のコンテンツを読ませて頂いて
軸がぶれてしまう事は良くないと改めて思いました。

| abe | 2011/07/22 09:03 | URL | ≫ EDIT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/1452-65e9f996

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT