FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

その他の笑える語録


こんにちは、カン・チュンド です。

前回の続編ですよ。
その1) ある本の新聞広告から。

◆ 次にくる波

  長期金利6~10% 1ドル=300円
  年30%超のインフレ、そして大不況の到来
 「まさかの時代」が迫る!
  クククク・・・。

はい、これって(よくある)
危機あおり型 の広告ですね。
この種の本は 人の不安感 を煽ります。

そして、人の思考 を
1本の 棒 のようにして、かつ
直径10cmの枠の中に押し込みます。

そして「甘い蜜はこっちにありますよ」と
誘いを掛けるのです。

そもそも上記のキャッチコピーは、
「時間の経過プロセス」というものを無視しています。

年30%超のインフレ、
長期金利6~10% と言われると、
「その状態がず~っと続いてしまうような」
錯覚 に陥りますが、

そんな状態が「ず~っと続くことは」ないのです(笑)
最悪の事態を「常態化」して、危機を煽っているのです。

そしてこの手の本が紹介する「甘い蜜」、

例えば、スイスの○○バンク、
ヘッジ・ファンド、外国不動産などは、
言ってみれば手品の「道具」です。

あなたの目先を変えて、
いかにも特別で恐れ多いものとして宣伝します。

ちょっとした距離感があり、
かつ馴染みがうすい金融商品(道具)であれば、
こういった演出がしやすいのです。

(んー、日本人の 西洋権威 に対する
コンプレックスも影響しているのでしょうか・・)

あっ、それからべらぼうに
高い手数料を取られることにもぜひお気づきください(笑)

その2) 日経金融新聞「見出し」から。

◆ インド投資に関心高く

BRICs 投資について個人投資家に調査。
未経験者も過半が前向き
クククク・・・。

インド投資ですか。今、ブームですよね。
しかし「ブーム」にある投資対象って、要注意です。

(ブーム になればなるほど、
供給者の質 が低下します。
需要者の質 が低下するのは言うまでもありません
⇒ 群がりますから・・)

確かにここ半年くらいで設定された
インド株式ファンドは
予想以上の資金を集めています。

でも(ちょっと冷静に)考えてみましょう。
インドの株式市場は中国のそれより
ずっと統制されたマーケットです。

(政府によって)
なにしろ外国人投資家(個人)は
未だにインドの株式を買えないのですから・・。

⇒ つまり「個別株式」を売り買いする道が
閉ざされている、ということ。

現在、インド株式にアクセスできる外国人は
「機関投資家」のみです。
(ずいぶん「細い道」になりますね・・)

その「細い道」に立つ 機関投資家 に、
多数の個人投資家 が群がっているのが、
今の「インド株式ファンド」の状況なのです。

人気が高まれば高まるほど、
「細い道」に 人(= お金)が殺到することになります。

自らの資金 が、
特定の株式の値段を吊り上げてしまうことにもなります。
(価格を吊り下げてしまうことも もちろんあります)

(実際)インド株式市場の売買高は増加しており、
「おいおい、一体なぜなんだ?」
といちばん驚いているのがインドの人たちなのです。

また、未経験者も過半が前向き
書いてありますが、

まだ「海」に浸かったこともない人に
「さあ、10kmの遠泳をやろうか?」
とけしかけるようなコメントですね。
(物事には 順序 というものがあるのです・・)

最後に、
その3) 金融広報中央委員会のアンケートから。

◆ 6割弱の回答者が
「元本保証が約束されていなければ運用しようとは思わない」
と答えています。
クククク・・・。

実はいちばんおかしいのは、
私たち一般消費者自身なのです(笑)

運用する とは、

見せかけの元本保証が
約束されていない投資対象に
自らの資金を提供することであり、

見せかけの元本保証が約束されていれば、
それは 運用 とは呼びません・・。

(ちなみに「見せかけの元本保証」自体に
大した意味はないのですが・・)

皆さん、素敵なG・Wをお過ごしください!



関連記事

| 金融機関にモノ申す | 17:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/147-bc565bc3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT