FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

お試し、もちろんアリです!(つみたて投資信託は入口と出口の宝庫)


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

あのおー、もしかして、
とても「たいそうに」考えていませんか?
資産運用するっていうことを・・。

一度、摩訶不思議な世界に入り込んだら、
もう二度と出て来れないんじゃないか・・と
思っていませんか?

(誤解を恐れずにいえば、)

積立てで投資信託を買ってみる、
というのは、
駅前の「ヨガ教室」に通い始めるより
カンタンなことです。



月謝は月1,000円からなのです!

入会金は要りません。
マットを買ったり、
スポーツウェアを揃えたりする必要もありません。

あっ、その前に
「ネット証券」に口座を開く必要はあります。

(わたしのオススメは
「楽天証券」or「カブドットコム証券」)

オンライン証券って意外に?
「コールセンター」がしっかりしているので、
(もちろん、口座開設前でも
フリーダイヤルでいろいろと聞けるので)

分からないことは
根掘り葉掘り聞きながら、
口座開設をしてしまいましょう。


さあ、いよいよ投資のスタートなのですが、
その際に重要な心構えは???

とりあえず、試してみる・・・。
(これを【とりあえず精神】と名付けましょう)


〇(とりあえず)毎月1,000円でつみたてをしてみる。
〇(とりあえず)給与口座から直接「引き落とし」をする。

〇 どの投資信託を選べばいいか分からないのなら、
 (とりあえず)
「バランス型のインデックス・ファンド」を購入する。

(たとえば「世界経済インデックスファンド」とか)


「カンさん。
なんですか、とりあえずって…。

あなたアドバイザーを生業としているんでしょ。
もっと言葉に責任持たないと!

それに、月1,000円だけ積立てしても、
たいして増えないじゃないですか。

どうせやるんだったら、
3万円とか5万円とか、
まとまった金額でしっかりしないと!」

フム。まあ、
それはそうなのですが・・・、

あなたは、すごく真面目で
「やるんだったら、きっちりしないと!」と
思う性質なので、

【余計に、資産運用が
始められないのではないでしょうか?】


(図星ですか ?)


いいですか、いまや、賃貸住宅でも
お試しレンタル」ができる時代なのです。
 
◆ 資産運用も、
まずは気軽に【試して】みる・・・・、

もっとはっきり言ってしまえば、
長い人生の中で、
資産運用という【経験】を、

たとえば半年くらい「買ってみる・・」
そういう気持ちでよいと思うのです。

そう、【経験】はお金で買えるのですよ
月1,000円の積立て投資 × 6ヶ月 = 6,000円。
(たった6,000円です!)

この6,000円が万一
「半分」になってしまったとしても、
実質コストは3,000円です。

あなたがこれから
【経験】されること、

そして【経験】をすることで
得られることは、
おそらく3,000円以上の価値があると
わたしは思います。


banner1.jpg


ヨガでもサッカーでも、
UFOキャッチャーでも、
【経験】してみないことには、
その本質が掴めません。

フィーリング(感覚)が理解できないのです。

もしかしたら、あなたには
(結局のところ)
資産運用は向いていないのかもしれません。

しかし、
「ああ、やっぱりワタシには
運用は向いていなかったな・・」

と納得するためにも【経験】は必要なのです。

それに、若いときに
短期間でも資産運用を【試し】、
それなりに知識を入れておけば、

◆ 65歳になって定年退職したときに、
銀行や証券会社の
100%言いなり(カモ)になる可能性が
うんと低くなりますよ。

(これも運用を試してみる『効用』ですね..)


「じゃあ、カンさん。
やっぱり運用は向いていない、
つみたては止めます。

というときはどうすればいいの??」

ネット証券のコールセンターに
「積立て止めます。止め方を教えてください!」
と言ってください。

(ヨガ教室を止めるより、
心理的な抵抗は少ないのでは??)


「じゃあ、カンさん。
意外と運用は向いているかも、と思ったら??」

「そのまま続けてもいいですし、
積立て金額を増やしてもいいですね。

また、積立している
投資信託の再検討を行うのもよいでしょう」

(いずれの変更もネット証券なら、
基本的に「ネット上」で完結できます・・)

繰り返しになりますが、
資産運用はあなたが思うほど
「たいそうな」ことではありません。


それに、
◆ つみたて投資信託の
「最大のメリット」は、

いつでも始められ、
いつでも止められることです。
つみたて金額の増減も、かんたんに出来ます。

運用者であるあなたが「主人公」として
すべてをコントロールでき、

いつでも「入口」と「出口」が
確保されているのです。
(この点が、生命保険商品と大きく違うところ!)


◆ 参照記事
【つみたて投資の強み 8ヶ条】です

似顔絵




関連記事

| つみたて投資 | 12:25 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Re: タイトルなし

もっと気楽に、シンプルに、運用というものを捉えていただきたいですね。

| カン・チュンド (姜 忠道) | 2011/09/08 19:52 | URL |

資産運用のお試しと言う考えいいですね!


もっと多くの人が気軽に資産運用のハードルが低くなります。

| ひろみ | 2011/09/07 20:57 | URL | ≫ EDIT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/1475-47858614

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT