FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

リクソーETF(香港市場上場)が上場廃止へ


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

ETFの運用会社リクソーが、
香港で上場しているすべてのETFについて、
2012年3月13日(火)をもって上場廃止する意向です。

(楽天証券のログイン後の画面で確認いたしました。
わたしは最初、梅屋敷商店街のランダム・ウォーカーの
水瀬さんの【記事】で知りました)

まずは
楽天証券のログイン後の画面を転記させていただきます。

以下、引用)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

重要なお知らせ

【重要】香港取引所上場リクソーETF全銘柄の上場廃止(予定)について

平素は楽天証券をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

リクソー・インターナショナル・アセットマネジメントより、
香港取引所上場のリクソーETF全銘柄につきまして、
自発的な認可取消しおよび上場廃止の通知が行われました。

弊社取扱いのリクソーETF全銘柄において、以下のスケジュールにて
上場廃止(予定)となります。

 最終取引日(予定):2012年3月7日(水)
 認可取消しおよび上場廃止日(予定):2012年3月13日(火) 

対象銘柄:

 リクソーETF FTSE RAFI US 1000
 リクソーETF FTSE RAFI ヨーロッパ
 リクソーETF コモディティーズ CRB
 リクソーETF MSCI インディア
 リクソーETF MSCI ワールド
 リクソーETF MSCI 韓国
 リクソーETF MSCIアジア
 リクソーETF MSCI エマージング・マーケット
 リクソーETF ナスダック 100
 リクソーETFロシア(DJ RUSINDEX TITANS10)
 リクソーETF MSCI 台湾

対象銘柄を保有していただいているお客様には、後日、手続き等について
お知らせいたします。

リクソー・インターナショナル・アセットマネジメントによる
本通知全文はこちら(PDF形式で表示されます)
https://www.rakuten-sec.co.jp/web/info/pdf/etf_attention_20111209.pdf

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・以上、引用終わり)

これは以前のブログにも書きましたが、
◆ ETFの【上場廃止】は、
個別株の「上場廃止」とはまったく意味合いが異なります。

ETFの【上場廃止】は
通常の投資信託でいうところの
【繰上げ償還】にきわめて近いです。

◆ ETFの運用が中途で終わってしまうだけであり、
あなたの資産がゼロに帰すわけではありません。

楽天証券の文面にもある通り、
最終取引日の予定は
2012年3月7日(水)であり、

それまで当該11本のETFは
これまで通り売買することが可能です

とはいえ、投資家にとっては
ポートフォリオの一部を担ってきた当該ETFを、
【別の金融商品】に置き換える必要があります。

今回の上場廃止は、
純資産額の減少により、
運用会社の採算が取れなくなった
という【理由】ではないと思われます。

リクソーのETFは
シンセティック(合成)ETFであり、
対象指数のパフォーマンスを複製するため、
しくみとしてデリバティブ商品を利用しています。

(つまり、シンプルに
アメリカの株価指数に連動するために、
アメリカの株を組み入れているタイプではないのです)

今年に入ってから、
金融当局がこのシンセティック(合成)ETFに対して
厳しい目を向けていたようですが、

今回なぜリクソーが「上場廃止」に踏み切ったのかは
続報を待たなければなんとも言えません・・。

上記のETFを購入している投資家の方は、
まずは、代替となるETF、
もしくはインデックス・ファンドを決定したのち、

粛々と、【売却】⇒【購入】という
引越し作業」を行われることをお勧めします。

長期投資のツールとしてのETFが
途中で繰り上げ償還されるのは
なんとも後味が悪いことですが、

ETF先進国の欧米では、
この【上場廃止】は決してめずらしいことではありません。

今後、現物保有型ETFなのか、
シンセティック(合成)ETFなのかという議論が
活発になることが予想されます。

追伸)

上記ETFの中で特に、
リクソーETFコモディティーズ CRB は、
コストも安く、
また指数とのトラッキングエラーも小さいETFとして
わたし自身注目していただけにとても残念です。

【追記】12.17
リクソーの商品ETFは、
香港では「領先商品ETF」と表示されます。

リクソーETFの上場廃止が発表されたのち、
リクソーETFコモディティーズ CRB を
12日月曜日から上記ETFをウォッチしているのですが、

出来高は
30,000口~150,000口/日くらいの間で推移しています。
また、価格はおおよそ
21.80HKドル~22.70HKドルの間で推移しています。

マーケットメーカーが存在し、
売り注文に対ししっかり対応していると実感できます..。

【追記その2】2012.1.31
リクソーの商品ETFは1月31日の出来高が72,500口。
終値は 22.95HKドル。
マーケットメイキングが機能しているのが分かります..。






関連記事

| ETFのお勉強 | 12:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/1533-c3598c67

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT